ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

[マツコ&有吉の怒り新党] 夏目ちゃんの恋と結婚とキャリア編②

立ち位置1
バラエティーの番組告知の
「このあと、すぐ!」みたいな
集合撮影について。

有吉は、どこの
立ち位置がいいか悩むという。


じょぶ

←有吉が言ってるのは、
 こういう集合モノの撮影。





立ち位置2

マツコ、有吉は二人とも、
真ん中・横ぐらいが
ベスポジだ、と。


立ち位置3


「夏目ちゃんとか、
  そういうことで
  悩まないじゃない?」


立ち位置4



「・・・・・・」


立ち位置5


「位置でいったらさ、
  司会者かその横かでしょ?」




立ち位置6



「あー、そうですね」


立ち位置7

「ひな壇とか
  ガヤで揉まれて、
  のし上がっていくという
  経験しないからね」


立ち位置8


「タレントとして
  俺らより
  ずいぶん下だからな。一生」


立ち位置9


「…はい」



立ち位置10


「ある意味 それ、
 “上”だと思いますよ(笑)」



立ち位置11



そもそも「枠」が違う、と。







婚期1


年齢的なこともあり、
早く結婚したいという有吉。


婚期2

マツコは
自分のような人間は
一生独身だから、一人でも多く
自由という名の「いばらの道」に
引きずり込みたい、と。
婚期3


「夏目ちゃん、どうなの?
  いばらの道、進んでいくの?」



婚期4


「それはね、
  結婚できるなら、
  したいなーっていう
  思いはあります」

婚期5


「これはホントに、
  夏目には
  申しわけないけど…」


婚期6


「今、お二人を見ててね、
  どっちが
  結婚できないかといったら」


婚期7


「夏目のほうが、
  はるかに
  結婚できない感じがする」


婚期8


「ええー!?」


婚期9


「え? 
  有吉さんより、ですか!?」


「全然」

婚期10


「お前はちょっと、
  当分、キツいぞ」


「…え…なんで? 先生…」

婚期11



「だって、この人は
  なんだかんだ言ったって磐石よ」


婚期12

「んー…」

「そりゃ、あたしたちだって、
  いつどうなるかわかんないわよ。
  仕事的には」


婚期13

「じゃなくて、人間的に、よ。
  あたしたちぐらいのトシになると、
  そんなに可能性ってないのよ。
  見えてきてるのよ、
  (今後)自分のできることが」

婚期14


「悲しいことなんだけど。
  できることと、できないことが、
  わかっちゃうのよ」


婚期15


「あんた、
  これからだもんねぇ」



婚期16


「帯(番組)とかだって、
  あるわけじゃない?」



婚期17


「そうなっちゃったらさ、
  今、結婚してる場合じゃないだろ?」



婚期18



「んー…」


婚期19


「考え出すだろ、
  これだけ
  仕事ちゃんとやりだしたら」


婚期20


「うん。ま、仕事が
  楽しくなっちゃいますよね」


「ほら」

婚期21


「今、(お嫁に)行くか。
  20年(結婚)あきらめるか 
  しかないぞ」


婚期22



「20年ですか!?」


婚期23


「諸先輩方々、見てみなさいよ」


有働由美子、住吉美紀、草野満代…
婚期24


「20年後は…48ぐらい?」

「……(うん)」


婚期25
「結婚したって
  失敗してる人ばっかじゃない。
  2回目、3回目とか結婚してるけど、
  どうせうまくいかないわよ」


田丸美寿々、安藤優子、小宮悦子、膳場貴子…
婚期26



「ええ~」


婚期27



「メゾン・ド・いばら、入れよ!」


婚期28


「それはイヤです」

産休に入る鈴江先輩にかわり、
「バンキシャ」出演が決まったし。
マツコの指摘は当たってるかも。





婚期29
こちらは、日テレの先輩・馬場ちゃん。
結婚はあきらめてないと
言いながらも
「メゾン・ド・いばら」行きが
確定っぽい雰囲気・・・

ばば









結婚1

なお、NHKで
「結婚してる人のほうが、
 してない人より幸せ?」という
アンケートを行ったところ・・・

結婚2
YES 28%
NO  29%
その他 43%←これは多分「どちらとも言えない」
結婚3
また男女で比べると。
男性より女性のほうが
「そう思う」派が少なく…

結婚4さらに女性の既婚者、独身で比べると。
なんと既婚女性のうち
「そう思う」派は21%という結果に。
以前「結婚してない女性≒負け犬」みたいな
本が売れたけど、現実はそうでもないようで。



スポンサーサイト
  1. 2013/01/31(木) 17:15:00|
  2. 夏目三久

[マツコ&有吉の怒り新党] 夏目ちゃんの恋と結婚とキャリア編①

紹介1

別に仲がいいわけでもない男から
「誰かいいコ、紹介して」と言われると
腹が立つという怒りメール。


紹介2


「(誰か紹介してと)
  言われないの? 夏目ちゃん」



紹介3

「あたし、たぶん、
  紹介できる人が少ないだろうなと
  思われてるので。
  言われないですね」


紹介4

「夏目ちゃんに
  “誰か紹介してよ”だと…
  “じゃ、私に気がないんですか?”と」



紹介5

「実際は、
  あわよくば
  アンタをどうにかしたいのよ、
  世の男ってのは」


紹介6


「だから(夏目ちゃんに)
  “誰か紹介して”
  なんて言わないよ」


紹介7


「それは
  心当たりあるでしょ?」



紹介8


「……フッ(笑)」

「それはあるだろ?」


紹介9


「・・・うん、

  無くは無いですかね(笑)」


紹介10



「テメー、このやろー(笑)」


紹介11


「不幸になれ! 不幸になれ!」



紹介12



「不幸になれ!」






二股1
塩谷の二股騒動の話。

「どうなのよ。
  ああいう、手当たり次第で
  プロポーズされたとき」


二股3

「でも、
  ピュアなんじゃないですかね?
  あの人も好き、この人も好きっていうのは。
  ほんとにその人のことを、その瞬間は
  すごく好きなんじゃないですかね」

