ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

2017春のドラマ評 ~黒木華、満を持しての時代劇~

みを1
NHKの土曜時代ドラマ
「みをつくし料理帖」。

「みをつくし…」は以前、
テレ朝でドラマ化しており。
北川景子が主人公。
みを2
北川のあの、
目鼻立ちがハッキリした
“現代顔”に「なんかなぁ…」と。

薄めに化粧してんだろうけど、
「当時の人」に見えなくて。
みを14「お姫様」役ならいいんだろうけど。
「町娘」には無理がある。

で、黒木華は
笑っちゃうぐらいの「昭和顔」。
着物を着ると、この上なくハマる。

みを9実は彼女、「江戸時代」を
舞台にしたドラマは、今回が初めて。
意外っちゃあ、意外。


主人公の澪は
上方(関西)生まれの料理人。
みを8江戸っ子との「好み」の違いに
戸惑いながらも、
庶民が唸る料理を開発していく。

毎回「新作料理」が出るのだが。
エンディングが、その作り方を
みを12紹介するレシピ動画になっている。

で、出で立ちは「澪」のままで、
キッチンは「現代」というのが、
センスいい映像だなぁ、と。

見ると「食べたくなる」
「作ってみたくなる」ドラマになっている。



みを6
澪がひそかに思いを寄せる侍を
森山未來が演じており。
意外とチョンマゲ姿が似合ってる。

「セカチュー」のサクも、
もう32歳か…


みお17
澪と同じ長屋の住人に麻生祐未。
最近の出演作は「あなそれ」や
「お母さん、娘をやめていいですか」。
制作側としては、ホント
使い勝手のいい女優さんだと
思いますよ。


みを5

澪の店で下働きを
する少女・ふき(蒔田彩珠)。

存在感のある顔立ちをしている。




スポンサーサイト
  1. 2017/06/25(日) 20:00:00|
  2. ドラマ

2017春のドラマ評 ~「ひよっこ」に立ちはだかる20%の壁~

悪くはない。けど…
ひよ9
『ひよっこ』の視聴率が
あまり芳しくない。

たまに20%行くこともあるが、
だいたい18%前後。

ひよ6過去の朝ドラで
『まれ』『べっぴんさん』のように
パッとしない作品もあった。
けど、それでも20%行ってたように思う。

ヒロインに
有村架純というのは、
ひよ15新鮮味はないが悪くはなかろう。

時代背景は、
東京オリンピックの頃。
“昭和ノスタルジー”として
描きやすさもあるし、
これも悪くはない。
ひよ10
出演者の顔ぶれも、
まぁ、これも悪くない気がする。

脚本的にも「こりゃあ、
ひどい」ってわけでもないし。

ひよ27しいて言うなら、
女性視聴者の心をつかむような
イケメンが現れてないことか。

結局のところ、この「悪くない」感が
ネックなのかな、と。






善人がいっぱい。
ひよ4
『ひよっこ』には、
イジワルな人が出てこない。
私としては、
憎まれキャラやトラブルで
ドラマを盛り上げるやり口は
嫌いなので。
ひよ5その点では安心して見てられるけど。

