ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

マツコとテレビ

マツ福1

いつか「お前なんかもう飽きた」「さようなら」って
言われる日が来るのを覚悟してる、っていうか。

当然 そうだろうと思って、やってるのね。

「もういいよ」って言われたら、
タイでキレイなオカマちゃん100人雇って。
海外からの観光客を相手に
仕事しようと思ってたんですよ(笑)

マツ福2

今の事務所で、今の社長と会ってなかったら
こんなにテレビの仕事をやることはなかったと思う。
ホント、出会いと巡り合せよね。

こんなにも望んでくれた職種って今までなかったのよ。
自分をこんなに欲してくれた人たちもいなかったから。

あたしの居場所はここで…
ここで骨を埋めるまでやるしかない、
もし「いらない」って言われたら、
タイに行って
貯めたお金でお店を開くしかない、っていう。
ウソ偽りなくその覚悟でやってるの。

あたしは友人も少ないし、
居場所はテレビしかなくなっちゃったんで。
テレビのスタッフたちが
いちばん自分の理解者だと思って生きてるから。

マツ福4

偽善になっちゃうかもしれないけど…
生きたからには、
世の中の何かしらの役に立って死にたいって
思うわけですよ。

そのためには何が必要かって考えた時に…
力を手にしなきゃ何もできないし。
何も変えられない、って思ったの。

その時に「世の中の声」みたいなもの…
すべてを代弁することなんてできないけど。

マツ福6

ま、道化師みたいもんじゃない?
コレ(自分)を使ってくれて、
あたしは自分のことを言うんじゃなくて…

「こんなことを、この人たちは
言ってほしいんじゃないかな」とか。

嘘をつくんじゃなく、
自分の中にあるものが合致した時に
それを放出する役割をするしか、
あたしが 世の中の人に認めてもらうこともできないし。

何かできることになった時は、
自分の私利私欲じゃなくて、
何か一人でもいいから
誰かのために、この力を使いたい、って思って
今、いやらしく生きてます。

マツ福5

このままだと
「このスタイルの仕事しか来ねぇな」っていう…
どこからオファーされても、だいたい同じようなことで。

だから、いっつも自分でちょっとずつ変えて…
どうにか違うように見せるようがんばってるんだけど。

やっぱり「成功体験」ってものは
自分よりも他者の方が、保守になるんだな
っていうのは物凄く感じてて。

いつか自分を
ぶっ壊さないといけない時が
来るんだうなと思ってるんだけど。


マツ福3

スポンサーサイト
  1. 2016/10/11(火) 20:00:00|
  2. マツコ・デラックス

「月曜から夜ふかし」を彩った人々30選

桐谷さん
kiri1
都内を自転車で走り回り、
ひたすら株主優待券を
消費する姿が感動を呼ぶ。

2時間スペシャルの時には
欠かすことのできない
kiri2キラーコンテンツとなった。

今や 渡辺美里の
「My Revolution」が流れると、
誰もが桐谷さんの姿を
思い浮かべるだろう。



桐谷さんが起こした“小さな奇跡”
      ↓
kiri3

窓が開いてると思い、
階下を見ようとし
透明な窓ガラスに激突。


kiri4

シャツを着替える際、
腕のところに
頭を通してしまう。


kiri5


自転車で爆走中、
犬に吠えられ よろける。






新宿二丁目のゆっこママ
ユッコ

取材に訪れる度、
「お疲れ~●●」の
新バリエーションを披露。


ユッコ2

番組で有名になった後、
オリジナルTシャツなどを作り
ボロ儲け。






山口の上原ママ
上原1
「山口県・ブスの呪い伝説」で
登場したスナックのママ。

元・巨人投手の
上原に似ていることで注目され。

上原2
一念発起し、
10キロ以上、ダイエットに成功。
一時は
「自称・釈由美子」になったが、
近頃、リバウンドした模様。





上田まりえ
上田
日テレで くすぶっていた