二股2


「あんたが言ってるのは
  正しいっちゃあ、正しいのよ」



二股4


「じゃ、それは許せるんだ」

「許せるっていうのは?」


二股5

「この人ピュアだから
 しょうがないな、って。

 ま、付き合わないにしても
 不快には思わないんだ」

二股6



「んー・・・そうですね」


二股7


「でも“誠実じゃない”とか
  言われて
  (女の人から)嫌われるでしょ?」


二股8


「人によるんじゃないですかね。
  相手の男性の」



二股9



「彼はいいんだ?
  あの人は」



二股10


「ピュアだな、って
  思うような言動とかがある
  雰囲気の人だったら」


二股11


「ピュアってのは便利な言葉でさ。
  ほんとはバカだと思ってるでしょ?」



二股12



「・・・・」


二股13

「でも確かに
  バカだったら許せるかもね。
  しょうがないよ、こいつに
  言われたら、って」


二股14

どのタイミングで
相手に告白するか、と聞かれ。

「どうかなぁ…・・・」


二股15



「・・・・・・・」


二股16


「ほんと、
  学生みたいなこと言うけど…」



二股17
「その人のことで
  頭がいっぱいに
  なったら言う」


これは、なかなかの名言www





おさまらない1

もしも「玉の輿」で結婚したら。
「いつやめてもいい」的な感じで、
仕事が雑になりそうだ、と。


おさまらない2


「でも、その安心感あったら、
  もう働く気、うせませんか?」



おさまらない3
「いやあー、
 あなたは
 それでおさまらない」


「自己顕示欲が(笑)」
おさまらない4



「やめてくださいよ、もー」


おさまらない6


「そりゃあ、
  家庭におさまるような人
  じゃないですよ」


おさまらない7


「おさまるわけないじゃない。
  いい加減にしてよ」


おさまらない8




「ホントは、どうなのよ」

おさまらない9



「たとえば、ものすごい
  恵まれた結婚ができたとして、
  すっぱり引退します?」

おさまらない10



「んー・・・・・・」


おさまらない11



「できません」


おさまらない12



「できないでしょ?(笑)」

「何がガマンできないの?」
おさまらない13


「…あっ、でも、相手の方が 
  私が働いてると、もうそれだけで
  邪魔になるようなお相手だったら
  身をひきます」

おさまらない14



「あー、政治家とか」

おさまらない15




「うん、そうですね」

おさまらない16



「すごいわね、あんた。
  そういうとこまで
  想定してるの!?」

おさまらない17


「あんたの妄想が
  いちばん図々しいわね」


「歌舞伎、家元、相撲…(笑)」





  1. 2013/01/30(水) 17:00:00|
  2. 夏目三久

[マツコ&有吉の怒り新党] 夏目ちゃんの あしらいテク編

ペディ


夏目ちゃんの
ペディキュアに気づいた有吉。


ペディ2

「夏目ちゃん、
   爪、きれいなのやってるね」


「…ありがとうございます」

ペディ3

「あっ、手より足のほうが
  こってるわね」


「…はい」

ペディ4

「やっぱり、それは
  見えないところで、ちょっと
  ヤンチャしちゃおう、っていう」



ペディ5



「そうですね…」


ペディ6

「手は いろいろ
  やりすぎちゃうと…」


「足で遊んでるのね」

ペディ7



「キレイな指してんねー」


ペディ8

「・・・・・・・」


夏目ちゃんの警報装置が
“キケン”を察知したような?
ペディ9

「小指見せてよ、足の。

  小指だけ
  ちょっとヘンじゃん、みんな」


ペディ10


「ちゃんと出して」

「小指、出ないんですよ」

ペディ11


「めんどくさがんなよぉ!」

なんでもかんでもイジらせると
思ったら大間違いだぞ、とwww






かわす1


夏目ちゃん、あまり
イジリようのない衣装で登場。


かわす2


「どこのサロンで
  やってるんですか?」


ネイルに食いつく有吉。
かわす3






かわす4


「自分でやってます」

「ええ?自分でやってんの!?」

かわす5


「この人ホントに、
  こだわりがすごくて」



かわす6

「あたしなんて、いっぺん
  塗っちゃったら1ヶ月同じ色なんだけど
  (夏目ちゃんは)違うんだよね。
  毎回、変えてるんだよね」

かわす7





「・・・・」


かわす8


「も、話すことなかったら、
  行きませんか? 本題の方に」



かわす9



「察しがいいですね(笑)」


かわす10


「あんた、すごい。
  そういうの覚えた?」



かわす11


「イケすかない女に
  なってきたわね、あんた~」



かわす12



「でも、ありがとうございます」

「ありがとうございます」

かわす13


「こちらこそ
  ありがとうございます」








いい1

「いい人」「悪い人」と
レッテルを貼ることについての
怒りメール。


いい2


「いい人」というレッテルは、
案外ツライものという二人。


いい3


「夏目ちゃんはどうなのよ? 

  いい人?」


いい4



「んんー?」


いい5



「・・・・・」


いい6



「ンフ。…いい人ですよ(笑)」



いい7

「アハハハ」

「悪い笑い方するねぇ」







ぷる1


この番組では、自分をさらけ出し
身を削ってやってる、というマツコ。


ぷる2


「でも、私も
  二の腕プルプル
  させられたりとか」


ぷる3


「いい加減にしなさいよ。
  二の腕プルプルぐらい」



ぷる4



「ぐらい?」


ぷる5



「“ぐらい”でしょーよ!」


ぷる6

「でも、有吉さんマツコさんが
  プルプルするのと
  私がプルプルするのは、
  ちょっとワケが違うじゃないですか」

ぷる11


「おいおいおい」

「お前!」

ぷる12


「どういうことだ。このやろー」

「・・・・」


ぷる13


「番組始まって以来、
  いちばんの失言じゃない?今の」



ぷる14



「すみません、ほんとに」


ぷる15



「申し訳ありませんでした」


ぷる16



「フフフフ」


ぷる17


「あんた最近、
  頭下げて逃げるっていう
  方法見つけたわよね」


ぷる18



「昔は全然
  頭下げなかったのに」


ぷる19




「妙なやり口覚えたのよ、こいつ」







  1. 2013/01/29(火) 17:00:00|
  2. 夏目三久

[マツコ&有吉の怒り新党] 夏目ちゃんと有吉編

二の腕1

「最近、また
  二の腕ついてきて、
  いいね」



二の腕2


「有吉さん、ほんと
  チェックしてくださってますねぇ…」



二の腕3


「こうやってみてくんない」

二の腕プルプルさせろ、と。

二の腕4


「そんなの
  テレビで、できませんよ」



二の腕5



「じゃ、テレビで映さないから」


二の腕6

「絶対ですよ…」

「映さないから」


二の腕7


グッ


二の腕8


「力入れちゃダメ!」

「なんだよ、それ~」

二の腕9


「ダメだなぁ、
    きたねーぞ」



二の腕10

ふるふる

「ダメですか」

二の腕11



「まあまあ、いい」


二の腕14




「これ何の話してんだっけ?」

二の腕15



「あえて」に
ついての話だったのにwww






ゆすり1
神経質にカタカタ音を立てる人の話題。

「あたし、有吉さんが
  貧乏ゆすりする時、知ってます」



ゆすり2


「ウソだろー」

「ほらぁ!」

ゆすり3


「待って。
  ほんと? いつ?」



ゆすり4


「テレビ誌の取材の時。
  いっつも」



ゆすり7



「・・・・・・・」


ゆすり8


「夏目ちゃん、
  それはね…クセじゃないの」



ゆすり9

「教えてやってんの。
  オレはイライラしてんぞ、っていう」


「あえての、貧乏ゆすりなんですね?」


ゆすり10


「うん。

   …でも、無意識の時もあるか…」


ゆすり11


「でも、意識的に
  やってるとしたらサイテー」



ゆすり12



「サイテーだね(苦笑)」


ゆすり13


「女の人で
  貧乏ゆすりしてる人って、
  あんまり見ない」


ゆすり14



「あ、そーだねー」


ゆすり15


「女が貧乏ゆすりしてるとこを
  見てーっていう、
  新たな性癖が出てきた(笑)」


ゆすり16


「ちょっとしてみて。
  女の人が貧乏ゆすりしてるとこ
  見たことないから」



ゆすり18


「・・・・・・」

脚を小刻みにゆらすが…

ゆすり19



「ヘタだなー」







距離1


親しくないのに
近づいてくる人への
怒りメール。

距離2


マツコは初対面でも
ガンガン行くほうだ、と。


距離3
司会をやる時、男性MCとの
距離が気になる、という夏目ちゃん。

「こっちからは近寄れないですけど。
  近寄られると
 “あーっ”て思っちゃいませんか?」

距離4


「じゃ、ちょっと今、
  やってみなさいよ」



距離5


「あのね、
  田中みな実って近いのよ」



距離6


「田中みな実の話だと、
  あたし、小一時間は話せるわよ(*`ー´)」


アイツの名前を出すな、とwww

距離7

「あたしもう、
  これでも、
  けっこうギリギリかな…」



距離8



「ちょっと正面
  向いてみなさいよ」



距離9






距離10



「ダメ?」


距離11



「近いもん!」


距離12


「あたしでもダメ?」



距離13


「いやでも、(相手が)
  男性っていうのはあります」




距離14

「俺はさ、
  夏目ちゃんとこんなに
  近いのが初めてだから。
  それだけでもう無理よ」


距離15


マツコだと…



距離16


「全然、大丈夫です」

「これ(絵ヅラが)斬新よね。
  物体としておかしい」


距離17


「これも平気?」

「うん、平気」








独身1
「年の差婚」の話題。

「じゃ、有吉さん、
  70歳ぐらいになって、仮に
  独り身だったらどうされますか」


独身2

「どうしよう…
  も、やめてくれよ…怖いわ」


「どうすんの?
  このままずっと独りだったら」

独身3


「やだよ、もー」

「できちゃえば?」

独身4


「・・・・ん?
  
    …夏目ちゃん?」


独身6


「このイジリって、
  たまに ちょくちょく
  かけてくるけどさ」


独身7

「俺、ビミョーな顔しか
  できないんだよね」


「違うの、あたし…
  付き合ったとするよね、二人が」

独身8

「それを知りつつ、
  知らないフリをして
  共演しているあたし、
  っていうのに憧れるの」

独身9



「悪趣味だなー」








夢1
「夢に出てきた人が
気になりだす」という話題。

「そういうのある?」

「あります」
夢2


「誰?」

「…有吉さん」

夢3



「あら…たまに出てくる?」


夢4



「たまに出てきたりします」


夢5


「ちょっとぉ・・・」



夢6


「やっぱりこれは
  夢占いしてもらったほうが」



夢7


「オレは夢の中で
  何をしているの?」



夢8


「有吉さんと
  ごはん食べてたりします」



夢9


「え!
  家庭みたいな中で!?」



夢10


「同じ部屋で」


夢11



「うわー!」

夢12




「ヘんな合コンより
  よっぽど夢があるわよ!」

夢13




「有吉さんと
  家庭を持ちたいってことだと思う」

夢14











  1. 2013/01/28(月) 17:00:00|
  2. 夏目三久

[マツコ&有吉の怒り新党] 夏目ちゃんの微妙な距離感編

ため1

初対面でタメグチきいてきたり、
馴れ馴れしい呼び方についての
トークテーマ。


ため2
まとめに入る夏目ちゃん。

「初対面にもかかわらず、
  敬語をやめさせようとしてくる人に
  腹が立つというのは…」


ため3


「・・ミクちゃんは」



ため4


「どうなの?

  そのへん」


ため5



「ミクはどう?」


ため6


「・・・・・・・・・・」

居心地悪そうにモゾモゾwww

ため7



「アハハ! かゆいな?」


ため8
「イヤなのね?(笑)」

「はい…ちょっと
  ビックリしちゃいますよね」


あなた方に「下の名前」で呼ばれたくはない、と。





噂3


人から聞いた噂話は
拡散してしまうという二人。


噂4


「僕ら、ちょっと
  おしゃべりなだけですから」



噂5


「あたし、だから
  言えないんですよ、お二人に」



噂6


「なんか
  (面白い噂話)ないですか?」



噂7

「言うわけないじゃないですか、
 こんなところで」



噂8


「こんなところ!?」

「おい!番組批判か、今度は」






同窓1

いつか「怒り新党」が終了しても、
有吉とマツコは
また、どこかの収録現場で
会うことはあるだろう、と。

同窓2

「夏目ちゃんは、
  もう会わなくなるよ」


「たぶん、あんまり
  会う機会、なくなるよね」

同窓3


「そしたら、
  夏目ちゃんが寂しいから
  こっちに連絡して…」


同窓4

「え?

