ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

「明日ママ」に思うこと(6) [三上博史というフィルター]

三上8
このドラマを肯定的に捉えてる人たちは、
「過激とされた第一話」について
「それほどヒドいと感じなかった」という。
それって、
三上博史が演じてるのが関係してそう。
三上2三上演じる施設長・佐々木は、
子供たちから「魔王」と呼ばれており。

“杖をついている”というのは、
演出意図として「絶対君主」的な
雰囲気を出したかったのだろう。
三上7コツ、コツ…という杖の音が聞こえると、
それは「魔王」がやってくる、という緊張感…。

が、しかし、だ。
それでも、この施設長には威厳が感じられない。
「魔王」と呼ばれてる割には「魔王」感がない。
三上4「イナセなあんちゃん」ぐらいの感じ。
実際、子供たち、たいしてビビッてないし。

魔王は、辛辣な言葉を
子供たちに浴びせるが、その裏にあるのは
「社会で生き抜くためのしたたかさ、我慢強さを
身につけさせたい」という想い。
三上6
その「真意」が透けて見えるから、肯定派は
「ヒドい」とは感じないのでしょう。

魔王は、威圧的な態度を取りながらも、
なんだかんだ言って大目に見てるし。
三上5
否定派も、本当はそこらへんは
感じ取ってるんだと思う。
けど「だからといって、子供を
ペット呼ばわりしていいわけではない」と。

思えば三上博史という人は、これまでも
三上1「生活感のないキャラ」が多かったように思う。
また、プライベートを見せるタイプではないし、
バラエティー番組にも出ない。
そんなバックボーンが、
物語の「架空」感にフィットしてる気がした。
あと「若い」よね。だって51才だよ、アレで。
mam13もし、他の役者が施設長を演じていたら…
魔王が本当に「魔王」的に見えて、
生々しくなりすぎたと思う。
そう考えると、この人は案外、
唯一無二のタイプなのかもしれないなぁ、と。






~魔王の優雅な一日~
mam1[朝]
子供たちと朝食。

朝礼的な感じで「何か芸を
してみせろ」など独特の訓示をたれる。


  ↓
mam3

児童相談所の水沢から
里親候補の裏情報を貰う。




  ↓
mam4[昼]
弁当屋の前で
長時間、路上駐車。

ここで元妻が働いており、
監視しするのがライフワーク。


   ↓
mam6

たまに
里親候補との面談。




  ↓
mam5

昼風呂。





  ↓
mam2
[夜]

子供たちと夕食。






魔王のムチャクチャなところ① [家事の類ができない]
mam8

料理担当のロッカーが
不在の時、仕方なく
魔王が朝食を作ることに。

mam9
これまで料理なんて、ほとんど
やったことないのがよくわかる展開に。



mam20掃除・洗濯は子供たちの担当。
魔王は足が悪いので、無理。

だいたい、女性職員が一人も
いない施設ってないんじゃないの。




魔王のムチャクチャなところ② [妻とは離婚したのに亭主ヅラ]
mam7
元妻と仲良くなった男性に
「俺は亭主だ!」
「あの女に近寄るな!」と詰め寄る。





魔王のムチャクチャなところ➂ [施設運営の目的]
mam11人の煩悩の数(108)だけ、
養子縁組、達成するのが目標。
それが出来たら
「別れた妻とやり直せる」と思い込んでいる。

その考え自体、煩悩では?…




魔王のムチャクチャなところ④ [子供たちのために犠牲になれと恫喝]
mam10
結婚が決まった水沢が
「児童相談所を辞めて専業主婦になる」
と言うと、魔王は激怒&困惑。

mam12「子供たちはどうなる!
自分さえよければいいのか!」と
無茶苦茶な理屈を並べる。






魔王のムチャクチャなところ⑤ [元妻にフラれて、ポストを養子に]
mam16
ポストの養子縁組の話が
まとまりかけたが、
最後の最後になって
魔王がブチ壊してしまう。
mam17
魔王曰く
「お前がいなくなると俺が寂しい」と。
で、自分の養子にする。

なんじゃ、そりゃ。



スポンサーサイト
  1. 2014/04/15(火) 20:00:00|
  2. ドラマ