ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

[怒り新党] 夏目ちゃんの ためいき編

ぬた1


オープニングで、
珍しい深海生物を紹介。


ぬた2

ヌタウナギ。

危険を感じると、
体からネバネバした粘液を出す。

ぬた3

水槽をかき混ぜて、
ヌタウナギから粘液を
出させてみよう、
ということになり…

ぬた4

生き物全般が苦手なマツコ。

完全に逃げ腰。


ぬた5

「夏目ちゃん…」

「いやいやいやいやいや!」

ものすごい拒否っぷりwww
ぬた6



「マツコさん、ほら、
  いつも こういうの、やられないから。
  今日は…」


ぬた7



「なんだ、この兄弟ゲンカは」みたいな。

ぬた8

「“いつもやられないから”って
  お前だってやってないだろ!」


「いやいやいや」

ぬた9


有吉も巻き込み
ジャンケンで決めることに。


ぬた10



夏目ちゃん、破れる。


ぬた11



「うわーっ…」


ぬた12


「はぁぁぁぁぁ…」

ものすごい溜息ww

ぬた13



「はぁぁ、って言うんじゃないよ、あんた」


ぬた14


館長「もっと下の方まで。大きく(かきまぜて)」

「はあぁぁぁ」


ぬた15


なかなか、思い切って
下まで手を入れられない。


ぬた16


「うわわわ…あああ」

「そんなイヤなの?」

ぬた17


かわりに
館長が手本を…


ぬた18

ぬたぁ~

想像以上のネバネバ!
スライムじゃん。
ぬた19



「うわー、こんなすごい」


ぬた20




「ウワーーッ!」ぬた21





ぬた22「オッパイに入れるシリコンといっしょ」





ヒアルロン酸に近い成分だそうです。

生き物の「機能」って凄いなぁ…





スポンサーサイト
  1. 2014/08/30(土) 20:00:00|
  2. 夏目三久

[あさチャン] 夏目ちゃんのしつこい編②

マツ夏1
ついにガラケーから
スマホに替えたマツコ。

いろんな人にメールを出してみたが
返事が返ってこない、と嘆く。

マツ夏2

「あさチャンをご覧の皆さん、
  おはようございます。
  マツコ・デラックスです」



マツ夏3


「あと、えー…
       夏目ちゃん………」



マツ夏4



「・・・・・・・・・・・・」


マツ夏5



「多くは語りません」


マツ夏6



「がんばってください」


マツ夏7



「毎朝、見てます」


マツ夏8

具体的なメッセージが無くとも通じ合うものが…

「・・・・・・・」



マツ夏9

山本「あの沈黙には
   どういうメッセージがあるんでしょうねぇ」


「多くは語りません。
        がんばります」

マツ夏10



「ホントに見てくださってるんですよ、毎朝」


マツ夏11

山本「マツコさん、何があったんですかね。
   返信もえらえないそうですよ」


「なんなんでしょうねぇ」

マツ夏12
山本「マツコさんの連絡先とか
    知ってるんですか?」


「一応、存じ上げてますけど。
   ほとんど連絡しないですよ」


マツ夏13



山本「まずは“しない”という?」


マツ夏14

「いえいえ…
   またまた、めんどくさいことを言う、
   そうじゃなくてですね」


山本「すいません、知りたくなっちゃって」

弟が姉にからむ的なww
マツ夏15


「マツコさんも
  “山本君ってホントめんどくさいね”って
   おっしゃってましたよ」


マツ夏16

山本「・・・・・(苦笑)」

「ンフフフ」

夏目ちゃんに「めんどくさい」と言わせるって、
なかなかのもんだと思いますよ。






山夏1


「金スマ」の企画で、
社交ダンスに取り組んでいる山本アナ。


山夏2
最高峰「A級」資格を
取るための大会に挑む。

それを今夜の
「金スマ」で放送しますよ、と。

山夏3
「A級って(競技人口の)1%なんですか?」

山本「そうなんです」

「ふだん、見られない
  山本さんの表情ですもんね」

山夏4



山本「ぜひご覧いただきたいと思います」


山夏5
「(A級)取れたのぉ?」

山本「・・・・」

「取れたのぉ?」
山夏6

「取れたのぉ?(^o^)」
夏目ちゃん、しつこいwww

山本「今夜9時からです!」






ちなみに…
山夏7

山本アナ&キンタロー・ペアは、
B級で上位入賞し、
A級参加資格をゲット。


山夏8
で、スタジオに「A級」のペアを呼び、
どんなモンか見せてもらうと…

もー、レベルが違いすぎ!
山本&キンタロー、ぼう然。

山夏9


この二人の若さに驚き。

男性16才。女性14才。




  1. 2014/08/29(金) 20:00:00|
  2. 夏目三久

[怒り新党] 夏目ちゃんのしつこい編①

ハム1
「どんなペットを飼いたいか」
という話になり。

マツコは
「手に収まるような小動物がいい」と。



ハム2

そんなマツコのために、
後日
小動物をご用意。


ハム4


「ハムスターです」

「ハムスターちゃん…」

ハム20
「マツコさん、
  お飼いになるなら
  “小さい、手の平に乗るような
  ものがいいな”と、
  おっしゃってましたよね」


ハム5


「それは、だから
  “おっきぃのがイヤだから”
  というのが付くわけですよ」


ハム3

「どうしても
  手の平に乗るものが飼いたい
  って、言ったわけではないのよ」



ハム6

「でも実際に
   ふれあっていただくと、
   お気持ちも
   変わるかもしれませんので」


ハム7

「この距離感で
   じゅうぶんです」



ハム8



「ほら、かわいい」


ハム9

「はい、どうぞ」


ハム11


「いや、いいです」

にじり寄る夏目ちゃんwww

ハム10
「お前、なに
 命令されてんだよ!
 誰から何
 言われてんだよ!」

ハム12
「“こんなのがいい”って言って」

「違う、違うのよ…。
  別にイヤじゃないんだけど。
  どうしても、さわりたいわけではないのよ」


ハム13

「やっぱり…命じゃん」

「命よ、うん」

「あたし以外の命は、
  あたしの家の中にいらないのよ。
  植物もいらないの」

ハム14

「あ、そう」

「責任取れないもん、あたし」

ハム15


「いや責任は
   生まれてくるんだよ」



ハム16

「女房ひとり見つけられないのに、
  何言ってんだよ!お前はよぉ!」


「アハハハ」

ハム17

「マツコさん、
  一回抱っこすればどうですか」



ハム18

「アンタもしつこいわね!
  ほんとに!」



ハム19


「ずーっとやってんだから(笑)」






  1. 2014/08/28(木) 20:00:00|
  2. 夏目三久

[怒り新党] 夏目ちゃんの相容れない編

ソース1

ネギとろ丼を
混ぜて食べる人への
怒りメール。


ソース2
そこから「天ぷらそば」の話になり。

2人とも、
「かき揚げ」と「そば」は
別々に食べている、と。

ソース3


「別々?」



ソース4

「半分ぐらい、
  そのまま食べて…

  残りの半分(おそばに)入れます」


ソース5

「お汁の中に最初から入れてない」

「入れてないです」

「あー、かき揚げを半分…」
ソース6


「お醤油とか
  おソースで、いただいて」



ソース7


「ちょっと待って、ええ?」


ソース8



「なんっつった? 今。

      もう一回言って」

ソース9




「半分くらい
    お醤油か おソース、かけます」


ソース10



「ええっ? なんつった?…

      醤油と、なっつった 今?」

ソース11




「おソース♥」

ソース12



「ソースぅ?」

ソース13




「……」(うん)

ソース14



「天ぷらそばの
 かき揚げに、ソースぅ?」

ソース15


「やっぱり、これは
       西の人の…(笑)」



ソース16


「・・・・」

関西の国の人だものww


ソース17


「西の人と
    東の人だから、やっぱり」






関西ではソースをドボドボと…
      ↓

関西23








ソース18
「あたし、
  天ぷらにソースかけて食べる、
  っていうのは
  全く否定するつもりないのよ」


ソース19

「ごはんと天ぷらで、
  おソースをかけて食べます、
  っていうのは別に、
  あっ、それはまぁ、いいんじゃない?
  って思うんだけど」

ソース20


「どうすんの?