  じゃ、私がお誘いしたら
  来てくださるんですか?」


同窓5


「そりゃあー…」

「んー・・・・・」


同窓6


「行かないわけでもないけど…」

「・・・・・」

同窓7



「その時の状況による…」


同窓8

「じゃ、やめましょ。
  なし!」


誰が番組の同窓会なんか開くものか、とwww
同窓9




「アハハハハ」

同窓10


「そんなこと言ってるけど、
  この番組が終わる頃にはさ、
  深夜番組なんか出ません
  みたいになってるんでしょ?」

同窓11


「いやいや、そんな」








代役34
2012年、最後のオンエア。
エンディングで締めの挨拶を。

「それでは、2013年も
   どうぞ『怒り新党』…」


代役35


「・・・・」

夏目ちゃん、チラッと二人を見る。

代役36

おじぎをしようとするのだが…

「・・・・・・」

「・・・?」
代役37




「あ、せーの?」

代役38


「そこまで
  呼吸あってないから」



代役39


「それは わかんないわ」


代役40


「それぐらい
  できるかなと思って。 もうー」



代役41


「ふわふわした目配せぐらいじゃ」


息が合ってんだか、合ってないんだか。





  1. 2013/01/27(日) 17:00:00|
  2. 夏目三久

[マツコ&有吉の怒り新党] 夏目ちゃんのサプライズ編

くす1

「こんばんは」

「こんばんは…」


くす2


「ちょっと…」

ポケットから何かを取り出す有吉。

くす3


「え?

    なぁに?」


くす4

ぱかっ

「・・・・・」

くす5


「ちょっと遅れましたけどね。
  お誕生日、おめでとうございます」



くす6

「・・・・・・」

この手のやつが嫌いなマツコ。
テンション、ダダ下がりwww

くす7



「ほら、40歳になった誓いでもさ」


くす8



「・・・・・」

「決意を」


くす9


「ますます
  がんばってくれるでしょ」



くす10



「・・・・・・」


くす11


「何、照れてんのよ」

「いやいやいや」

くす12


「照れじゃ
  ないんです、これは!」


くす13



「アハハハハ」


くす14


「失礼しまーす」

「何が失礼しますだ、このやろー」

くす15




「ほんとに、これ、面白い?」

くす16




「今のくだり、面白かった?」

くす17



「面白かった?」

夏目ちゃん、背後に忍びよるwww
くす18



「ま、面白かったんなら
 
        ……!?」

くす19



「テメー!
  このヤロー!」


くす20

ぱかっ

まさかの二段攻撃。

くす21



「おめでとうございまーす」

「・・・・・・・」
くす22



「来年もいっしょに
  お祝いできるといいですよねー」


くす23




「すんなり終わらせろよ、おまえ…」







くす24
10月末頃のオンエア。

年末が近づき「我々は
流行語大賞とか、賞モノとは
無縁だね」という話になり。

くす25


「何がほしい?
 
  賞、貰えるとしたら」


くす26



「立派なの
  貰いたいよねー」





そんなこと言ってたら…
     ↓

くす27


「こんばんは」

「こんばんは…」

くす28

「・・・・・・・・」

イスの後ろから何かを取り出すマツコ。

「なに? なんだよ…」
くす29

ぱかっ

「おめでとー!」

くす31


「何にもないよ」

「あったでしょーよ!

  ほら!夏目ちゃんも」

くす32



「はーい」


くす33



「誕生日でもないし…」


くす34



「なに、やり返してきてんだよ」


くす35

ぱかっ

うわっ!
  デカいな、おい!」

くす36



「2つありましたよね?」


くす37


「織田裕二さんと
  並んでたじゃない」
  

GQ Men of the year2012。
くす38

「“あー、きれいなとこ行った、この人”
  と思って見てましたよ」


「あれね。はいはい」

くす39


「うれしいですよねー。
  こうして、いっしょにいられるのって」



くす40

「こういう
  軽薄な番組やってるから、
  一人こういのがいると
  ハクがつくじゃない?」


くす41



「ツイッターのフォロワー数、日本一」


くす42


「すごいねー」

「すごーい」

くす43


「チキショー、なんだこれ…」







  1. 2013/01/26(土) 17:00:00|
  2. 夏目三久

[マツコ&有吉の怒り新党] 夏目ちゃんの攻めファッション編②

xms1


「本日は、年内最後の
  番組(オンエア)となります」



xms2

「後ろ、向いてみ。すごかった」

「1カメさん、
  回りこんで撮ってやって」


xms3

背中、バックリ。

「何、浮かれてるの?
 どうした」


xms4


「だって
  クリスマス前の
  オンエアですもん」


xms5

「アハハハハ」

「ほんとにプレゼントに
 なってきやがったな、
 このヤロー」




xms6
前週の放送で
クリスマス・バージョンの
コスチュームにしてみようか、
という話が出て。急遽、
美術スタッフが「用意した」という。

xms7

夏目ちゃん→プレゼント役

有吉→サンタ役

マツコ→トナカイ役
xms8


夏目ちゃん、
ウサ耳つけてバニーガールに。


xms9


有吉には
サンタの帽子。


xms10
マツコには……


ただの布じゃねーか!
どこが「美術スタッフの総力」なんだwww

xms11

トナカイ感、ゼロ。

これでは
災害で救助された避難民のよう。





北斎1



「あれ?」


北斎2


「そのお衣装って、
  どちらのやつ?」



北斎3



「アディアム、という…」


北斎4


「ご存知でした?」

「あたし、なんかで見た」

北斎5



「葛飾北斎じゃなくて?」


北斎6


「それをイメージして作った、って
  (デザイナー)本人が
  おっしゃってたと思う」


北斎7


「なんで、あんた
  そういうとこから借りれるの?」



北斎8


「いや、でも。この番組を
  やらせていただいてる
  からだと思います」


北斎9

「そういうとこからしてみたら
  逆効果じゃない?
  ファッション性のカケラもない
  番組なんだから」


北斎10


「ファッションを
  否定してますもんね」









ヌメロ1


夏目ちゃんヘの対抗意識で
ピンクのドレスを着てきたマツコ。


ヌメロ2


ネットニュースで
「夏目ちゃんのセクシーショットを見た」
という有吉。

ヌメロ3

「なんかね、こんなの」

有吉、夏目ちゃんのポーズを再現。

「えっ…」


ヌメロ4


 ←有吉が見た写真がこちら。





ヌメロ5


「すごいよ」

「雑誌か何か?」

ヌメロ6



「雑誌のニュースに出てた」


ヌメロ7



「じゃ、聞こうか」


ヌメロ8


「よろしくお願いします」

「何、どこでやったの?」

ヌメロ9




「ヌメロという」

ヌメロ10


「あー、
  あのイケ好かない
  ファッション誌」


ヌメロ11


「もう!
  何をおっしゃるんですか」



ヌメロ12


「あれ、どういうつもりで
  やってんの?」



ヌメロ13


「私、いいわー、って。

  (カメラマンに)乗せられるの?」



ヌメロ14


「そういう要素、
  ちょっとでもなければ、
  こんなおかしな服着ませんよ」


ヌメロ15



「ま、そりゃそうだな(笑)」


ヌメロ16


「この人の中に
  楠田枝里子さんみたいな血が
  流れてるのよ」


ヌメロ17


「ネットのサイトのほうには
  “女優への道も開ける”とか
  書いてましたよ」


ヌメロ18



「え? そうなの?」


ヌメロ19


「いや、そんなお話、
  全くないですよ」



ヌメロ20


「お話はないかもしんないけど、
  本人の、ねぇ」


「気持ちとして」

ヌメロ21


「どうだろう、
  でも、いろいろ…」



ヌメロ22


「どうだろう!?」



ヌメロ23


「どうでしょうか、
  いろいろやらせていただければ
  いいな、って」



ヌメロ24

「じゃあ、
  前向きな部分も
  あるってことね?」



ヌメロ25



「うん、そうですね」


ヌメロ26


「どん欲だな、おまえ~!
  女優も意識してんのか!?」



ヌメロ27

「意識はしてないです。

  機会があれば。

  拒む立場でもありませんし。はい」

ヌメロ28


「(女優・夏目三久を)
  見たいですね」


「ちょっと見たい…」
ヌメロ29

「“ウンコみたいな番組
  出てましたね、昔”…
  みたいなね」


篠原涼子にとっての「ごっつええ感じ」みたいな?
ヌメロ30

「なっちゃうじゃないの?
  5年もしたら」


「そんな、そんな」


ヌメロ31

「“あの映像使うの、
  ちょっとNGです”って(笑)」


松嶋菜々子にとっての「みなおか」みたいな?