ただ、登場人物たちが
あまりにも人がよすぎて…

それを象徴するのが、
ひよ13「すずふり亭」の女将(宮本信子)が
出稼ぎの実(沢村一樹)に
「かつサンド」を
プレゼントするくだり。

「常連客」ならまだしも。
「一見さん」への好意で、
あそこまでするかいな、と。
ひよ18
他の人たちも、いい人ばかりで。

みね子の就職先を
必死に探してあげる
担任の先生(津田寛治)。

ひよ11みね子の妹・弟も、物わかりがいい。
両親も爺ちゃんも優しい。
みね子と家族が喧嘩するような
場面は一度もなく。

ひよ12どんなにミスしても
「大丈夫よ」とサポートしてあげる
愛子さん(和久井映見)。

工場の主任も先輩たちも皆、優しい。
フツーだったら、一人二人、
イヤミな人がいそうなもんだけど。

「すずふり亭」で働くことになった
ひよ20みね子に、お店の人たちも
近所の人たちも、やはり優しい。

野島伸司ドラマのように
過剰な悪人が出るのはイヤだけど。
善人ばかりの世界というのも、
なんか、こう、見てて
居心地が悪いのであります。





大都会を漂流する
みね子の行きつく先は…

あさきた33
朝ドラには、『あさが来た』
『とと姉ちゃん』のように、
実在の人物を
モデルにしたものが多く。
この手のドラマは、
“着地点”が見えている。
ひよ1
で、『ひよっこ』は完全フィクション。
「この先、どうなるのかわからない」
というのは、ドラマとして
「惹きつける要素」のひとつ、
ともいえる。

指あま10しかし『ひよっこ』の場合、あまりに
先が見えなさすぎるきらいがあり。

『ひよっこ』というタイトルは
『あまちゃん』に通ずるものがある。

『あまちゃん』には
ひよ25「海女さん」と「半人前」、
ふたつのニュアンスがあった。
「一人前の海女さん」そして
「アイドル」を目指す女の子の物語。

では谷田部みね子は、
何の“ひよっこ”なんだろう、と。
ひよ8「集団就職→金の卵」の
意味合いもあるんだろうけどさ。

かつての朝ドラヒロインには皆、
「なりたいもの」とか
「やりたいこと」があった。

ひよ17みね子には、
それが決定的に欠けている。

集団就職も、ウエイトレスの仕事も
やりたくてやってることではなく。

みね子に「あなたの夢は?」と聞いたら、
ひよ7「あだし、そんなこと
考えてみたこともねぇです」と答えそう。

しいて言えば「失踪した父を
見つけたい」だろう。
が、それは「人生の目標」ではなく…
ひよ22
ドラマで何を描きたいのか
判然としない。
このあたりも、視聴率が
今イチなのと関係してそうな気がする。

視聴者に
「この後どうなる!?」と思わせる
「見逃せない」感が弱いのだ。





主人公なのに、脇役のような…
ひよ32
谷田部みね子は、
ごくフツーの女の子。
がんばり屋さんで、とてもいい子だ。

別の言い方をすれば、
「どこにでもいそうな平凡な子」
ひよ19ってことになる。

それとは対照的に、彼女の周りには
個性的なタイプが多く。

結果、みね子は
主人公であるはずなのに
ひよ33埋没してる状態。

「心のつぶやき」は多いが、
口に出して言うセリフは少なく。

周りの人たちが喋ってるのを
“聞いてるだけ”というシーンが
ひよ14延々続いたりするし。

有村架純自身、そろそろ
「あれ?私って
本当にヒロインなのかな…」と
思い始めてるかも。
ひよ30
「私のおいしい場面、少なくね?」と。

「乙女寮」編では、
「寮母」の愛子さんやメガネっ子の方が
目立ってたし。

「乙女寮」編のMVPは、
ひよ34どうみても和久井映見でしょ。

ドラマがスタートして3カ月。
折り返し地点に来ているが…
みね子がセンターに立つ日は
来るのだろうか。




  1. 2017/06/22(木) 20:00:00|
  2. ドラマ

2017春のドラマ評 ~あいかわらず盤石なテレ朝ドラマ~

捜一4
各局、手を変え品を変え
ドラマづくりをしてる中。

我が道を行く
テレ朝の刑事ドラマ。

9係5視聴率は安定しており、
調子のいい時は13%超える週も。

5年前、当ブログで
堅実路線を貫く「テレ朝ドラマ」 ~視聴率12%のマジック~
という記事を書いたのですが。
その頃と今も変わりなく。
テレあ112%前後を行ったり来たり。