  ちょっとソースが付着した かき揚げを
  そばに入れるぅ?」

ソース21



「いや、もう、そ…」

ソース22




「細かいことは
  気にならないです」

ソース23




「細かいことっていう話じゃないでしょ」

ソース24


「まぁ、微々たるもんでしょ」

「うっわー…あたし
  “混ぜる混ぜない問題”より
  ハードだわ、それ」

ソース25


「イカの天ぷらですとか、
  ちくわの天ぷらですとか…
  ありますよね、おうどん屋さんとかで」


ソース26


「えっ? ちょっと待って、
  大阪っておそば屋さんに
  (ソースが)あるってこと?」


ソース27




「えっ、東京でもありますよ」

ソース28

「うそぉ…」

「ある、っちゃあ、ある」


ソース31


有吉は、この二人が
一緒に食事するのは
無理だろう、と。

ソース32


「あたしは、たとえ
  アンタが目の前で、
  天ぷらそばのかき揚げに
  ソースをかけたとしても、
  それでアンタを嫌いにはならないよ」

ソース33




「いや、もう
  マツコさんの前では絶対かけません」


「アハハハハ」





ソース34

「立ち食いそば屋さんで、
   コロッケ頼んだことある?」



ソース35

「うん」

「食べるぅ!?」


ソース36


「ソースつけます、絶対」



ソース37


「違うのよ。
  あたし今、それでピーンときたの。
  コロッケあるんだから、
  そりゃソース置いてあるな、って思ったの」

ソース38




「ちょっと待って、
  今けっこう普通なのね?」


ソース39



「普通だと思うよ」


ソース40


「はぁ~~…

   あたしが悪かったんだ」


ソース41




「いえいえ、そんなことはありません」

ソース42


それでも「コロッケそば」は、
わからない、というマツコ。

衣がビチャビチャになるし、中身も崩れるし。
ソース43



「(そばに)乗せなくっても、
   別々でいただきたいな、って…」


トッピングではなく、おかず的な?
ソース44




「じゃ、別の日にコロッケ食えよ」


ソース45

「・・・・」

やっぱり、この二人は
一緒に食事すべきじゃないなww




ちなみに…
天麩羅1

こちらは
今年オープンした
日本橋の天ぷら専門店。

天麩羅2


これで980円!



天麩羅3

天ぷらには、
やっぱ「天つゆ」っしょ。



天麩羅4

このお店には
半熟タマゴの天ぷらが…



天麩羅5


これを、
ごはんの上でつぶして、
いただく、と。






  1. 2014/08/27(水) 20:00:00|
  2. 夏目三久

[怒り新党] 夏目ちゃんの「万能の民」編

万能1


コンプレックスの話題になり…


万能2


「あんたなんて、今
  “万能の民”のようになってるけど」



万能3



「なってませんよ…」


万能4


「万能の民なんですか」

「意外とそういうイメージになってきてない?」

万能5



「すげぇな(笑)」


万能6



「非の打ちどころのない女みたいに
  なってきてるじゃない?
  世間的には」

万能7





「やめてください…」
万能8




「すげーな、
  こっちはこっちで仏様みたいな(笑)」

万能9



「どうなの?