ヌメロ32


「ちょっと、やっぱり
  面白いな、この人」



ヌメロ33



「ちょっと、もう
  想像がつかない…」






  1. 2013/01/25(金) 17:00:00|
  2. 夏目三久

[マツコ&有吉の怒り新党] 夏目ちゃんの攻めファッション編①

ハネ1


「失礼します」



ハネ2


「あんた、
  すごいわね、今日は」



ハネ3


「え…
  自らの意思?」



ハネ4


夏目ちゃん、
モニターで髪を確認…


ハネ5

「ハネてるのが
  見えるように」


「正面で」

ハネ6


「あー、それそれそれ」

 ドヤッ

ハネ7



「グッと決めたね、顔(笑)」


ハネ9


「何? 怒ってんの?」



ハネ10


「イジりにくいなー」

「いえ、怒りませんよ」

ハネ11


「そんな髪しといて、
  いじられるの拒否って 
  ねーだろ」


ハネ12


「イジってくれ、
  みたいな髪じゃねーか」








ヅカ1



「よろしくお願いします」


ヅカ2



「宝塚か!」


ヅカ3


「ちょっと伸びてきたので。
  アレンジしてみました」



ヅカ4


「今日、特に
  まゆげもしっかり
  描かれてますよね」


ヅカ5


テレビというより
舞台用のメイクのような。


ヅカ6


「もしかしたらメイクさんが
  イタズラ書きしたのかも」



ヅカ7


「遊んじゃってるんですかね?」

「夏目の顔、使ってね」






キブン1



「失礼します」


キブン2

「あら、どうしたんですか?
  急にまた攻めの姿勢で。
  先週はあんなに(地味だったのに)」


「はい」
キブン3



「どうなさったの?」


キブン4


「いえいえ…
  何もないですけど。

  ちょっと気分転換に」

キブン5



「気分転換?」


キブン6


「この人、本番の衣装で
  気分転換しちゃってるのね(笑)」



キブン7











ポスト1


「お洋服買いに
  行ったりするの
  好きでしょ?」


ポスト2


「うん、
  好きですね」



ポスト3


「最近のテレビ界、芸能界の中で
  トップクラスだよね。
  あんたの洋服に対する執着って」


ポスト4



「そんなことないですよ」


ポスト5

「あたし、やっと楠田枝里子さんを
  襲名できる人が出たと思って、
  うれしくてしょうがないの」


「いやいや」
ポスト6

「男ウケとか
  一切考えてないじゃん。
  メイクとかも含めて」


「・・・そうですかね?」

ポスト7


「そもそも、
  男の人にウケたいということで
  選ぶのかなぁ、っていう…」


ポスト8



思わず目を合わせるマツコ・有吉。


ポスト9

「これどっちで取ったらいいの?

  わが道を貫いてる
  気骨な女と取ればいいのか…」


ポスト10


「よっぽど元々に自信がおありなって
  “そんなこと気にしなくても、
  ちゃんと間に合ってますよ”っていう。

  どっちなの?」

ポスト11


「でも、なんだろ。
  この女が言うと
  カチンとこないのよ」


ポスト12


「これをファッション誌の
  副編集とかが言ったら、
  カッチーンと来るんだけど」






  1. 2013/01/24(木) 17:00:00|
  2. 夏目三久

[マツコ&有吉の怒り新党] 夏目ちゃんとマツコのプレゼント合戦編

コムデ1

マツコの誕生日に、
夏目ちゃんが
アバンギャルドな
プレゼントをくれた、と。

コムデ2


「何を?」

「髪飾りを」

コムデ3


「しかも
  コムデギャルソンのを」



コムデ4


「髪飾りぃ?(笑)」



コムデ5

「もし女装の皆さんとの
  イベントがあったら、
  つけていただきたいな、
  と思いまして」







カンザシ1

2013正月スペシャル。

いつもと趣が違うマツコの衣装。


カンザシ2

「こいつがイケないんです、
  こいつが」


「手鏡みたいな…」

カンザシ3


「これ、なんなんですか?」



カンザシ4


「夏目さんから
  いただいた
  誕生日プレゼントです」


カンザシ5


「めんどくせー(笑)」



カンザシ6


「めんどくさい女ですよ、アレは。
  こんなことになっちゃいました、あたし」



カンザシ7

「会話しにくいでしょ?」

「あたしもね、
  しばらく、これが なんだか
  わからなかったんですけど」

カンザシ8

「どうやら
  かんざしだということが
  判明しまして」



カンザシ9

「これを元に、今回
  (衣装を)すべてプロデュース
  いたしましたんで」



カンザシ20




「失礼します」



カンザシ21


「つけましたよ、ちゃんと」

「ありがとうございます」

カンザシ12

「それ、レディー・ガガの
  ヒールのない靴を
  デザインされた舘鼻さんて方が
  “マツコさんにお似合いだと思って”
  って、用意してくれたんですよ」

カンザシ13


「え?
  
  本人がおっしゃってたの?」


カンザシ14


「マツコさんに
  何かプレゼントしたいんですけども、
  って相談したら、
  これはどうですか?と」

カンザシ15



「あなたね…」

カンザシ16

「そういうことは、
 ちゃんと
 言いなさい」

カンザシ17



「渡したときに」

「すいません」
カンザシ18



「付けにくい、って
  言っちゃったから」


カンザシ19


「(事前に)言わないと~」

「いい加減にしなさいよ、ほんとに」






ツバヒロ1

冒頭の挨拶で、いきなり吹き出す有吉。

「あら?どしたの?」


ツバヒロ2


「笑っちゃって…すいません」



ツバヒロ3


「なんか、変な人がいるから」



ツバヒロ4


「え? どこに?」

「スタジオに変な人いるから。
  視界に入っちゃって、今」


ツバヒロ5


「…入ってこいよ、おまえ」



ツバヒロ6


「なんなんだよ!」



ツバヒロ7


「いい加減にしろよ、お前!」



ツバヒロ8


「タレントだろ!
  顔、出せ!」



ツバヒロ9


「なに、これ?」



ツバヒロ10


「(誕生日に貰った)
  かんざしのお礼ですよ」



ツバヒロ11


「アハハハハ」



ツバヒロ12


「いただきましたー(^O^)」



ツバヒロ13


「あたしもね、
  あてこすりのつもりで
  あげたんですけど」


ツバヒロ14


「そしたら思いのほか、
  着こなしやがって、
  このヤロー」



ツバヒロ15


「意外と着こなせてる(笑)」

「そうなのよ」


ツバヒロ16


「カチーン!と
  きてるんだけど、あたし」



ツバヒロ17


「だけど
  テレビじゃ違和感あるねー」



ツバヒロ18


「なんなの、おまえ」



ツバヒロ19




「これ、すごいですよ、ツバが」



ツバヒロ20


「20cmぐらいありますよ」


ツバヒロ21


東京で市販されてる中で
いちばんツバ広の帽子を探した、と。


ツバヒロ22

「お忙しいのに、
  ありがとうございます」


「これ、でも、あれよ」


ツバヒロ23


「かぶんなさいよ」


ツバヒロ24



「はい(^-^)」



ツバヒロ25



「そんな違和感ないでしょ?」



ツバヒロ26


「変装用とかじゃなくて、
  かわいいな、と思います」



ツバヒロ27


「思うんだ…(笑)」

「ほら…」

28



「もう、やめよ?」


ツバヒロ29



「プレゼント合戦やめよ」


ツバヒロ30


「この女にね、
  何のダメージも
  与えられない、あたし」


ツバヒロ31


「悔しいわ~」


末はソフィア・ローレンか、
   オードリー・ヘップバーンか。




  1. 2013/01/23(水) 17:00:00|
  2. 夏目三久

[マツコ&有吉の怒り新党] 夏目ちゃんの産休編

代役1


ママタレントに関するトーク。



代役2
もしも夏目ちゃんが、
この番組が続いてる間に出産したとしたら。

「どうする?代役」

「そうなのよ」
代役3


「夏目ちゃんの代役は
  なかなか難しいよ~」



代役4


「えー!?」



代役5


「今のうちに
  いいなと思うヤツを
  リストアップしとかないとさ」


代役6


「ヤバイって」



代役7


「いや…
 すぐ戻ってきます



代役9

「臨月までやって、
  出したら
  ポーンって戻ってくるの?」



代役10

「はい。

  なじまないうちに、
  その人(代役)が」


代役11


「(育児を優先しないのは)
  よくないよねぇ」



代役12


「(産休)2年やるよ」



代役13


「えっ…

  戻ってきても
  場所ありますかぁ?」

代役14


「・・・・・・」

「・・・・・・」


代役15


「一応ね…」

「・・・・・」

代役16


「ま、このポジションか
  どうかは わかんないけど」



代役17


「(産休)いりません…

  いらない、いらない」


代役18


「子供をちゃんと育てよ?
  応援するから」


「全力で応援しますよ、私たちは」

代役19


「・・・・・・・」


代役20




「(産休の)2年間は、どうしよう…。
  今んとこ、誰がいい?」

代役21




「えー、誰がいいかなぁ」
代役22




「えー!
 聞きたくない!」

代役23




「アハハハハハ」

「フハハハハハ」
代役24



「現実になりそうだからね(笑)」

代役25




「・・・言わないでください」

代役26



「冗談よぉ。

  夏目ちゃんのほか、
  考えられないでしょ?」

代役27



「二人でやるよ」

「代役なんて立てないよ」
代役28




「・・・ホントですか?」
代役29




「うん。
  じゅうぶんできるもん、俺、
  それ(メール)読むの」

代役30




「あたし、必要ない…」

代役31




「ワハハハハハ」

代役32




「ごめん、ごめん」

代役33




「・・・・・・・・・」

世の女性タレントたちが出産後、
やたら早く仕事復帰するのは
“不安”だからなんだろうなぁ。



  1. 2013/01/22(火) 17:00:00|
  2. 夏目三久

[マツコ&有吉の怒り新党] 夏目ちゃんのカバンの中身編

バッグ1
女性誌の「カバンの中を見せて」
という特集への怒りメール。
カバンに入れるモノは
似たり寄ったり。
それを見て読者は
得るものがあるのか?と。
バッグ2
有吉、マツコは
他人のカバンの中身に全く興味なし。