もっとも最近のドラマ事情は、
10%超えれば合格って感じなので。
12%は堂々たる高視聴率。

夏期は「遺留捜査」「7人の刑事」が
テレあ2控えている。
こうやってシリーズでやれるのが、
テレ朝ドラマの強み。

秋なんて「相棒」「科捜研の女」
「ドクターX」という
鉄壁のクリーンナップだし。
テレあ3
ただし刑事ドラマ以外は、
めったに成功しない。

米倉涼子がやってた「黒革の手帖」を
武井咲にやらせるって…
なかなかのリスキーゲームやね。




警視庁 捜査一課長
捜一1
テレ朝ドラマの中で
最も“華がない”と思われる
「捜査一課長」。

だけど、それなりに
数字取っちゃうんだよなぁ。
捜一2
50歳を過ぎて
「再ブレイクした」と言われる
斉藤由貴の存在感が増している。
そろそろ、テレ朝で
斉藤由貴の主演ドラマやるかも。





警視庁捜査一課 9係
9係1
ドラマが始まる直前、
渡瀬恒彦が亡くなり。

準レギュラーの
野際陽子も急逝。

9係2それでも
視聴率はまずまずの結果。
平均11.5%。

今後は
イノッチをメインに据えて
シリーズ化していくのだろうか。





緊急取調室
キントリ1
第1話が17.9%という
ロケットスタート切った「キントリ」。

今期ドラマの中で、
最も視聴率がよく平均、約14%。

キントリ2シーズン1が、
それほどいい数字ではなかったので。
テレ朝的にはうれしい誤算だろう。

内容的にはシーズン1より
面白くなってたと思う。

キントリ3シーズン1では、
真壁(天海祐希)の私生活も
描いていたが。
シーズン2では、それを排除。
「捜査の世界」のみに
焦点を当てたのが功を奏した感じ。

キントリ8また、脇役のオッサンたちのキャラが
立つように構成したのもプラスに働いた。

逆に言えば、天海祐希があまり
目立ってなかった、というか。

「でんでん」さんの髪が増えたのに、
キントリ7世間では全く話題にならなったのが、
ちょっと哀しい。

まー、それにしても
「加齢臭」感がハンパない面々だわ。

天海祐希、
全然「紅一点」じゃねーしww



  1. 2017/06/21(水) 20:00:00|
  2. ドラマ

2017春のドラマ評 ~モドキがいっぱい②~

前略おふくろ様もどき
「ひよっこ」
ひよ6
有村架純演じる
主人公・みね子は、
心の中でしょっちゅう
「父」に向けてつぶやいている。

「お父さん。東京の人たちは…」
みたいな感じで。
ひよ5
これって、萩原健一の
「前略おふくろ様」方式。

故郷の母に向け
「前略おふくろ様。事件です…」と
心の中で、手紙を書いている。
ひよ4
にしても、みね子は
心の中でつぶやきすぎ。









半沢直樹もどき
「小さな巨人」
小巨5
「半沢直樹の二番煎じじゃん」と
言われるのを見越したうえで、
開き直って作ってる感じ。

制作チームも同じだし、
出演者もカブッている。
小巨3
ひとつ、あきらかに違うのは
「原作・池井戸潤」ではないこと。

小説家ではなく、
脚本家がこしらえたものだからか、
ずいぶんチープな内容に
小巨10なってしまった。

池井戸潤は
元・銀行マンだっただけに
「半沢直樹」には
“金融界のリアル”があった。

小巨4では「小さな巨人」に
“警察のリアル”が描かれていたか、
というと。
ツッコミどころ満載で。

そもそも
「警視庁VS所轄」とか、
小巨6「キャリアVSノンキャリ」とか、
今さらだろ、と。

「警察には、
キャリアとノンキャリがある」
というのを
初めて描いたのは、
小巨2「踊る大捜査線」だった。

それ以降、
「刑事モノ」の潮流が変わり。
「警察内部のドロドロ」に
光を当てたドラマが次々に現れ。

小巨9
「警察の内幕」に
スポットを当てるのなら。
何か“新しい視点”が
必要だったと思うのだが。
描かれ方は中途半端だった。

小巨7第二部の
和田アキ子&梅沢富美男の起用は、
もはやコント・モード。

アッコのへたくそなセリフ回し、
梅沢の重厚感の無さ…
最悪のキャスティングだった。






IQ246もどき。
「貴族探偵」
iq2
「IQ246 ~華麗なる事件簿~」は、
天才的な頭脳を持つ
「貴族の末裔」が、ヒマつぶしに
難事件を解決していく、というもの。