  万能の民にも欠点はあるでしょ?」

万能10






万能11「そうですね。はい」





万能12「じゃ、万能の民
   認めたってことだ、今の」





「そこに関しては
  全く否定しなかった…」

万能13


「いやいや、もちろん否定しますよ」


万能14「“お美しいー”って言われた時の
   黒木瞳さんみたいだったよね。
  なんにも否定しなかったね、今」






万能15「“ありがとうございますー”って
   言っちゃうタイプね」






「いやー…
  引っかかったんですか、あたし今。
万能16
  もー、ヤダ」




「引っかかったっていう言い方
  やめなさいよ!」

万能17





「万能の民なんだから」
万能18



「あさチャン」は開始当初に比べたら、
特集内容がマシになってきた。

一方「ZIP」はどんどん
薄っぺらくなってるような。



  1. 2014/08/26(火) 20:00:00|
  2. 夏目三久

[怒り新党] 夏目ちゃんの早起き編

早朝1
「4月になりまして…
  夏目さん、朝の番組
  やってらっしゃいますよ」


「どうですか、夏目さん」

早朝2


「なんとか毎日、
  2時に起きてやっております」



早朝3



マ&有「2時起き!?」
早朝4



「たとえば
  今日とか何してたの?
  (この番組の)収録まで」

早朝5




「10時前に局を出て…」

早朝6



「あの…モーニングを
  食べに行ったり、ですとかね」


早朝7




「優雅なもんですね、ホントに」

早朝8




「あんたさ、
      昼の帯もやっちゃえば?」

早朝9





「えっ?」
早朝10





「そしたら
  ちょうどいいじゃん、ねぇ」

早朝11



「そんな夏目ちゃんばっかり
  やらせるわけにはいかない、
  俺だってやりてぇし。

  枠ちょうだいよ」

早朝12



「そんなこと
  言い出していいんだったら、
  あたしだってやりたいわよ!」


早朝13


「そうだったんですか」

「なんか足りないもんない?番組に」

早朝14

「ちょっと太ったおばさんと、
  悪口言うような口の悪いおじさん」


「ねぇ」

早朝15




「同じになっちゃいますからね」

早朝16



「同じになりませんよぉ( ̄ー ̄)」

「ならない、ならない」

我々の腕を見くびるな、とww
早朝17


「アカデミックな一面
  見せちゃうから、あたし」


早朝18

「ワイプまかせてくださいよ」

斎藤先生いるし、
「有吉反省会」とゴッチャになるわなぁ。




  1. 2014/08/25(月) 20:00:00|
  2. 夏目三久

能年ワールドにお手上げ⑥ ~VSマツコ・デラックス(後)~

月曜24


「どう思います?こんな42才」


月曜25


「はっ? んん…」


月曜26


「思ったこと言っていいよ」


月曜27
「・・・・んんー…」

「もし言いにくかったら
  1回こっち経由してもらってもいいよ」

月曜28


「考えてるのよ、今!玲奈ちゃんは!」


月曜29
「せっかち!関西人」

「はいはい」

ノーネンちゃんも関西なんだがww
月曜30


「待ちます」


月曜31

「ゆっくりでいいのよ」

「ゆっくり ゆっくり」

月曜32


「んん…いやっ…でも…」


月曜33


「素敵だと思います」


月曜35

「けっこう考えたけど
       “素敵”なのね」


月曜34

尺を取った割には、
拍子抜けする答えだ、と。






月曜45
自分とノーネンちゃんの差を嘆くマツコ。

「同じ生物のはずなのに、
   どういうことだと思う?これ」


月曜46

「この差は
  どうして生まれたんだと思う?」


月曜47
「玲奈ちゃんなりに、どう思うか」

「なんでしょう…」

月曜48

「ちょっと
  ゆっくり考えてみよう」


月曜49

「ゆっくり考えて。
  ホントのこと言ってくれていいよ」


月曜50


「…話の…饒舌さ…  ですね」


月曜51

「ううん、
  それ答えになってない」


月曜52

「ごめんね」

ここまで明確に
ダメ出しされたのは初めてだと思う。
月曜53


「ちょっと違ったかな」


月曜54
「もう一回考えて」

「ゆっくり考えて。
  あせらないんでいいから」

月曜55

「どういうことが起きたら、
  この差が生まれちゃうんだと思う?」



月曜56

「ゆっくり」

「ゆっくり行こう」

月曜57


「・・・・・・・・・」


月曜58

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


月曜59


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


月曜60

「新しいテレビだね、これは」

20秒間、全くの無音www
月曜61
「でも確実に今、
  数字は上がってる気がする」


ここまでノーネンちゃんの
「無言」を泳がせた番組はないわ。
月曜62
「(絵が)持つねぇ」

「持つ」

「全然持つね」
月曜63
「あたしたち、なんだろう…

  玲奈ちゃんが3言いう間に、
      3200文字くらい喋ってる」







月曜64
スタジオに用意された巨大スイカ。

「持ってみる?」と言われ…

月曜65

「くっ…おお~」

使命感からか、
必死に持ち上げようとする。
月曜66

「大丈夫だよ、無理しないでいいよ」

このスイカ、22キロある、と。
そりゃ上がらんわ。
月曜67


実食タイム。


月曜68


「いただきます」


月曜69

  カプッ


月曜70

「うん♥…おいひいです」

「フハハハ」

月曜71
「なんだろう。
  普通、“うん、おいしいです”って
  言われたら
  “この野郎、もうちょっと気の利いたこと言え”
  って思うんだけど」

月曜72
「玲奈ちゃんが言うと
  許しちゃうのは何だろうね」


「全部許せる」







ノーネンちゃんの一発芸[フクロモモンガの顔]
ホット8


「志村どうぶつ園」に出演。


ホット9
フクロモモガの
「袋から顔をのぞかせた時の、
あざとい顔」が好きだ、と。

ホット10


その様子を自ら再現。


ホット11

動物がらみになると
イキイキする、というね…





撮られてることに気付いた
ノーネンちゃんのリアクション。

ホット1

映画『ホットロード』の
メイキング映像。

ホット2
メイキング撮影のカメラに向かって
ずっと何かしている鈴木亮平。

役に入り込んでいるノーネンちゃん、
全く気付かず。
ホット3

ようやく
異変に気付き…

ホット4

「ほら、撮ってるよ」と。


ホット5

「何かやったら?」的なことを
言われたらしく…

ホット6
ぱあぁ…

「チューリップが咲いた」的な感じで、
ふわっと手を広げるww
ホット7ちなみに。
鈴木亮平がノーネンちゃんに
「何か一発芸ないの?」と聞いたら
「ありますよ」と。
で、「じぇじぇじぇ」と言ったそうな。
ギャグだったのか?あれは。



  1. 2014/08/24(日) 20:00:00|
  2. あまちゃん

能年ワールドにお手上げ⑤ ~VSマツコ・デラックス(前)~

月曜
宣伝とはいえ、
ノーネンちゃんが「夜ふかし」に
出る日が来るとは…
月曜2


「どうですか、この巨大生物」


月曜3
「印象は?」

「はっ…」

月曜4


「すごい、素敵なドレスで…」


月曜5
「あの、姉さん、
  ドレスの向こう側
  見てあげてください」


月曜6


「・・・・・・・」


月曜7


「どうですか」


月曜8


「…すごく」


月曜9

「オーラが…感じられて…」

「・・・・(苦笑)」

月曜10
「半端な気持ちで
  お邪魔しちゃいけないなと
  気が引き締まりました」


宣伝で来たとはいえ、バラエティーなのだから、と。




月曜12
「よかったら、お茶でも」

「あっ」

「どうぞどうぞ」
月曜13
「ゆっくり行こう、もう、ね?」

そろぉ~・・・・

月曜14

ホントにゆっくり動いとるww

月曜15

「みんな見てるよ、あんた
       今お茶飲んでるの」


月曜16

ただフツーに
お茶を飲んでるだけなのにww

月曜17


「・・・・・」


月曜18
「はっ」

観覧席から
「カワイイー」の声が飛ぶ…

月曜19


「・・・・・・」


月曜20


そろぉ~・・・


月曜21

「ゆっくり戻したねー(笑)」

「ハハハハ」

月曜22


「独特ですよね」


月曜23
「独特って 一言では
  片づけられない何かが あるわ」


「持ってるわ、いろいろ」





月曜36

マツコと村上の
丁々発止が始まると…

月曜37

「私が一番ヨゴレです!」

月曜38
ノーネンちゃんの、この表情ww

今日いちばんの、目のキラキラ。
月曜39
たぶん
「本物のマツコさんだ!
生で見られてうれしー」みたいな
感じなんだと思う。
月曜40

口を開けっ放しにするのは
よしなさいwww

月曜41

「どう思います?
   この不毛な掛け合い」


月曜42


「この泥試合、どう思います?」


月曜43


「いや、素晴らしい仕合だと思います」


月曜44「ありがとうございます」

「ありがとうございます」

「改めてそう言われると恥ずかしいね」



  1. 2014/08/23(土) 20:00:00|
  2. あまちゃん

能年ワールドにお手上げ④ ~VS所ジョージ~

所1


「笑ってコラえて」にゲスト出演。

所2

「無人島に1つだけ
持っていけるとしたら」
の問いに対し、
ノーネンちゃんの回答は…

所3「ハンバーグ」

無人島についたら、
まずハンバーグを食べたい、と…
所4「無人島にさ、何か1個持っていっていいって
  言ったらハンバーグなの?
  ハンバーグ食べたらもう終わっちゃうじゃん」