夏目ちゃんは興味あり。
収納とか参考になるかも、と。

バッグ3
マツコが「3人のカバンの
中身を見せてみよう」
と提唱。

「夏目ちゃん、アセってない?(笑)」

「アポなし訪問」的なww
バッグ4
各自、マネージャーに
カバンを持ってきてもらい。

「夏目ちゃん、カバン、きたねぇ…」

「きたないんですよ…」
バッグ5

「うわっ!
  きたねーな、おまえ!」



バッグ6


かなり
年季が入ってる。


バッグ8


「カバン、どこのやつなの?」

「セリーヌです」

バッグ7


中の物は、
ポーチで小分けに。


バッグ10


電子手帳。

いかにもアナウンサー的な。

バッグ11


長財布。



バッグ12


カード入れ。



バッグ13



「カード入れ、かわいい!
  ちょっと見せて~」


なんか、ガールズトーク化してるwww
バッグ14



「こんなカワイイのあるんだ。
  これ、いいわねぇ」


バッグ15




「“いいわね”って、
  なっちゃってる(笑)」

バッグ16




「あたしも今、
  やられた!と思って…」

バッグ17




「やっぱ、あれ、
  人気企画なんだよ(笑)」

バッグ18




「あはははは」

「まんまと…(苦笑)」





  1. 2013/01/21(月) 17:00:00|
  2. 夏目三久

[マツコ&有吉の怒り新党] 夏目ちゃんのトラップ編

美肌1
「女優の美容」の話。流れで
マツコに振ってみる夏目ちゃん。
「マツコさんの
  美の秘訣は なんですか?」


「・・・・・・・・」
美肌2


「…お前、聞いといて
  なんで笑ってんだよ」



美肌3


「・・・・・・」



美肌4


「マツコさん、
    その  美肌の・・・」



美肌5


「…秘訣は?」

「・・・・・・・・・」

美肌6

「今、お前、
  (ディレクターの)指示か?…」


フロアのカンペを確認するマツコ。

美肌7
「お前、(カンペは)
 “何かやってます?”
 だけじゃねーか!」


美肌8


「なに“美肌”とか
  盛ってんだよ!」




美肌9


「あたし、ほんと
  冗談でも なんでもなく…」



美肌10


「化粧水もつけてないの」



美肌11


「ほんとですか?」



美肌12


「…これ……

       え?…」


美肌13


「あたし
  “キレイ”前提で
  話してる?」


美肌14

「いやいや、
  罠にハマりそうだったよ、あたし」


「危ない危ない、これ(笑)」

美肌15



「・・・・・・(笑)」


美肌16

「お前、
 トラップかけてきたな!
 このヤロー!」


美肌17









美肌18
「よく“肌きれいですね”って
  お世辞言われるんでけすど。
  これはただの厚塗りです」


そういえば、細木数子にも肌、褒められてたな。

美肌19


「いや でも、
  首もキレイなので」



美肌20


「テメー、
  いい加減にしろ…」



美肌21


「ホントに…」


美肌22

「やめろ!
 ビューティートーク!
 このヤロー!」


美肌23


「キメが
  細かいんだな、って」



美肌24


「キメが細かいぃ?」

「笑ってる(笑)」

美肌25


「笑ってるだろー!」


美肌26




「終始、笑ってるじゃん(笑)」






  1. 2013/01/20(日) 17:03:00|
  2. 夏目三久

しずくちゃん、トラになるの巻。

トラ1


映画「ライフ・オブ・パイ」
ジャパンプレミアに
しずくちゃん、登場。


トラ2
「少年とトラの漂流を描いた物語」
ということで
トラの着ぐるみで。

こうしてみると、
やっぱ 大きくなったなぁ。

トラ3







トラ4


アン・リー監督、
吹き替え担当のモッくんと
記念撮影。



トラ5











トラ7
イベント終了後
『シューイチ』が単独取材。

-- 今年はどんなお仕事
    やってみたいですか?



トラ8


しずく「・・・・・・・・」

「うーん…」って考える時って、
コドモも アゴに手をあてるのね。

トラ9

しずく「自転車乗ったりとか、
    海で写真撮ったりとか、
    泳いで…」


どこのグラビアアイドルですか!www

トラ10

しずく「あの…浮き輪で浮いたりとか」

浮き輪で浮くのも、
スイカを食べるのも、
うたたねするのも、
コドモにとっては仕事なのです。
トラ11


-- 海が好きなんだ?

しずく「今度、
    サイパパンパンに行くんで」


もしかして「グリーンダカラ」CMのロケ??
トラ12


-- サイパパンパン?

そーだよ、サイパパンパンだよ。
聞き返すんじゃないよっ!




トラ13


『シューイチ』の
片瀬那奈さんについて
聞いてみると…


トラ14




どうやら、
知ってるらしい。


トラ15







トラ16



しずくちゃんからのメッセージに、
スタジオの片瀬お姉さん、歓喜。



トラ17


最後はシューイチ・ポーズで。


モーニングバードのポーズも
やったし、残すは「ZIP!」か。






今年は、しずくちゃんのガオー・ポーズが来る!?
トラ6


















トラ18


あの美脚女優も
ガオー・ポーズ!?



トラ20




AKB最年長、さっそく
しずくちゃんに感化される!?