上田アナをマツコが発掘。

今年、退社し「松竹芸能」入り。
一体、どこを目指しているのか…





初代アシスタント
アシス

番組アシスタント。

トークの流れで
「愛人」と呼ばれるように。

アシス2


現在は、福岡で
女子アナとして活躍。






二代目アシスタント
アシス3

航空会社への就職が決まり
卒業。

「ミス鎌倉」に選ばれた経歴も。





三代目アシスタント
三代目


青学の女子大生。






ジャガーさん
市川
かつて、千葉テレビの
放送枠を買い取り
「ハロー・ジャガー」という
冠番組をやっていた。

レストラン、クリーニング店、
市川2美容室など 幅広く事業を
手掛けていたと言うのだから、
人は見かけによらない。








世田谷のリッチピープル
リッチ

世田谷区は
リッチピープルの住む街と
断言した女性。

後に、番組が
リッチ2自宅を訪ねてみると、
生活レベルは
きわめて中流だった。

仕事はモデル・トレーナーを
やっている、と。





レジェンド松下
松下

実演販売のカリスマ。

決め台詞は「行くわよ!」。





モモコ姉さん
ハイヒール


大阪がらみの取材の時は、
欠かせない存在となった。





北条ふとし
フトシ

「マツコのそっくりさん」として、
初期の頃は
けっこうロケをやっていた。






リコーダーの妖精
リコーダ
リコーダーを奏でながら
街を歩いてる謎の人物。

特技はアニメのモノマネと、
他人の性格診断。





林家ペー・パー子師匠
ペー

『夜ふかし』は、
パー子師匠の「誘い笑い」を
最も活かしている番組。






イルマニア
イルマ

埼玉県入間市のラッパー。

『夜ふかし』に出たことで
イベントの仕事が増加したという。

イルマ2
思えば、
「初登場」の時が
ピークだったような。







ダブルあや
あや

「パーティーピーポー」
というフレーズを
世に浸透させる。






石原良純
義純

毎年、風変りな
年賀状を作ることで話題に。






矢野先生
民族
県民性研究家。

各地の特色を
わかりやすく解説。





浜ロン
ハマ
マツコと同じ事務所の芸人。
番組の前説を担当している。

『夜ふかし』をネタに
街でナンパすることも。




中西ディレクター
ディレクタ

スタッフの中で
最も出演頻度が多いが、
人気はない。





心優しいジャイアン
ジャイ
番組のAD。

どんな「固いお菓子」でも、
噛み砕く 丈夫な歯の持ち主。






クソ出っ歯
出歯1

「アダナ」にまつわる
街頭インタビューで、
自ら「クソ出っ歯」と名乗った女性。


出歯3
留学先のオーストラリアでも、
臆することなく
出っ歯をアピール。

その「鉄のメンタル」は
マツコも一目置くほど。
出歯2
留学後も、そのまま
向こうで就職するらしい。








あゆたま
ガン黒
ガングロ・カフェの店員。
見かけによらず「漢検1級」。

少年院?時代に
やることがなく、勉強したと言う。

ガン黒2なお「秘書検定」の資格も
取っている、と。









「ザ行」が言えないお母さん
ざ1


ザ行の発音が苦手で、
「ザ」が「ダ」になってしまう。


ざ2『夜ふかし』に度々
取り上げられたことで、
地元のタウン誌の表紙になる。

実は「社交ダンス」の
講師をやっている、という。





滑舌が悪いお姉さん
フェフ1

滑舌が異常に悪く
「フェス」が言えず。
「フェフ」と言ってしまう。


フェフ2
「サ行」と「ハ行」が
どうしても、うまく言えない。








すごい見間違えをするお母さん
進一1
「シニアのケータイ事情」を
調査した時に出会ったお母さん。

文字変換がうまく行かず
「新沼謙治」の“謙治”が
“検事”になっているww
進一2
また、保存してある写真を
見せてもらうと…

お母さん「これは…森進一じゃない?」

ディレクター「えっ!?」
進一3


ディレクター「ひな祭りの人形