「あっ、なんか、でも…」
所5

「無人島の動物と仲良くなって、
  教えてもらったり…」


所6

「無人島の動物と、
  どうやって仲良くなるの!?」


「どうぶつ達の森」じゃないんだから。
所7

「なんだ、こいつ(笑)」





  1. 2014/08/22(金) 20:00:00|
  2. あまちゃん

能年ワールドにお手上げ➂ ~VSしゃべくり007~

しゃべくり1
1年ぶりに「しゃべくり007」に出演。

上田「どうなの?
    相変わらず大声、家で出して
    ストレス解消してるの?」

しゃべくり2


「あっ、そうですね、でも…」


しゃべくり3


「・・・・・」


しゃべくり4


「・・・・・」


しゃべくり5


「・・・・・」


しゃべくり6

原田「どした?」

しゃべくり7


「・・・・・」


しゃべくり8


名倉「やってない?」


しゃべくり9

名倉「やってなかったら
   やってないで、いいよ」


しゃべくり10


有田「今、ストレス解消はどうしてんの?」


しゃべくり11


「今のストレス解消は…」


しゃべくり12


「なんだろう…」


しゃべくり13


「……」


しゃべくり14


有田「・・・・・」


しゃべくり15


「・・・・・」


しゃべくり16


「・・・・・」


しゃべくり17
有田「イヤ!もういいわ!」

ノーネンちゃんの沈黙攻撃に
誰も耐えられない。



  1. 2014/08/21(木) 20:00:00|
  2. あまちゃん

能年ワールドにお手上げ② ~VS嵐~

美大1
「嵐にしやがれ」のロケ。

ノーネンちゃん憧れの「美大」へ。

美大2
イスのギャラリーを見学。

個性的なデザインがたくさん。
美大3


相葉「どう? 能年ちゃん」


美大4


櫻井「気になるの、見た方がいいよ」


美大5


「・・・・・・」


美大6
ある物に興味が…

「・・・・・・」


美大7


「・・・・・・」


美大8


櫻井「これ、パソコン(苦笑)」


美大9


櫻井「イス見ようか、能年ちゃん」






美大10
絵画鑑賞について講義を受ける。

「ムンクの叫び」が
なぜクネクネしてるか、聞かれると…
美大11

櫻井「能年くん」

ノーネンちゃんにフッてみる。
美大12


能年「・・・・・・・」


美大13

能年「・・・・・・・」


美大14


能年「・・・・・・・」


美大15

先生、こらえきれず
話し出してしまうwww

美大16


櫻井「時間切れです」


美大17


講義を聞き終え…


美大18


櫻井「能年くん、何か質問ありますか?」


美大19


「・・・・・・・」


美大20


「あっ・・・・」


美大21


「えー・・・・」


美大22


「んー・・・・」


美大23


「・・・・・・・」


美大24
櫻井「時間切れです」

ノーネンちゃんの
「沈黙がまん比べ」は無双。



  1. 2014/08/20(水) 20:00:00|
  2. あまちゃん

能年ワールドにお手上げ① ~VSとんねるず~

能皆1
「食わず嫌い王」に初出演。

バッテラを食べた時の
エピソードを語る石橋。
能皆2
「おじさんも
  大好きだったんだけど。

  最近ね、ジンマシンが出ちゃって」


能皆4
「ブワーッて出ちゃって」

「はっ」

「それから食べてないの」
能皆3


「はっ……」


能皆5


「…お疲れ様です……」


能皆6
「ありがとうございます」

「お疲れ様」の使い方、間違ってるwww





能皆7

「芸能界で、
  同世代の友達とかいないの?」


能皆8
「…普段、 
    遊ぶ、友達は、
       あんまりいなですね」


能皆9

「あまちゃんのGMTの子たちと
  遊んだりしないの?」


能皆10
「あんまり…遊ばない。
  でも
  “お誕生日おめでとうメール”は
  来ました」

能皆11
「でも、
  遊ぼうということまでには
  発展しない?」


能皆12


「みんな…お忙しいです」


能皆13


「お忙しいか…」


能皆14「きっと」

「きっと?」

「はい」
能皆15


「・・・・・(苦笑)」


能皆16

「久々に難しい子だー」

能皆17

「おじさんも手が出ない」

石橋を もってしてでも
切り崩せない。




能皆19

罰ゲームで
「とんねるずのモノマネ」をやる、と。

能皆20

「木梨さんの、
  コントでやってらしたモノマネを…」


能皆21
「テクマクマヤコン、
  テクマクマヤコン、
   マッチになれー!」


能皆22

「マッッッチ!」

能皆23

「どぇーーす!」

能皆24

 シュタッ!