トラ19



もうすぐ卒業する
SKE48も
ガオー・ポーズ。







  1. 2013/01/20(日) 17:01:00|
  2. しずくちゃん

しずくちゃん、ネコになるの巻。

ねこ1

『志村どうぶつ園』にゲスト出演。

動物を乗せたカートを
押しながら、
しずくちゃん、登場。

ねこ2


本日は
「ネコ耳」付きなのであります。



ねこ3


志村「しずくちゃん。
  今日、耳
  これ、どうしたの?」



ねこ4



しずく「はえた」


ねこ5


“はえる”って、
志村園長の前では
禁句のような…www





ねこ6

志村園長の、
あの「踊り」を
披露することに。


ねこ7



しずく「ヘンな♪」



ねこ8



しずく「おーじさんっ♪」



ねこ9



しずく「ヘンな♪」



ねこ10



しずく「おーじさんっ♪」








ねこ11


志村「しずくちゃん、
   動物 見てみようか」




ねこ12


志村「いったい
   なんだろう?…」



ねこ13



しずく「ウサギだよ」


ねこ14



絶妙な間合いの
ネタばらしに
志村園長、苦笑い。


ねこ15



まだ、コドモなのだから。


ねこ16



籠の中身は
ウサギでした。


ねこ17





しずくちゃん、ご満悦。







  1. 2013/01/20(日) 17:00:00|
  2. しずくちゃん

[マツコ&有吉の怒り新党] 夏目ちゃん、あきれ返る編

ブラ1

「巷に氾濫する横文字」に対する怒りメール。

いつしか話題は
「ブラ付きタンクトップ」に・・・

ブラ2


「その上に
  サラッとシャツ着て
  颯爽と歩いてる…」


ブラ3


「あれは
  どういうつもりなの?」






ブラ32



 有吉が
 イメージしてるのは
←こんな感じ、かと。














ブラ4


「・・・・・」

「私に聞かれても」的な。

ブラ5


「言わばノーブラじゃない?」



ブラ6


「ブラ丸出しと
  解釈していいね?」



ブラ7


「ブラのタンクトップの
  心細さは、どうなってんだ!?と
  聞いてるんだ」


ブラ8

「あれはそもそも
  ブラジャーなしで
  着られるように
  開発されたんですよね」


ブラ9


「ノーブラでいたいっていう人、
  タンクトップの時に下着つけたくない
  って人が、購入してるわけだから」


ブラ10

「ノーブラに近い
  感覚なわけでしょ?」


「うん」

ブラ11


「じゃあ
  “ノーブラだな”って
  思えばいいんだ」


ブラ12


「ニップレスつけてタンクトップって
  エロいじゃない?
  それに近いエロさは
  持ってるって思った方がいいのよ」


ブラ13


「あー、エロい女なんだ」

「エロい女」

ブラトップの女=エロい女www
ブラ14


「そんな、違いますよ。

   間違ってます」


ブラ15


「ニップレスって…」


ブラ16



「もういいです!」

「いやいや、夏目ちゃん」

ブラ17



「ニップレスって、
  どれぐらい押さえつけて
  貼るもんなの?」

ブラ18




「……知らない…」

ブラ19


「どっか、押さえつけられてて…
  どっか自由がないな、って
  感じで 歩いてるの?」


「引っぱられる感じとかない?」
ブラ20




「・・・・・・」

ブラ21


「夏目ちゃん、マジメな話してるの」

「そう、とても科学的な話なのよ」


ブラ22


「…“横文字の乱用”どうしますか?」

無視して、怒りメールの
まとめに入る夏目ちゃんwww
目が笑ってない。
ブラ23


「怒っちゃった」

「怒ったわねぇ」

ブラ24


「・・・マジメにね。 お答えしま」


ブラ25



「擦れた感はないの?」


ブラ26



「もう!」

「ニップレスだって
  あれ、大きさあるでしょ?」

ブラ27



「もういい!」


ブラ28


「どのぐらいの
  ニップレス使ってるの?」



ブラ29

「もう!
 おじさんたち、
 ワルノリしすぎ!」

ブラ30


「アハハハハ」

「ワハハハハ」

ブラ31


「もう、いーです(−_−#)」






ブラ33
ちなみに
ブラトップは、
「災害時に重宝する物」の
ひとつなんだとか。

ブラ34ブラは細かくサイズが
分かれているため、
支給品のサイズが合わないことも。
けどブラトップは、
ざっくりしたサイズなので助かる、と。








妄想1
テーマは「啓発本」。

マツコは、あれを読むのは
「言わば、成功した時の自分を
妄想してるようなもの」と。

妄想2

昔、よく妄想に浸っていた時期が
あったというマツコ。中でも
「女子テニスプレーヤー妄想」が
お気に入りだった、と。

妄想3


「いっぺん
  引退しかけたんだけど、
  まだあきらめきれなくて」


妄想4


「もう1回、
  挑戦するんだけど…
  結局、ベスト8どまりだったかな、
  四大大会は」


妄想5

「それで
  グズグズな引退しちゃったんだよね。
  だから、なんであん時に
  スパッと引退できなかったか、と…
  今でも後悔してんの」

妄想6
有「でも、そこはさ、
  もう一回挑戦して…
  ベスト8だったけどさ、
  勇気づけられた人も
  いっぱい、いるだろうね」


妄想7


「挑戦することって大事だもんね」

「うん、そう」


妄想8

「スポーツニュースとか通じて、
  世の中の人に、なんらかの
  メッセージはできたって自負はある」



妄想9


「あたし、引退した時、
  非難とかもされたんだけど」



妄想10



「・・・・・・・・・」


妄想11

「ちゃんと報道ステーションと
  ニュース23は出たもん」


「うんうん」


妄想12



「・・・・・・・・」


妄想13

「古館さんと筑紫さんと対談して。
  思いは語らせてもらったから」


「いや、そうだと思うわ」

妄想14


「・・・・・・・・・・」


妄想15

「有吉さん、
  戻ってきてください…」


あんたが付き合ってどーすんだ、とwww

妄想16


「アハハハハハ」


妄想17


「(妄想とは)こういうことですよ。
  バカじゃないですか、あんた」



妄想18



「邪魔しないでくださいよ」






  1. 2013/01/19(土) 17:00:00|
  2. 夏目三久

[マツコ&有吉の怒り新党] 夏目ちゃんの無人島生活編

島1

無人島に、何か1つ
持っていくとしたら。



島2

有吉は「ナイフ」。

マツコは「何も持っていかない」。
1つ何かあったところで
知れている、と。
島3

夏目ちゃんが、まとめようとすると…

「待って、待って」


島4


「何、持っていくの?」



島5

「ええー」

「ほんとだよ、
  人にだけ聞いといて」


島6


「マジメバージョンだぞ、このやろー」



島7


「えー・・・・・」



島8


「ビキニかな?」



島9


「この期に及んで焼いちゃうか?
  誰も見てないんだから」



島10


「どうしよう…

    えー・・・・」


島11


「図鑑」


島12

「図鑑!?」

「ええー!?」
島14

「そこから知識を、ってこと?」

「何が食べられるか、
  食べられないか…
  あと、時間も潰せますし」


島15


「それ1ヶ月だったら、
  図鑑はすごく役立つと思う」



島16

「1ヶ月で知識を得て。
  そこからは自分で生き延びていって。
  植物を自分で育てても
  いいですし。栽培して」


島18



「村を作ろうとしてんの?(笑)」


島20



「建国?」

島21




「・・・・(うん)」

島22



「すごいな、こいつ、やっぱり…」


島23


「で、女王として君臨していくのね?
  流れついた民たちを家来にし(笑)」


夏目ちゃんの「卑弥呼様」化?www





  1. 2013/01/18(金) 17:00:00|
  2. 夏目三久

[マツコ&有吉の怒り新党] 夏目ちゃんの妹キャラ編

妹1

好きな男性から
「妹にしか見えない」と言われたのに、
ある日、キスされた…というメール。
オーソドックスな恋愛相談が。

妹2


「ここに送られてきた?
  
  ホントに?」


妹3


確かに
「怒り新党」らしからぬメール。


妹4


「ウソだろぉ?」

「ホント?」

妹5



「向き合いましょうよ。ね?」


妹6



「ティーンの
  ファッション誌でしょ、
  そんなの」

妹7
「いいじゃないの?」

「ん?」

「妹プレイが好きなのよ」

妹8


「そうやって
  騙し討ちするもんよ、男は」


「ありがちね」
妹9


「妹側の心の揺らぎを待ってる。

  “妹じゃイヤ!”って
  言ってくるのを 待ってるんですよ」

妹10



「プレイ、プレイ。

 より興奮するじゃない?」

妹11




「・・・・・(-_-)」

妹12




「“妹なんて言ってたのは
  ウソだ、ぜ( ̄ー ̄)”と」


妹13




「・・・・・・・」


妹14



「…間違いでしたね。
  このメール、ここに
  送ってきたのは」





妹15

「夏目ちゃんが
  オレらのこと
  どう思ってるかだよね」



妹16


「ボクらのことを
  お兄ちゃん、お姉ちゃんだ、と」



妹17


「いや、お兄ちゃんですよ」



妹18


「あ、そう?(笑)」

まんざらでもないwww

妹19

「お兄ちゃんと、
   お姉ちゃんですよ」


「あら(^-^)」

妹20

「・・・・・(//゚0゚//)」

完全にハートを掴まれた
マツコお姉ちゃんwww

妹21


「ちょっと、
  “お姉ちゃん”って
  言ってみて」


妹22



「おねーちゃん(o^o^o)」

妹23




「・・・・・・( ̄∇ ̄)」
妹24




「悪くない♥」

母性本能的なモノが
くすぐられちゃった感じ?
妹25

「あはははは」

「お姉ちゃん、悪くない。
  きれいな妹、ほしいね~」



妹26


夏目ちゃん、
見事な釣りっぷりwww

妹27

「“妹としか思えない”って、
  言いたいセリフ・トップ30に
  入ってるわよね」


イルカの曲に
「海岸通り」というのがありましてね。
妹28



「夏目ちゃん、どうなの?
  妹みたいだな、って言われるの?」


妹29




「・・・・・・」
妹30




「あたし、あんまり
   言われないですね」

妹31




「妹っぽくないもんね(笑)」

では「姉」っぽいかというと、そうでもなく。
ちなみに夏目ちゃんは、
三人兄弟の真ん中(姉・弟)



妹32

「(自分から)コクって、
   言われたセリフで
  なんか面白いのある?」



妹33


「…“タイミングが違う”とか」


妹34

「ツッコミみたい(笑)。

  “好きです” 
    “タイミングが違う”」


妹35

「“今、彼女がいる”
  とかじゃなくて。
  “いや、タイミングが違う”…(笑)」



妹36


要は、夏目ちゃんが
断られたってことかい?






  1. 2013/01/17(木) 17:00:00|
  2. 夏目三久

有吉、あの件を斬る。

「怒り新党」で、芸能人の
“評判形成”ブログについて語る。

有1

有吉 今回のあのオークションの話…
   オレは以前から戦ってたんだ。
  「お前らは、そんなことしてるだろ?」って。テレビで(言ってた)。

   そしたら(向こうは)
  「してません。やってません、そんなことは」
  「趣味でやってるだけです。ホントに紹介したいからです」

  ・・・・見てみろ、貰ってるじゃんか、金!
  一網打尽だよ!