       じゃないですか」







琵琶湖のお姉さん
ビワ

上から目線の
「京都人」たちに
ガツンと一言。






鳥取県
砂丘
47都道府県の中で、
最も「パッとしない」ということで
クローズアップされ。

『夜ふかし』効果で、
メジャー度がアップし
知事県をあげて
様々なPR作戦を行っている。










横浜市民
浜2
日本屈指の
「鼻もちならない層」として
確固たる地位を築いている
横浜市民たち。

データ的に、他県の「市」に
浜3負けたとしても
常に余裕。

期待にたがわぬ
「上らから目線」の返しを
してくれる。

浜1










ミムラのおばちゃん
ミム1

とにかくノリのいい
小倉のおばちゃんコンビ。

「ミムラのおばちゃん、履いてます♪」
という持ちネタは、
ミム2「いつも明るい安村」と
「斉藤さんゲーム」をミックスする形で
思いついたもの。

けど、あのリズムって、
焼肉のタレ「晩餐館」のCMだよね。

ミム3「カンカンカンカン、晩餐館!
焼肉焼いても家焼くな!」ってヤツ。







  1. 2016/06/21(火) 20:00:00|
  2. マツコ・デラックス

お菓子AD奮闘記 ~二代目のファッションセンス~

按摩1

「今日、お菓子ちゃん、
  ベテランの
  マッサージ師さんみたい」



按摩2



「あら、すごい」


按摩3

「しかもアレよ。

  上にバーがあって
  足で踏んづけるタイプよね。
  パンツルックだもんね」

按摩4


「(マイクが)聴診器に見える」

手を振り、
軽く拒否るお菓子ちゃん。

按摩5


「“そういうイジリ方、いいから”
   みたいな」



按摩6


「最近、
  めちゃめちゃ冷たいよ」



按摩7



「あんまり好きじゃない?
  こういうイジられ方」



按摩8



AD「そんなこと ないです」


按摩9


「お父さん、お母さんて
  見てる? この番組」


AD「はい、見てます」
按摩10



「たまに映る時、
   何て言ってるの?」



按摩11

AD「おばあちゃんに
 電話しなさい、って」


按摩12

「ワハハハハ」

「おばあちゃん、うれしんだね」


按摩13


AD「でも おばあちゃん、
  私のこと 
  テレビ作る工場で
  働いてると思ってて…」

按摩14


「ワハハハハ」

「液晶とか(笑)」

按摩15



「ちゃんと説明しろよ」


按摩16


なんという、
ほっこりエピソードww





  1. 2016/06/02(木) 20:00:00|
  2. マツコ・デラックス

お菓子AD奮闘記 ~二代目のお色気~

君守1

「君を守るよ」という
キザなセリフについての
疑問メール。


君守2

お菓子ちゃんが
「君を守る」というワードに
反応して、うなずいてた、
というマツコ。

君守3

その時の
お菓子ちゃんの様子を
再現する有吉ww


君守4



「よく言われてますよ、
  みたいな顔(笑)」



君守5


「お菓子ちゃん、
   ちょっとアレだよね…」



君守6
「色気あると
 思ってるでしょ?
 自分で」

君守7


AD「思ってないです!」

「ホント?」


君守8
「いやいや、
 たまに、あんた
 “こういう感じ”になる時
 あるよね」

君守9
「あのスケッチブックの抱え方、
  そうだよね」


「そう、あの感じ」

「有村架純」的な?ww
君守10

お菓子ちゃんは
ああ見えて意外とモテてると
思います。







インナ1

「カワイイ部屋着」なんて、
現実的ではないという女性からの
メール。
そんなのは男の幻想だ、と。

インナ2


カタログから、
今どきの部屋着を見てみる。


インナ3


ベロア地。


インナ4



パイロ地。



インナ5



スエット。



インナ6


Tシャツ&ジャージ。

←モデルがお菓子ちゃんww