「貴族探偵」は、原作は小説なので
キゾク3「「IQ246」をパクッたわけではないが、
設定的にカブッてしまった。

視聴率は7~8%と惨敗。
敗因はナンボでもあるけれど。

ネットでは
キゾク5「相葉が貴族に見えない」と。
まぁ、確かに。

ああいう「上から目線」な役柄は
松潤やリーダーの方がハマるだろう。

行く先々で、
キゾク6自前の椅子や敷物を
持ち込んでるのだが。

なんか、
旅芸人の一座にしか見えない。
着てる服もコスプレっぽいし。

コード
「月9」枠はボロボロだけど。
次期シーズンは大丈夫でしょう。
人気作だった
「コード・ブルー」の続編だし。

なにより「逃げ恥」後のガッキーが
出るのが大きい。
ガッキー効果で
初回15%は固いのでは。





冬彦さんもどき
「あなたのことはそれほど」
あなそれ1
設定としては
「ずっとあなたが好きだった」に
似ている。

本当に好きな人とは結ばれず。
他の人と結婚。
あなそれ2その後、「好きだった人」と再会し…

夫(東出昌大)が、嫉妬で
ストーカー的になっていくサマは
「冬彦さん」を意識しているだろう。





  1. 2017/06/20(火) 20:00:00|
  2. ドラマ

2017春のドラマ評 ~モドキがいっぱい①~

シザーハンズもどき
「フランケンシュタインの恋」
ふらん2
タイトルは
「フランケンシュタイン…」って
なってるけど。

ベースにしてるのは
ジョニー・デップ主演の
ふらん1「シザーハンズ」っしょ。

綾野剛、二階堂ふみ…
というキャスティングは、
悪くないと思う。
どっちも、
浮世離れしてる感があるし。
ふらん3
ただ、この手のファンタジーものを
日本でやるのは、
どうしても違和感がなぁ。

「精霊の守り人」とかも、
そうじゃん。





BONESもどき
「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」
櫻2
このドラマ、原作は
小説なんだそうだけど。

米国ドラマ「BONES」の
真似でしょう。

「BONES」は
天才・法人類学者が、
遺体(骨)の痕跡から
櫻1事件の真相を
突き止める、というもの。


ポスターのデザイン、
パクッてるのはどうかと思う。








サソリもどき
「女囚セブン」
サソリ7
梶芽衣子主演の
映画「女囚さそり」を
現代風にアレンジして
リメイク。

梶芽衣子が特別出演しており、
サソリ6ゴーリキさんの芝居に
太鼓判を押している。

ゴーリキさんなりに
がんばってるとは思うが…。

もっと脇役をやらせた方が
サソリ2いいんじゃないか。

梶芽衣子が、初めて
「さそり」を演じたのは、
今のゴーリキさんと同じ
24歳だったそうな。






SPもどき
「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」
クライシ9
原案・脚本が
ドラマ「SP」と同じ金城一紀。

そのせいもあって、
内容がかなり似通っている。

映画的なド派手な
クライシ8アクションが話題となり、
第1話は13.9%と好スタート。

しかし
ジリジリ下降気味となり、
10%前後の展開に。

クライシ1見せ場はアクションシーンだが。
逆に言えば、
それ以外のシーンは退屈。
雑な作りになっている。

だから視聴者も
離れていったのだろう。
クライシ2
なんか、
マンガ家志望の学生が
考えたような
ストーリーなんだよなぁ…。




  1. 2017/06/19(月) 20:00:00|
  2. ドラマ
次のページ