マツコ しかも、あの「額」のショボさね。
    要はコマーシャル契約に近いわけじゃない?
    ビックリしちゃった。


有2




私のこのキャラ、浸透してるでしょ?
みたいな輩が嫌いという有吉。

有3

有吉 「20股してます」みたいな女とか。
   美人でさ、「20股かけてます、40股かけてます」とかだったら
  「さすがですね」と思うんだけどさ。
   中途半端なブスが20股してて
  「みんな私に夢中です」とか言って。そういうキャラ、
   バンバン押し出してくるとさ、「うるせーなぁ」と思うんですよね。

   どこまでホントかわかんないけど。
   ほぼウソだろうし。
  「そのキャラでお前、何年メシ食えると思ってんだ、
   早く消えてくんねーかな、テメェ」って思っちゃう。
   邪魔だわ。ムダな時間だわ。オレの何年あるか
   わからない芸能人生の中、お前と関わった30分、ムダだわ!っていう。

有4

   昔だったら、アイドルといったら かわいけりゃよかったけど、
   今「キャラ、乗せなきゃいけない」とか。
   事務所からも言われるだろうし、テレビ作ってる人も求めるだろうから。

  「キャラを作んなきゃ」とか思うから、もう、
   無理やりなキャラクターになってくるでしょ。かわいそうよ。
  「20股です」なんて隠す通すことが。


マツコ 誰が(そのキャラを)「よし」とするの?

有吉 炎上マーケティングじゃないけど
  「アイツ、イヤなヤツだよ!」っていうので(視聴者が)見たりとか。
   それで(テレビに)出れるから。短期間で稼がせようとしてるんだろう。


マツコ 永続的にやり続けるつもりはないのね。

有吉 絶対ないでしょ、そんなの。
   たぶん何年か後に言いますよ。「あれ、ウソだったんです」って。
  「キャラだったんです」「ホントは一筋なんです」・・・・
   (それに対し)「おおーっ」って…ならねーよ!




有5有吉がこれだけ“名指し”で叩くのは珍しい。
この子が有吉の番組に呼ばれることは、
もう、ないだろうなぁ…。

彼女が何を言っても腹が立たない。
ひたすら、痛々しいだけ。
キャラの捏造感が全面に出過ぎて、
有7ネットでも、これといって話題にならないし。

唯一、食いついてるのがテレビ局という、
おかしな現状。金持ちとデートしてる
映像とか流してたけど、ほとんどの視聴者は
「あー、仕込みかぁ」「どーでもいいわ、この子」
みたいな感じだと思う。
有6仮にホントだったとしても、
ウソっぽく見えてしまっている時点で
「負け」でしょうに。
長谷川理恵が、どんなに
物議を醸すことを言おうとも、
世間にスルーされる感じに近い。
有8自ら「私はかわいい」とか、今さら
道重さんのマネされてもなぁ…。
炎上狙いなのかもしれないが、
あれでは線香花火程度にしかなるまい。

で、誰かに似てる…と思ったら。アレだわ。
有9加山雄三の父ちゃん(上原謙)と再婚したおばさん。
いかんせん、顔が「今」っぽくないのがツライ。
だからこそ、事務所もイロモノとして
売り出してんだろう。
この子を見てると、つくづく「恋のから騒ぎ」
メンバーってのは、実に優秀だったなぁ、と。




「ブラマヨの 世界のコワ~イ女たち」にて
有11

西川史子が
「(キャラの)設定が甘い」と
斬って捨てる。
有12またソンミの、学生時代の
「金満エピソード」についても
「作り話」と一蹴。

ハンパなキャラ・タレントについては、
西川先生に任せておけば大丈夫。





  1. 2013/01/16(水) 18:00:00|
  2. テレビ

富士山は誰のもの。

富士1『月曜から夜ふかし』で
「山梨と静岡、
 富士山の表はどっち?」

というテーマが。地元の人に
インタビューしてみると、案の定
「こっちから見た富士山が表」と譲らず。
富士2
第三者である東京都民に
2つの写真を見せ
「どっちが表だと思う?」と
アンケートをとったところ、
同点というキレイな決着に。
富士3









富士4
そしてEテレ『日曜美術館』では
葛飾北斎の冨嶽三十六景は
「どこから見た風景か?」という特集が。

これがサイエンスミステリー
みたいで、すごい面白かった。
富士5
冨嶽三十六景を
描写したポイントがこれ。

実に様々な場所から
富士山を描いていたのがわかります。




富士6
北斎が描いた富士山の中で
最もポピュラーなのは
←「神奈川沖浪裏」でしょう。

北斎の動的な絵って「一瞬」を捉える
ところが凄い。よく、こんな静止画的な
描写ができるな、と。




富士7


「相州 箱根湖水」


富士8

こちらが現在のビューポイント。

当時の面影が感じられる景観です。






富士9

「東海道金谷ノ不二」
(静岡県島田市付近)

富士10

当時、東海道の難所と
されていた大井川。



富士11

旅人は、
人足に肩車されたり
籠で渡ったり。

富士12

当時は江戸の防衛上、
橋も渡し舟も禁じられており、
こうやって渡るしかなかった、と。






富士13
冨嶽三十六景の中で
いちばん富士から遠い場所は、
名古屋から見た「尾州不二見原」

桶屋職人が作業する、という大胆な構図。
富士14

桶の向こうにポツンと見える富士山。

では、本当に
富士山が見えたのか、というと…

富士15
地形データを正確に調べてみると、
実は名古屋からは富士山は
見えないことが判明。

では北斎の「尾州不二見原」の
富士山は何だったのか?というと…
富士16
南アルプス・聖岳の形状が似ており。

北斎はこれを
富士山と勘違いしたのか???







富士17冨嶽三十六景には、タイトルに
地名が入ってない作品もあり。
たとえば、この
「山下白雨」なんかが、そう。

上空は晴れてるのに、
下は雷が光っている、という斬新な描写。
富士18富士山を研究している田代先生によると、絵の特徴から「描写した場所」があらかた推測できる、と。

まず「山頂の形状」。
これから角度的には
南西から捉えたものであろう、と。
富士19
そして絵の左側には
低い御坂山地が見える。
これらの情報から、
静岡県富士宮方面(白糸の滝)付近から見たものであろう、と。
富士20
ただし平地からは、
左側の御坂山は見えない。

また雷を“上”から描いている
ことから、かなり高い場所からの
「視点」ではないか、と。
富士21
そこでコンピュータ上で、
標高2500mから捉えた画像に設定。

そして富士山の形状(フォルム)を、
北斎が描いたデフォルメに近づけ…。

富士22


「山下白雨」の絵と
コンピュータ画像を
重ねてみると・・・

富士23

ほぼ一致!

北斎は「上空から見たから
こんなふうに見える」というのを
想像で描いた、ということなのか…




富士24

冨嶽三十六景のうち18点は、
江戸から見た富士山なんです。


富士25
昔の地図や、
建物の資料をもとに
江戸城や当時の町並みを
コンピュータで
再現することに。

富士26

これによって、
当時の江戸から
どのくらい
富士山が見えたのか判明。

富士27

赤い部分が
地上から富士山が
見えた場所。

建物に視界を遮られている現代と違い、
当時の江戸の人たちにとって
富士山は かなり身近な
存在だったのでしょう。







富士28

「江都駿河町三井見世略図」

呉服店の間に富士山が。


これを実際のデータをもとに
再現すると…
富士29
←富士山と町並みは、こんなでした。

北斎が、かなりデフォルメして
景観を描いていたことがわかります。






富士30

こちらは「江戸日本橋」

河岸の向こうに江戸城、
そして左上に富士山。

富士31
←同じ位置での景観。
実際は、この角度からは
富士山は見えなかったのです。

もっと“左側”に振らないと、
富士山は見えません。
富士33

当時の日本橋から見る
本当の「富士山の景観」は、
←こんな感じでした。







富士35

山梨の
有名な逆さ富士。


富士34北斎が「逆さ富士」を描くとこんなふうに。
水面にズレて映ってるわけですよ。しかも夏山なのに、湖面の富士は雪化粧、と。北斎は「現実には見ることのできない世界を見せてくれるファンタジスタだったのかもなぁ」などと思うわけであります。







  1. 2013/01/14(月) 21:00:00|
  2. テレビ

笑う門には福来たる。

笑ってはいけない熱血教師24時。
笑い1


浜田のヅラ


笑い2









笑い3



子ゴリラ・浜田


笑い4









笑い6

浜田の
腹話術人形



笑い7



これ、欲っしぃわ~。





笑い5


マツコ・デラックスの「圧」






笑い9

お尋ね者の人相書を
掲げる蝶野・・・

笑い8




笑い10
人相書と
違う顔を作る
山崎邦正


これ、いちばん笑ったわ。





女性客 特有の「心無い声」を
オシャレに処理する柳原可奈子。

笑い11
「イロモネアSP」

柳原可奈子が登場すると
女性客が「かわいい~」と。


笑い12

柳原「なんか、
  ごめんね~。
  首から上、100点で」

笑い13

「そんなこと
思ってないくせに!」とか
言うのより気がきいてる。





笑い16
←ちなみに、これは
「いいとも」に出た時のカエラ。

この時も、わざとらしいほど
「カワイイー」の声が飛び交った。

笑い17

お前ら、
ホントに思ってるなら、
この髪にしてみろよ、と。





笑い14
柳原可奈子は、
いちど、ちゃんと
痩せさせてみたい。

化けるのか。
はたまた、そうでもないのか。
笑い15










そもそも「キンタロー。」
という芸名からしてムカつくわ~www

笑い20

前田敦子のモノマネで
一大旋風を巻き起こしている
キンタロー。

笑い21








笑い19

「有吉反省会」で
しっかりとツメ跡を残す。

笑い18

あ~! 何度見ても
憎たらしいわ~、この顔wwww






笑い25

そして
「細かすぎて伝わらない
 モノマネ選手権」で優勝。





笑い26が、しかし。上には上がいた!
新人・小林礼奈のモノマネが激似!
キンタローがデフォルメ型なのに対し、
このコはリアルなモノマネ。
これは凄かった。
前田あっさんと同じ太田プロなんで、
本人公認みたいなもの。
まね4