能皆25


「あんなの やったかな…」


能皆26
「次は
  『細かすぎて伝わらないモノマネ』で
  拝見した…」

能皆27
「“タカさんのモノマネ”の
  モノマネを
  やらせていただきます」


能皆28


「矢っ作の、あの番組さー」


能皆29

「矢っ作が、楽しそふだから、

    いいんじゃないかはぁ」


能皆30

なんだ、その
「達成感」なドヤ顔はwww

能皆31


「・・・・・」


能皆32
「木梨のモノマネ」は、32年前
「お笑いスター誕生」でやったネタだと判明。
そのVTR、どこで入手したんや。





  1. 2014/08/19(火) 20:00:00|
  2. あまちゃん

[怒り新党] お菓子AD奮闘記(16) ~はじめてのおつかい~

氷1

オープニングで、
いきなり
お菓子ちゃんの姿が…


氷2



「こらこら、本番始まってるぞ」


氷3


「見切れてんじゃん、お前。
  何をしてんだ」



氷4


「今日はお菓子ちゃんに、
  あることをしてもらおうと思いまして」



氷5
かき氷専門店が六本木にできた、と。

「そこで今日は、かき氷を
  お菓子ちゃんに、今から
  買ってきてもらおうと思います」


氷6



「パシリじゃねーか」


氷7

こうやって、わざわざ
お菓子ちゃんをテレビに出すのは、
視聴者から「お菓子ちゃんを見たい」
という声が多いんだと思う。

氷8


メニューを見て、
いくつかオーダーする二人。


氷9

かき氷が900円って…
原価考えたら、
いい利益になりそうな。


氷10


アボカド、有機にんじん、
抹茶などを選び…


氷13「じゃあ、よろしくお願いします」


「頼んだね」

夏「いってらっしゃーい」






氷14
そして、帰ってまいりました…

「あんなデカイの!?」

「でかっ」

氷15


「あー♥ ありがとうございまーす」

さっそく、実食タイム。

氷16

「あっ!すげぇ。氷、こんな、いいの?
  今まで食べてた氷の食感じゃないね」


「ねー」

氷17


「だって見て。ほらぁ」

スプーンで押すと、
綿菓子のように潰れてましう。
氷18

「なんだ、これ。
  すげー、うめぇじゃねーか!
  アボカドかどうかは知らねーけど、
  うめぇわ!」

氷19




「ニンジンも
  かなりおいしいですよ、これ」

氷20



「おいしい。
   口の中に入って
   フワーッて、とけていきます」

氷21




「うわっ、頭イタ…」

「えっ?」
氷22




「こんなこと、わかってんのに、
  忘れて 夢中で食ったわ」

氷23





「ンフフフ」
氷24





「ニンジンうめぇな」
氷25



「なんだろ…
  甘過ぎずだけど。
  ちゃんと甘いんだよね」

氷26




「かき氷というのを
   忘れてしまいますよね」


なんか、スムージー専門店が
「かき氷」で作ってみました的な感じが。





ちなみに…
氷12


どんなふうに
作られてるかというと…

氷27


[製氷]
2日かけ、ろ過しながら
凍らせ、純度の高い氷に。

氷28


マシンでスライス。


氷29


有機ニンジンを煮込んだシロップ
   +
マスカルポーネ

氷30


器から、
はみ出さんばかりだけど
崩れない、と。

氷31



なお、一番人気は
「ティラミス」だそうで。
氷11





冬場はどうすんですかね。
氷32





行列は2時間待ち…






  1. 2014/08/18(月) 20:00:00|
  2. マツコ・デラックス

憎めない人。

待てど暮らせど…。
安斎1
タモ「誰が言ったか知らないが、
   言われてみれば確かに聞こえる
   空耳アワーのお時間が
   やってまいりましたが…」



安斎2

タモ「お相手が
   まだ来ておりません…」


安斎さん!wwww
安斎3

タモ「ま、ちょいちょい、ありますけどね。

   (ロケ地が)ちょっと離れた所だと
   かなりの確率で(遅刻)」


安斎4
制作があきれて
台本2つ作ったことあったけどね。
「通常用」と「安斎不在用」。

にしても、大御所を
待たせるメンタルは凄い。




人でなしブルース。
蛭子1
「からくりTV」にて。

武井壮の兄は俳優志望で、
かつて
坂上忍の付き人をやっていた、と。

蛭子2

が、付き人時代に病気で亡くなり。

兄がお世話になった感謝を
述べたい、と。

蛭子5

しんみりとした空気を壊す、ある男が…

さんま「笑うたらアカン!」


蛭子10



陣内「なんで笑うねん!」


蛭子11

過去にも
「番組を潰されたことがある」という
さんま師匠。
感動VTRなのに、
蛭子さんだけ笑ってた、と。

蛭子6


陣内「なんで、あの人
   キャスティングしたんですか!!」



蛭子12

人が神妙な顔してると、
可笑しくてなってしまうという性癖。

蛭子さんは昔から、こう。

蛭子3

気を取り直し、
お礼の手紙を読み上げる
武井壮・・・


蛭子4

1度スイッチが入ると抑えられない。

この人、
葬式の時も、こんなだから。


蛭子7さんま「なんで笑うたん?ホンマに」


蛭子「この番組が笑いを求めてるのか、
    悲しさを求めているのか考えたら…」



蛭子8



蛭子「笑いを求めてる、って」


蛭子9


陣内「違う!違うわ!」







はじめてのバラエティー・ロケ。
沢1

「シューイチ」の
「おすすめスポット巡り」ロケに
沢尻エリカ登場。


沢2
片瀬那奈と“マブダチ”であるため、
実現した企画。「番宣」ナシ、と。

沢尻「毎週見てます。
    朝、ちゃんと那奈を確認して…」


沢4


沢尻「お休みなさい、って言って」

つまり「夜通し、飲んでらっしゃる」と。

沢9


2人は10年来の友人だそうで。

エリカ様、終始ご機嫌。




沢10
最近、かき氷専門店が増えた、という話題になり…

片瀬「“月曜から夜ふかし”でも、やってたよね?」

沢尻「うん」

「怒り新党」とごっちゃになってるな…
沢11



菅家「“夜ふかし”見るんですか?」


沢3

沢尻「唯一“夜ふかし”だけは
    毎週、録画してる」


「夜ふかし」担当アナの
菅家さんに会えてうれしい、と。




沢5


片瀬「エリカのママが
    “中山さんによろしく”と、
    おっしゃってました」


沢6


沢尻「中山さん。
    その節は大変失礼致しました」



沢7


沢尻「今後とも
     よろしくお願いします」



沢8

後にYoutubeで見たら、
自分でも引いた、と。

あの頃、新作映画PRの仕事を
160本も入れられてた。







ノーネンちゃんなりの気遣い。
rena1
映画「ホットロード」で
ノーネンちゃんの
母役だった木村佳乃。

『あまちゃん』のDVD-BOXをプレゼントされて、
すごいうれしかったのだが。
透明の包装の部分に
サインとメッセージが書かれていたため、
いまだ開封できずにいる、と。
rena2


木村「“中に書いてほしかったな”って
    言ったら、“アハッ”って」



rena3
能年「中(本体)に書くのは
    おこがましいかなと思って…」


あー… 気持ちはわかるわ。
あと、差し上げる物を「開封した状態」で
渡すのも、失礼な感じするし。
別紙で一筆、添えればよかったのにね。





気ィ強いけど、わるい子じゃないと思う。
咲1

映画PRのため
「ZIP!」にやってきた
佐藤健&武井咲。


咲2


エンディングで
ZIPポーズをやるのだが…


咲3


武井咲、
スタンバイ、早すぎ!wwww


咲4



ジワジワ来るわぁ~、
この人…


咲5




「あっ、早すぎだ!?」と
気付き、手を閉じてみるww



咲6



たまに、こういう
ドンくさい面、
見せてくれるんだよなぁ。







  1. 2014/08/08(金) 20:00:00|
  2. テレビ

2014夏のドラマ評 ~こういうの、ドラマでやれば?~

痛快アクションもの
14夏ド28「るろうに剣心」の
第1作の予告映像見た時
「あっ、これ、ドラマでやればいいじゃん」
って思ったんだよね。

あの殺陣は、理屈抜きでウケるっしょ。
これはNEOチャンバラだな、と。
14夏ド30ジャッキー・チェンの
カンフーアクションの痛快さに通じるものがある。

映画とドラマでは
予算が違うけど、あの殺陣は
お金がないとできない、ってことでもないじゃん。
作り手のアイディアとセンスの賜物。
14夏ド29
まぁ、テレビだと
斬る場面とかバイオレンスなとこは
いろいろ制約があると思うけど。







壁どん系少女マンガ
コミック2
少女マンガの映画化って、
すごい多いじゃん。
「ヒットした」という話は聞かないけど。

コミック10それでも
次から次へと映画化されていく。
てことは、
そういうのを好む「客層」が
安定して、いるってことなんじゃないの。

設定、似たり寄ったりだし。
コミック9
たいがい「学校イチのイケメンと、
地味で目立たない女の子」という組み合わせ。
読者は、この女の子に
自分を重ね合わせるんでしょう。

で、女の子が、メガネ取って
コミック3ちゃんとメイクしたら「これがあたしなの?…」
っていうぐらいキレイになる、みたいな。

カレ役は、背が高くて細身。
だけど脱ぐと筋肉質、ってのがお決まりのコース。

オレ様な態度で女の扱いは乱暴だけど、
コミック7でも、ところどころで
繊細な優しさを見せてくれて
胸キュンしちゃう、みたいな。

だいたい「壁どん」という言葉が生まれる
ずーっと昔から、
少女マンガの男子は「壁どん」系でしょ。
「絶対」ではなく「ぜってぇー」と言う感じ。
コミック8
恋愛シュミレーションゲームも、
ほぼ、そんなんでしょ?
ホスト崩れみたいのがニヒルに
「てめぇーはオレの女なんだよ」とか
言っときゃOKなんじゃね?
コミック6実際に、テレビドラマでやるとなったら…
提供スポンサーが望む「視聴者層」が
見てくれるかは…なんとも言えません。

まー、でも、少女マンガって、
途切れることなく、映画化されるよねー。
どれくらい利益になってるんだろう。
コミック4




コミック5




コミック1








  1. 2014/08/07(木) 20:00:00|
  2. ドラマ

2014夏のドラマ評 ~「若者」と「おやじ」~

「若者たち2014」
14夏ド33
「若者たち」は1966年のドラマ。
それを
現代で復刻させてみましたよ、と。

初回は12%台。
しかし、その後はずっと7%台。
若者3
キャストが豪華なんで1回目を
見てみたけど「なんだ、これ」って感じで
客が離れていったんだろうな、と。

「ガッカリ感想」で多いのは
「リアリティーがない」ってやつ。
若者14確かにね。
タイトルに「2014」と銘打ってる割には
「2014」感がないし。
「投資詐欺」みたいな要素を入れれば
「現代」感が出せるとでも思ったんだろうか。

「今の若者」の群像劇を
若者13描くつもりはないんだろうなぁ。
では、何を描きたいのかというと…
よくわかりません、
2話で見るのやめちゃったんで。

「討論」がポイントらしいんですけど、
今は直接対話よりLINEとかでのやりとりが主流だし。
若者2
シニア世代の監督に
「おまえら、熱くなれよ」と言われたところで、
若い衆は「はぁ…そうっスか」で終わりそうな。

茶の間で繰り広げるドタバタ劇は
「爆裂お父さん」的な感じを狙ってんだろうか。
若者1
このドラマを最初、見た時
感じたのは「兄弟に見えない」ってこと。

「ひとつ屋根の下」も兄弟の物語だったけど、
江口洋介はちゃんと「あんちゃん」に見えたし、
福山雅治も「ちぃにいちゃん」に見えた。
若者10
が、「若者たち2014」の妻夫木聡には
「長男」感が感じられないのよ。
せいぜい最年長の先輩、ってぐらいで。
なんか「佐藤家」って、「兄弟」というより
「サークルの合宿」みたいな印象なんだよなぁ。
若者5あと「そーいうの、どっかで見たんですけど」感が…。
      ↓
◎橋本愛の
 「相手を酔わせてヤッタことにし、中絶代を請求」。

◎看護師(満島ひかり)と医者(吉岡秀隆)の不倫。
 で、それが兄弟にバレた時の
若者6「だって好きになっちゃったんだもん!」というベタな台詞。

◎蒼井優の「今日は安全日だから」とウソをつき、
デキ婚に持ち込もうとする手口。

◎瑛太が騙した老人の
「冷たい態度の実子より、親身になってくれる他人」に
若者12お金を残そうとしたこと。


いろいろ“ぬるい”設定もあって。
妻夫木は、付き合ってる蒼井優が、
実はキャバクラに勤めてたことを知り、
ショックを受け。結婚をためらうんですよ。
若者11(※キャバクラ勤めは親の借金のため)

