ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

あの時の あの顔⑤

物申す時の顔。
アフレコ1

アニメの吹き替えを
やった時のしずくちゃん。



アフレコ2

スタジオで
ブースを見ていると、
隣の人(ディレクター?)に
何か言われて、
見上げるのですが…


アフレコ3


いきさつはわからないけど、
しずく先生、
猛抗議しておりますwww



アフレコ4




←案の定、死にそうになる
片瀬のお姉さん。



アフレコ5





アフレコ6











ちなみに…
アフレコ7
キャンペーンで動物園を訪れた時…

しずく「おーい!」

象の背中って、かなり高いけど平気なんだ。
フツー、怖がるよね。
アフレコ8

動物たちに招待状を。

しずく「カンガルーさん、
    今日来てくださいっ」


アフレコ9


しずく「カメさん、今日
     来てくれますように!」



アフレコ10

志村どうぶつ園の
「動物と話せるバアさん」のことは、
1秒たりとも信じたことはないが、
しずくちゃんは話せる気がする。






集中してる時の顔。
顔30

「プレッシャーバトル」の
「漢字の書き順」対決。

高梨臨がチャレンジ。

顔31


凛とした佇まいが美しい。




顔32







顔33


ちなみに
書道五段らしい。


顔35


「字が汚い女性は残念」
という翔くん。


顔34


モテ仕草だのモテメイクより
「字がキレイ」の方が
好感度が高い、というね。







顔真っ赤な時の顔。
顔37

「ZERO」で
高梨沙羅ちゃんに単独インタビュー。

内緒で、沙羅ちゃんのお母さんから
写真を借りてきた、と。
顔38



お遊戯会の時の
ねずみさんwww


顔39


高梨「・・・・・」



顔40





顔41


高梨「お母さん、
   言ってなかったのにィ…」









小憎らしい顔。
ロ6
昔のフランス映画で
「なまいきシャルロット」と
いうのがあります。
見たことはないんですが、
題名にしてるぐらいなんだから、
そーとー生意気な小娘なんだろうな、と。

ロ1で、今世紀を代表する生意気娘が
リプニツカヤであろう、と。

これだけ「こまっしゃくれた」とか
「小癪な」といった形容が似合う子は、
そうそういない。
旧ソ連から
ロ2タイムスリップしてきたんじゃないか?
っていうぐらいの
クールな雰囲気を醸し出している。

まー、それにしても
ロシアチームは無茶させるよね。
団体戦のショートとフリー、
ロ515才の子に両方やらせるんだから。
真央ちゃんにしろ羽生君にしろ、
そのぐらいの年はまだ体力が不十分で
フリーの長丁場って、しんどそうだったもの。

今大会、リプ&ソトのロシアっ子には
本当に参ったわ。
「ソチ五輪の段階では、まだ
ロ7メダル争いをする力はないだろうな」
と思ってたんで。
ソトニコワって、1年前は
「入賞レベル」の選手だったし。
五輪で一気に大化けしたな、と。
二人には、いずれ
トリプルアクセルに挑んでほしい。




意気消沈な顔。
ロ3



個人ショート。



ロ4


個人フリー。


団体戦に出てなかったら、
こんな結果にならなかったかも。
ロ15



なんか、コーチの
女優オーラが凄いんですけど。









歓喜の顔。
ロ8








ロ9
リンクに向かう前、どの選手も
「コーチとのやりとり」があります。
ほとんどの選手が緊張しすぎな印象。
村上さんとか、ガチガチだったもんなぁ。

で、いちばん集中できてるように
見えたのがソトニコワだった。
ロ10ヴァンダレイ・シウバが
乗り移ったかのような、
やる気満々な感じ。
「やってやる!」みたいな。

ロシアの期待が、リプに集中したせいで、
ソトニコワに余計なプレッシャーが
かからなかったのかも。
ロ11
けど、本人には
「こんちくしょう!」っていう
悔しさがあったと思う。
「私はリプの噛ませ犬じゃない」的な。

実際、演技が始まると、
躍動感が抜きんでていた。
ロ12ジャンプもえらい高いし。
氷上を滑る、というより飛びはねてる感じ。

フリーの時とか、もう
スケートが楽しくってしょうがない、
みたいな充実感。
心・技・体、揃ってんなぁ、と。
ロ13









スポンサーサイト
  1. 2014/03/09(日) 20:00:00|
  2. テレビ