インナ9

「お菓子ちゃんだけ
 現実的なカラダを
 してるわね」


インナ8


「そこの差だよね。

  モデルが違うじゃない」



インナ7

「お菓子ちゃんが、
  いちばん左側の人のを着たら
  大変なことになるよ」








テンガ1
たんぽぽ・川村が
TENGAの社長と
付き合っていることが話題に。

「世の女の子は、
  調べてビックリしただろうね」

テンガ2


「“TENGAの社長?”・・・・」


テンガ3



「(検索で)T・E・N・G・A・・・」


テンガ4


「(知名度)そんなもんかな?」

「だと思うよ」


テンガ5

スタジオの女性スタッフらに
話を振ろうとするマツコ。

「知ってた?お菓子ちゃん」


テンガ6
うなずくお菓子ちゃん。


「エロいねぇ」


テンガ7

「みんな逃げたわよ、女子が」

「そりゃ逃げるね」

逃げるということは、知ってるということww
テンガ8


「お母さん連中とかさ」

「ああ、そこは、わかんないか。
  若いコならわかるけどね」


テンガ9

画像検索してみて
湯飲みやチョコエッグと
間違えるのでは?と。


テンガ10

「・・・・・・・・」

キョトン(・_・)


テンガ11


「俺らしか笑ってねーよ!」



テンガ13

「・・・・・・」

「ワハハハハハ」


微妙な表情をするしかない青山さんww


  1. 2016/05/10(火) 20:00:00|
  2. マツコ・デラックス

お菓子AD奮闘記 ~有吉先生のダメ出し~

餅1

2016年、1回目のオンエア。

テーブルのお菓子が・・・


餅2


大福餅。



餅3
中を見ると…

「あっ、ミカン」

「まるごとミカン?」

餅4


AD「見た目だけでも、
   鏡餅っぽくしようと思って…」



餅5


「鏡餅、置けよ!

  1個ぐらい、置けよ!」



餅7


「こんなもんで
  鏡餅じゃないよ!」








ポン1
テーブルのお菓子を見て
笑いが抑えられないマツコ。

「ひどすぎない?」


ポン2

「ウソでしょ!?」

「うまいでしょうよ。
  ポン菓子な」


ポン3

AD「違うんです、あの…」

「違うの?」


ポン4

AD「ポン菓子が
 70周年記念って
 聞いて…」

ポン5

「だからと言って、
  おまえ!」



ポン6

「もうちょっとあるだろう?
  やり方が!」


「アハハハハ」

ポン7


AD「実は作りたてで。

  実際に作って頂いたんです」


ポン8


「えっ!来て頂いて
   作ってもらったの!?」




ポン9

「オープニングで
 やれよ!」


ポン10

いまだに
合格点をもらえることはなく。








マラサ1

「俺、これ食べたことある。

  ハワイのやつでしょ?
  マラサダでしょ?」


マラサ3

「俺、行ったよ
   『もしもツアーズ』で。

   渋谷ね?」


マラサ4


「あたし、その
  『もしもツアーズ』見てたの」



マラサ5



「ワハハハハ」



マラサ6


「あぁ、うまい!」


マラサ7


AD「パン生地じゃなくて
  タロイモが入ってるんで、
  モチモチしてるんです」



マラサ8

「ついに
 知ってるものが
 出てきたな」


マラサ9



AD「!?」



マラサ10

「もしもツアーズ見てて
   “有吉さん、いいなぁ”と
  思ってたから。ありがとね」



マラサ11

AD「勉強不足ですみません…」

「これ、うまいね!」


マラサ12


「オタク仲間には
 優しいんだね」


マラサ13


なんと、お菓子ちゃんも
ハロプロファンであった、と。


マラサ14

「ハロプロがいいことないのよ。

  ちょっと優しくしておこうと思って」






  1. 2016/05/09(月) 20:00:00|
  2. マツコ・デラックス
次のページ