いや、今日日、
キャバ嬢ぐらいで、ためらうなよ、と。
妻夫木が、どっかの御曹司ならまだしも。
葛藤を描くんなら、そこは設定として、
キャバ嬢じゃなく風俗嬢だろ、と。
若者7
けどさ。
←今どき、こんなアッサリした
ヘアメイクのキャバ嬢っているか?ww

ドレスも全然、今っぽくないし。
若者8いちばん印象に残ったのは、
吉岡秀隆のクズッぷり。
妻夫木に、不倫のことを責められると
「お前には一生、この気持ちはわからない」とか言って、
いかに自分の仕事が過酷かを語りだすんだわww 
いや、見事にクズだわ、こいつ。
若者4考えてみたら、吉岡秀隆って
「北の国から」「三丁目の夕日」でもクズだった。
「ガキッぽいクズ」をやらせたら無双かもしれない。







「おやじの背中」
親父9「おやじの背中」は
初回は15.3%と好結果だったのに、
第2話は9.2%とガタ落ち。

第2話は「役所広司×満島ひかり」
という実力者コンビで
親父6脚本は「Mother」「最高の離婚」の
坂元裕二さんだったので、この数字はショックだった。

多分だけど…1話見て面白いと思った人は、
一応、2話も見たと思うんだよね。
ただ、見てるうちに「なんだ、これ」となって
チャンネルを変えた気がする。
14夏ド7
私ですら、途中で投げ出しそうになったもの。
これねぇ…「つまんない」
というより「スベッた」という感じ。
坂本さんの脚本だけど、
これは「やっちまったな…」と。



親父1第一話の
「圭さんと瞳子さん」は、よかったわー。
見てて「あれ?…これはどういうこと?…」
って感じになって。

田村正和と松たか子が、
親父8一軒家で二人暮らししてんだけど。
当然「父娘」だと思うじゃない?
そしたら、お互いを「さん」付けで呼ぶのよ。
言葉使いも丁寧だし。

「あれ? 年の差婚?…
いや、でもタイトルは“おやじの背中”だしなぁ」と。
親父2
田村正和に“いい人”が出来ると、
松たか子、嫉妬してるしさ。
「あっ? もしかしたらした、松たか子は
 亡くなった妻の“連れ子”なのか?
…いや、それでは“じんべえ”と同じじゃん」とか。
親父3そんな感じで
見てて、いろいろ推理しちゃうのよ。

2人の家は
普通の、木造の古い一軒家なんだけど。
「こういうとこに住みたい」と感じた人は
けっこう多いと思う。
親父4なんかね、家が
「丁寧に使われてきた」感があって。

何がオシャレって、コーヒー飲む時、
←家のすぐ前に流れる湧き水を
汲んで、それで淹れるのよ。
親父5「圭さんと瞳子さん」って
「小津安二郎」映画にインスパイアされたドラマだと思う。
「父と娘」という題材は「小津映画」の特徴だから。

小津映画の「晩春」を見た人ならわかると思うけど、
設定がよく似てる。
「婚期を逃した娘を気使う父」
「独り者になった父の侘しさ」…
親父7だからといって小津映画のモノマネではなく。
独立した作品として成立してる。
ファンタジーとして気持ちよく愉しめた。

毎回、脚本・出演者が異なるので
その評価は変わってくると思うけど。
親父10八木プロデューサーの「本気度」っていうか。
ドラマ作りに対する想いってのは、
すごい伝わってくる感じ。







  1. 2014/08/06(水) 20:00:00|
  2. ドラマ

2014夏のドラマ評 

2014夏ド37今の日本って、
全般的に「懐古」的な方向に
向かってる感じがする。

「新しい何か」を求めない、っていうか。
「今あるもので、おおむね満足」と。
歌にしても「懐メロで十分」みたいな。
14夏ド1
「最近の若者は欲がない」って
言われてるけどさ。それって
全世代に言えることなんじゃない?
40代~60代だって
「ほどほどでいい」と思ってるだろうに。
ただ、働けど働けど「ほどほどに
14夏ド2手が届かない」ってだけであってさ。

そんな時代背景を
反映してるのかどうかわかりませんが。
ドラマ業界も
レトロな路線に走っておるようです。
14夏ド3レトロと言っても「バブルへGO」な感じ。

「トレンディドラマ」時代を象徴する
ギバちゃん、陣内を主演に持ってきたり。
あと「柴門ふみ原作」ね。
14夏ド4中高年の視聴者層を
意識してんだろうけど、視聴率は散々。

←こういう“珠玉のラブストーリー”
と表現する感性が古い、っていうか。

さらに“その上”を行くのが
14夏ド34「若者たち2014」。
凄いよね、モノクロ時代のドラマを
引っ張りだしてくるんだから。
リメイクといっても、内容は
全然違うらしい。
タイトルの“2014”は要らないんじゃない?
14夏ド7「おやじの背中」は、
かつての「東芝日曜劇場」的な作り。
1話完結のオムニバス。
起用した脚本家の面々がレトロ。

その他は
「新規ドラマ」ではなく「続編」が多く。
2014夏ド36
「HERO」
「GTO」
「金田一少年の事件簿」
「信長のシェフ」
「匿名探偵」
14夏ド9
視聴率的には、ほとんどのドラマがボロボロ。
6、7%台。
これはドラマ離れじゃなく、
ただ単純に、つまんないせいでしょ。




「ST」
14夏ド22

視聴率は健闘してる。


日テレの
ゴールデンのドラマ枠は2本。
14夏ド25日テレは「ドラマ」というジャンルを
見限ってるんだと思う。
なのに視聴率最下位争いをしている
TBSとフジは
「ドラマ枠」を減らさないんだよなぁ。




「ペテロの葬列」
14夏ド14
「月曜ミステリー」枠は
毎シーズン、数字が取れないのに
継続してる、というのが不思議。





「東京スカーレット」
14夏ド13

このタイトルで
見る気になる人がいるのだろうか。





「あすなろ三三七拍子」
14夏ド20
なぜ、こういう題材で
ドラマを作ろうと思ったのだろう。

どのくらい数字が
取れると思っていたのだろう。




「ゼロの真実」
14夏ド11
主人公が一匹狼的なのは
「ドクターX」の影響だろうか。

武井咲は「お天気お姉さん」でも
似たようなキャラだった。
14夏ド16
こういう風変りなタイプ、
さんざん見てきたから
「またか…」という印象。





「家族狩り」
14夏ド27予告では面白そうだったのに…。

中途半端に
コミカル要素入れてるのがスベッてる。

尾崎の「I love you」に違和感。



「同窓生」
14夏ド5

「昔のドラマ」の再放送のよう。

今っぽさが感じられない。

14夏ド6

「柴門ふみ原作」ってのが
時代にマッチしてないような。





「HERO」
14夏ド17

数字は取ってるけど
「満足度」はどうなんだろう。


14夏ド19
どうしても
「前作」と比べちゃうよねー。

やっぱ、キャストがなぁ…






「昼顔」
昼2
刺激的な題材を選んだ割には、
「球を置きにいってる」っていうか。

これでは昼ドラを、
夜の時間帯で流してるようなもの。
昼4「いかにも」なキャスティングも、どうかなぁと。
吉瀬美智子とか
いかにも「有閑マダム」って感じじゃん。
高畑淳子も、いかにも「口うるさい姑」。
斎藤工なんて「間男」役は3度目よ。