笑い27
キンタローは
「前田敦子モノマネ」ばかり
注目されてるけど、
大島優子のモノマネも笑った。
雑だけど、なんかジワジワ来る。
笑い28








ゆうこ
 キンタローには、
←これ、やってほしい。

ふざけてるメンバー(スタッフ?)に
キレる大島優子。

笑い29
それから、
地元(栃木)の凱旋公演で、
方言まじりで喋る大島優子とか。






笑い32あと、高橋みなみのモノマネも
やってほしい。けっこう
マネしやすいと思うんだがなぁ。

←総選挙の
「努力は必ず報われるー!」の場面。
笑い31

←「気合の入ってないメンバーに
  キレる総監督」も見たい。







笑い22
「有吉反省会」に出た
峯岸みなみそっくりさんの
八幡カオル。

こっちの顔も腹立つわ~www



笑い23これは以前、
フジの「モノマネ紅白」に出た
峯岸みなみ そっくりさん。

AKBのそっくりさんて
全般的にイラッとさせるよね。



笑い24
ニッチェ・江上も
自称・峯岸みなみの
そっくりさん。

基本、みんな
目が「ケロロ軍曹」系。





律儀に走り直すシェリー。
笑い33「黄金伝説」
無人島サバイバルで、
ローラと組んだシェリー。

初日の夜は、ラジオ収録のため
島を離れ。翌朝、戻ってきた。
笑い34


シェリー「ローラちゃん!」


笑い35

シェリー「今から行くからね!

  待っててね!」


笑い36
シェリー「私があの子を
 何とかしてあげないと。

 目をはなすと何するかわからない。
 1人にして大丈夫だったのか…
 とにかく心配です」

笑い37
帰りを待つローラの元へ。

シェリー「ローラちゃん!」


笑い38


スタッフ「シェリーさん」


笑い39

シェリー「?」

スタッフ「そっちじゃないです」

笑い40


シェリー「えっ?」


笑い41

シェリー「すいません…」


笑い42

シェリー「ローラちゃん!」

逆方向へ向かって
走り直すシェリーwww







  1. 2013/01/09(水) 19:15:00|
  2. テレビ

年賀状の「子供写真」問題。

年賀1『怒り新党 新春SP』で、
「子供だけの写真の年賀状」に
物申す投稿メールが。

有吉は「家族写真ならまだわかるが、
子供の写真見せられてもなぁ」と。
夏目ちゃんは「別に気にならない」と。
年賀2年賀状の絵ヅラの大半は、干支の
イラストか家族写真(子供写真)だと思う。
「子供写真」派の人って「ほら、ウチの子、
かわいいでしょ」というより、毎年いちいち、
年賀状の内容を考えるのが
めんどくさいからじゃないのかね。
年賀3今はPCで作るのが主流だから「親類向け」
「友人向け」「それ以外の人向け」とか、
デザインを使いわけてる人も多いだろう。

確かにね、縁遠い人からの「子供写真」だと、
思い入れないから「別に」って感じはする。
けど、だからといって腹は立たないが。



ここで、年賀状にまつわる、あるお話を。
    ↓

年賀4


「カレンの復興カレンダー」より。

年賀5

長男の野球の試合があり、
家族みんなで応援に行く
佐藤さん一家。

年賀6

長男は4番でチームの要。

試合で活躍し、勝利に貢献。

年賀7

見事、県大会出場の
切符を手にしました。

年賀26
こうしてみると、
ごく一般的な4人家族の
幸せな日常、って感じですが。

けど“フツー”ではない面もあり・・・
年賀11
それは
東日本大震災の被災者であること。

←これが佐藤さん一家の
 現在の住まい(仮設住宅)。
年賀13

家は津波に飲み込まれ。

←自宅があった跡地。
一切合切、流されてしまった。
年賀14震災は、新築の家に
引っ越した直後に起こり。

細部にこだわった
夢のマイホームでしたが。
ここに住んだのはたった4日間・・・
年賀12
家族で経営している
自動車修理工場も
津波に壊されてしまい。

家のローンだけが残ってしまった。
年賀15

今、暮らしている
仮設住宅の壁に、
あるものが飾られています。

年賀16

それは昔、友人に出した
「子供の写真」の年賀状。

年賀17
思い出の品を全て、津波に
流されてしまったわけで。

そのことを知った友人が
送り返してくれたのです。
年賀18

よもや、人に出した年賀状が
大事な思い出の品になろうとは、
思いもしなかったでしょう。

年賀19
ご主人は、震災前は仕事で忙しく。

娘さんに「同じ家に暮らしているのに、
最近パパに会っていないような気がする」
と言われたことも。
年賀20震災後、ご主人は「子供というのは
“日々、接すること”が大事」と
気づいたと言います。今は、
できるだけ子供たちとの時間を
とるようにしている、と。
津波に流された工場は、ようやく
再建しオープンすることができたそうです。
年賀27

自宅の跡地に行った際に
見つけたという 四つ葉のクローバー。






  1. 2013/01/08(火) 17:00:00|
  2. テレビ

しずくちゃん、アザラシになるの巻。

『おしゃれイズム』に「2012年の顔」として、
スギちゃん、吉田選手、銀さん娘・四姉妹と共に出演。

c1




上田「こういうとこ来て、
 緊張したりとかする?」






c2






しずく「するぅ…」





c3


上田「緊張した時は
   どうやって
   ほぐすの?」



4



しずく「こうやって…

   “人”って書いて」






5




しずく「食べる」

4歳にして
赤いマニキュアwww







c37
上田「大きくなったら、なんになるの?」

しずく「バイオリニスト。
   今日(バイオリン)
   持ってきたから…」



c38



…って、オモチャですやんwww



c39










c18


上田「知ってる?あの人」

しずく「うん。 スギちゃん」


c19



上田「どういうことやる?」



c20


しずく「ワイルロぜぇ~」

「ド」が言えてないしwww


c21

上田「このお兄さん、知ってる?」

しずく「ぶちょお」

上田「おーっ、知ってるの?」

c22
しずく「テレビで、
   ぶちょおとホタルが
   ゴロゴロしてたから」


今日は一緒にゴロゴロしたい、と。

c23


上田「じゃ、言ってごらんよ」

しずく「いっしょに
   ゴロゴロしましょうよぉー」



c24




ぶちょお「行くぞ!アホ宮!」


c25



しずく「・・・・・♥」



c26



せーの…



c27


ゴロ ゴロ ゴロ~



c28


ゴロ ゴロ ゴロ~

しずくちゃんファンの片瀬那奈は
このオンエア、見ただろうか。





c29
吉田選手がトーク中・・・

ピッ♪ ポッ♪

どこからか電子音が・・・

c30

音源は しずくちゃん。

オモチャのスマホを
イジっていたのでありました。

c31


上田「これちょっと
   下に置いといていい?」


しょーがないじゃん、退屈なんだよ。
まだコドモなのだから。






c32


上田「しずくちゃん、
  なんか怖いものある?」



c33



しずく「パパが怖い」



c34



上田「何した時に怒られる?」



c35


しずく「赤ちゃん(妹)に、

    ガムとか食べさせたり…」


ガム!?
c36


上田「それは やめとこ。ね?
   それはパパ、怒るわ(苦笑)」


しずくお姉ちゃんは「よかれ」と
思ってやったのを、おわかりいただきたい。






6


しずくちゃんは「筋トレ」が
好きということで
披露してもらうことに。

7

用意されたラグマットのとこへ。

上田「靴のままで
  (上がって)いいよ」



8

しずく「ちがう、
   クツ脱がないと」


上田「すみませんでした!」

ならぬものは ならぬのです!
9


うつぶせになる しずくちゃん。

上田「それで
   どうやってやるの?」


10




しずく「こうやって…」



c11


しずく「“んー”って」

「んーっ」て…なによ?www


c12



脚がピンッとなって
パタパタしとるwww


c13


上田「しずくちゃん、
  これはどこが
  鍛えられるの?」



14


しずく「足」

これは多分、いま通ってる
体操教室の運動ですね。

c17

ふくらはぎを
確かめると・・・

カッチカチやぞ、と。



15

あー、もうっ!!

どこのタテゴトアザラシですか!?






c16


←タテゴトアザラシさん(カナダ在住)





今年は、しずくちゃんのうつぶせポーズが来る!?
c40


関西の爆笑王が
しずくちゃんポーズ!?


c41


CM好感度No1のスギちゃん、
早くも 
しずくちゃんポーズを導入!?


c42


ロングブレスなんちゃらは、もう古い!
今年はしずくちゃんエクササイズ!?








  1. 2013/01/07(月) 00:00:00|
  2. しずくちゃん