そんな「いかにも」な配役の中で、
昼1まったくハマらない上戸彩。
「31才・パート勤め・平凡な主婦」…
に見えない、というね。
姑に「色気がない」って言われるんだけど、
それは無理があり過ぎww
あんな人、スーパーにおったら
「美人すぎるレジ打ち」とか言って評判になるだろ。
昼6
あと、不倫にハマッていく理由が“ぬるい”。
「夫にないがしろにされている」「仮面の夫婦」
「夫が浮気してる」…という背景だもの。
“不倫に走る大義名分”があったら、
従来のドラマの「不倫妻」と同じ。
昼5これでは「夫がちゃんと愛情を注ぎ、
家庭を大切にしていれば、
妻は浮気なんてしない」と言ってるようなもの。
「それでも浮気する女」を描くのが
“今”的なんじゃないの。

最近、「托卵」で最高裁まで
昼3揉めた騒動ってあったじゃない。
不倫相手の子供を産んだ件。
あと、矢口の「間男連れ込み」とかさ。

現実にそういうことが起こってるのに。
ドラマがそれより、ぬるくてどーすんだ、と。


  1. 2014/08/05(火) 20:00:00|
  2. ドラマ

◯◯世代には わかるまい(後)

なぜか多い「プロレスたとえ」。
世代42
たとえ話でプロレスラーや
格闘技選手を持ち出すことが多い有吉。

「好きだから」ってのもあるんだろうけど、
引き合いに出される人が
ことごとく「昭和」テイストの人。
世代43
あまり古い人出しても
マニアックな感じにしか、ならないからなぁ。
画面下に「その人の写真」
入れたところで「誰?」ってなるし。

昔のプロレスラーや格闘家には、
世代44個性的な人がいっぱい、いたんだけどね。


←大島優子が「赤パン一丁で
楽屋をウロウロ」というのを聞いて、
松本が「キラー・カーンみたい」と。
世代41
←昔話の「金太郎」の話になり、
「大木金太郎」を持ち出してきた
精神科医・香山リカ。
さすが50代。




出演者の昭和度がよくわかる「笑ってコラえて」。
世代58
「笑ってコラえて」のゲストクイズ。

「○○について、どう思う?」と
「街の人」に聞き、それをヒントに
ゲストを当てる、と。
世代59で、「とっさ」に答えるコーナーだから、
パネラーの昭和度がモロに出るんだよね。

←「口ではババア、ジジイと言うけど
優しい」というヒントを聞き
「毒蝮三太夫」と答えた矢作。
世代56



←「異星人みたい」というヒントに
思わず「矢追純一」と答えたマツコ。
世代57「笑コラ」が、
矢追純一をゲストで呼ばんだろww

けど、このコーナーって、
つい“目の前”のヒントに
食いついちゃうんだよねー。



ジェーン・シェパード
世代49
「ミランダ・カー」の写真を見て
「ジェーン・シェパードさんに似てる」と
言ったマツコ。



    
     ↓
世代51
ジェーン・シェパードは千昌夫の前妻。

・・・いや、待てよ。
千昌夫を知らない人って
けっこう、いそう。
テレビにめったに出ないし。

世代52
シェパードさんは
「新婚さん、いらっしゃい」の司会を
つとめたことも(※山瀬まみのポジション)。





クイック・クエンチ
クイック
昔のガムの話になり
「クイック・クエンチって、あったよねー」と
盛り上がる。
あと「コーヒー」味のガム。
世代54
この2つは、ロッテの
「懐かしいガム総選挙」で
1位、2位に輝いている。
世代55こちらは復刻版。
クイック・クエンチは、
「喉の渇きを潤すスポーツ向けガム」
…という売り方だった。

「運動中に水を飲むとバテる」と
言われていた時代。




横山やすし
世代60

枝豆を試食する、ということで
ビールが用意され。

世代61

マツコ「こんな堂々と飲みながらは、
    横山やすしさん以来ね」





   ↓
世代62
酔っぱらった状態で
スタジオ入りしたこともあった、
という横山やすし。

亡くなってもう18年になるのか。
享年51って…
世代63イメージ的には60ぐらいだったんだけど。


面白かったなぁ、「TVスクランブル」。
ムチャクチャな人だったけど
人間臭かった。





村西とおる
世代64
「月曜から夜ふかし」に
出ててビックリ。

アダルトビデオ創生期を盛り上げたAV監督。
今、何やってるんだろう。
世代65
村上が
「村西監督」「黒木香」を知らないので、
ジェネレーションギャップを感じるマツコ。






モーニング娘(初期)
世代66

度々、「世代の差」を痛感するマツコ。
世代67

「モーニング娘が
   デビューした頃とか記憶ないんだ?」


世代68
スタジオ観覧席の
女性は20代前半が多く。

モー娘は
1997年デビューだから知らなくて当然。
世代69
そのうち
「え? 前田敦子ってAKBだったの!?」
と言われる時代が来るのか。




  1. 2014/08/04(月) 20:00:00|
  2. トレンド

◯◯世代には わかるまい(前)

世代8「若者がテレビを見ない」と言われてるけど。
逆に、テレビ側の「若者離れ」が加速してるような。

「スマホっ子」世代を振り向かせるのより、
中高年以上をターゲットにしたほうが
手っ取り早い、っていうか。
世代1TBSとか「シニア・チャンネル」化してるし。

若年層を切り捨てる背景には、
「人口の少なさ」も関係してそう。
あと、企業にしてみたら、今の若年層は
“消費者としての魅力”に乏しいのでは。
世代2お金のある
「アラサー、アラフォーのシングル女性」を
ターゲットにしたほうが商売になる、みたいな。

バラエティーに出るタレントたちも、
「たとえ話」する際、
ことごとく“昭和ネタ”なんだよね。
世代4あれ見るたび
「今のネタ、わかる視聴者はどれくらい、
いるんだろう?」って。ヘンな心配しちゃう。
「視聴者、置き去りにしてない?」と。

「たとえツッコミ」というのは
「○○かよっ!」というパターンが多く。
世代3で、この「○○」に入るのは
“万人”が知っているであろうモノ。

平成以降にも、
「全国的に流行ったモノ」はあると思うんだけど。
なぜか「たとえツッコミ」では、あまり使われない。
世代9テレビCMに使われるアニメもさ。
ことごとく「昭和の産物」じゃん。

平成のアニメでも、
ポケモン、コナン、エヴァ、ワンピース…とか
ヒットしたのは、いろいろあるけれど。
世代10そういうのが「たとえツッコミ」のネタとして
使われないのは、
テレビタレントがオッサンだらけ、だからなのか…。

で、若年層が昭和ネタに
まるっきり、ついていけないか?…
といったら、そうでもなく。
世代5
←こちらの高月彩良(16)は、
憧れの人は「山口百恵」って言うし。
今は、DVDやYoutubeで
「昔の人」を知る術があるからなぁ。

ジェネレーションギャップが
世代11混沌とし過ぎてる、っていうか。

作り手も、
どこに照準絞っていいのやら…と
戸惑ってそう。





伊丹十三
世代24
アジアン・テイストの衣装を
着た友近を見て、松本が
「これを着こなせるのは、
友近か伊丹十三」
と評し。
世代25
確かに、言われてみれば、
伊丹十三って、
こんな柄のシャツを着てたような。




        ↓
世代26
伊丹十三=日本の映画監督。

17年前に亡くなってるので、
若年層がどれくらい知ってるのか…。

妻は「宮本信子」。




植村直己
世代27




ココリコ・田中の
「攻めてます」という発言に
世代28「冒険家・植村直己さんになりましたか?」
と返した友近。

“攻める”という言葉に対し
“冒険家”で反応したのだが、
これは かなりわかりにくい例え。


     ↓
世代29
日本人で初めて
エベレスト登頂に成功するなど、
数多くの実績を残した冒険家。

84年、登山中に遭難し亡くなる。




ウーマンリブ
世代46
「ドリームマッチ」で
唯一の女性参加者だった友近。

意気込みを聞かれ
「ウーマンリブ・パワーでがんばります」と。
世代47
すると、松本が「昭和の言い回しやな…」
と言い。

世代48
ウーマンリブ→70年代に起きた「女性解放運動」。

今で言うところの「ジェンダー」か。






Gメン75
世代12
ナイナイの番組「Gメン99」のタイトルは、
ドラマ「Gメン75」が元ネタ。

“捜査バラエティー”というコンセプトから
「Gメン」というワードにつながった。


        ↓
gメン
約40年前のドラマだが、
度々、パロディーに使われることで
生かされ続けてる感じ。

7年続いたドラマ、って…
今じゃ考えられない。






恥ずかしながら帰って参りました
横井
たけし軍団の中に、昔
「日本兵」という芸名の弟子がいた、と。

「恥ずかしながら帰って参りました」
というのがキメ台詞だ、と。


        ↓
世代16これは、
終戦を知らず、長年ジャングルで
サバイバル生活を送っていた日本兵・
横井庄一さんの言葉。
帰国時の第一声が「恥ずかしいけれども、
帰って参りました」だった。




いまのキミはピカピカに光って
世代17
「ぴったんこカンカン」のゲストに宮崎美子。

「たいめいけん」の三代目が
若い頃、ファンでした、と。
世代18
本人の前で、
当時、流行ったCMソング
「いまのキミはピカピカに光って」を歌い。




        ↓
世代19
←そのCMがこちら。
木陰で水着になる姿が話題に。

「シャッターチャンスを逃さない」的なCM。
当時のカメラのCMは、
こういうのが多かった気がする。
世代20けど、これ、
今だと、あきらかに盗撮だよね。

当時の宮崎美子って、
今で言う「ぽちゃドル」に該当するんだろうか。
志村けんが、このCMの
パロディーをやったのも話題になった。




チョメチョメ
世代21「ナニコレ珍百景」にて。

お店の看板に「チョメチョメ」という
言葉を使ったご主人。
「何か人目を引く言葉を…」と考えて
思いついた、と。
世代22「チョメチョメ」は、
クイズ番組での伏字「××」を擬音化したもの。
司会の山城新伍が使ったことで一般化。
今で言う
「レッツ、ホニャララ」の「ホニャララ」に相当。
また「エッチする」という意味でも使われた。




寺内貫太郎とエマニエル坊や
世代33
ダウンタウンの
「絶対笑ってはいけない…」の
仕掛け人として出演したマツコ。

世代34
「寺内貫太郎」「エマニエル坊や」に
なりきってみせたが、
あまりにも昭和すぎるネタ。






指圧の心は母心
世代39


「ぐるナイ」にて。


世代40

なぜか、流れに関係なく
「指圧の心は母心」
と言った岡村。



     ↓
指圧
指圧師・浪越徳治郎の
座右の銘。




  1. 2014/08/02(土) 20:00:00|
  2. トレンド

あの番組がダメなワケ。

バイ1視聴率が散々で、
酷評されまくりの「バイキング」。

最初は曜日ごとに
「テーマ」を分けてたけど。
ものの2、3カ月でそのフォーマット、
崩れてるし。
バイ3今は「出たとこ勝負」みたいな内容じゃん。
羅針盤のない船でどこ行くねん、と。

作り手も自信ないもんだから
「とりあえずいろんな要素ブチ込め」
みたいな。
そのうちどれかが当たるだろ、と。
バイ2
結果、どのコーナーも中途半端。
「お昼のバラエティー番組」としての
体裁ばかり気にしてる感じ。
短命に終わった「知りたがり」の
ダメさに通ずるものがある。
ばい5亀山社長は「長い目で…」と言ってるけどさ。
いや、社長から見て、
面白いですか?この番組、と。
フジの社内でも「ダメだ、こりゃー」
って空気、広がってると思うんだけど。




検索ランキングのインチキ。
バイ18このランキングが“リアル”じゃないのは、
たいがいの人は承知してるでしょう。
本当の「急上昇ワード」とは別に
番組で取り上げるためにねじ込んだ
“ワード”が入っている。
まぁ、この番組でいう「急上昇」とは、
映画のCMの「大ヒット公開中」みたいなものか。


ばい1
←番宣で吹石一恵が出るため、
ランキングに「吹石一恵」をねじ込む。

「ブラトップで話題に」…という、強引さ。
ばい2ブラトップのCMがオンエアされ、
1カ月以上経って急上昇とは、
これ如何に。

ご本人も苦笑い?




ばい16
「レンタル彼女」が急上昇ワードに。

けど、実際に話題になったのは、
けっこう前なんだよなー。
ばい14
実際に「レンタル彼女」をやってる女性を呼び。

それがどんなものなのか
いろいろ聞くんだけど。こういうのは
「出演者の多い生放送トーク」に向かない。
ばい15トークがグダグダで「レンタル彼女」の実態が
よくわからずじまい。

「バイキング」は総じて
「取り上げるモノ」の紹介が中途半端。



ちなみにこちらは「有吉ジャポン」が昨年放送した「レンタル彼女」密着取材。
      ↓
ばい17

最初、スタジオは
「彼女をレンタル? なんだ、それ」
みたいな雰囲気だった。
ばい18実際のデートの様子を紹介し。

で、VTRを見終わった後は
「こういうのならアリかも」という捉え方に。

「女性に不慣れな男性が、
女性と接する練習」みたいな感じだったんで。
ばい9レンタル彼女の人は、
「デート教習の教官」的っていうか。








他人のフンドシで相撲を取る。
バイ19

「国防男子」が急上昇ワードに。

確かに「急上昇ワード」なんだけど…。

なんで検索ランキングに入ってきたかというと、
バイ20前日の
←テレ朝「グッドモーニング」で
特集したからなんだよね。

他局の情報番組が掘り起こしたモノに
何の工夫もなく乗っかるのは、いかがなものか、と。




そろそろ出演者の見直しを。
ばい12

エグザイルの子が
MCとして機能しないため、
←小藪が進行役をつとめることも。

ビッグダディとか、あきらかに
ばい13使えないし。









どこにニーズがあるのか。
バイ12
小林麻耶の花嫁修業コーナー。
おそらく“炎上”狙いで始めたんだろうけど、
叩かれたのは最初だけ。

今はどんなにダメッぷりを見せても
見向きもされない。
バイ13
やってることがイチイチ、わざとらしい。

「チューボーですよ」あれだけやっといて、
こんなに手際、悪いわけねーじゃん、と。



だいたい「からくりTV」でやってた「田中みな実」の模倣だしなぁ…
    「からくりTV」             「バイキング」
     ↓                      ↓

バイ14
バイ15
バイ16



これまた、どこかで見たような…。
ばい6


江角マキコ担当の新コーナー。


ばい7
全国的には知名度ないけど、
その地方ではポピュラーな調味料を
紹介する、と。

うに

どう見ても
「秘密のケンミンSHOW」です。







「仕込み」感がハンパない。
ばい3

「相談コーナー」の出演者が
ヤラセっぽくてねぇ…


ばい4「仕込み」じゃないにしても、
ただ単に「テレビに出たい人」でしょ。

だいたい、本当に“相談”したい人は、
こんな番組に応募しないわな。
コーナーの時間短いし、解決する気もないし。
ばい10
電話相談のコーナーは、
さらに「仕込み」臭が漂う。

「妻が浮気してる」とか
「明日、現場に踏み込むつもりです」とかww
ばい19放送作家はどこの「まとめサイト」を
参考にしたんだよ、と。

出演者が各々、
好き勝手に発言するんで
トークが前に進まないし。
ばい20で、芸人系タレントは
「何か笑いにつなげないと」…
という意識があるのか、流れを考えずに
話の腰を折るようなこと言うし。





  1. 2014/08/01(金) 20:00:00|
  2. テレビ