ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

オボちゃん騒動⑪ [終わらないサイエンス・ミステリー]

CB14今回の騒動、
理研の“初動”がえらい鈍くて。

最初はタカをくくってたんじゃないの。
「外野が勝手に騒いでるだけ」みたいな。

けど、次々に見過ごせない疑惑が浮上してきて
CB1「おいおい、マジかよ…」と。

上層部は、みるみるうちに、
顔色が白くなっていったと思いますよ。
「これはどういうことだ!笹井君!」と。

理研としては、こんなスキャンダル、
st35初めてだから「どうすべー」とアタフタ状態?
後手に回った感は否めない。

そうこうしてるうちに、
若山教授が単独で会見を開き。
本来、「論文撤回」のような話は
内々で進める案件なのに…
st46あえて公にしたのは、
理研の煮え切らない態度に
シビレを切らしたからでは?
「俺を蚊帳の外に置いて、
いろいろ工作してんじゃね?」ぐらいの
疑念があったのかもしんない。
リケ22広報もさ、
「小保方さんとは連絡取れてません」
とか、フザけたこと言ってるし。

若山教授の“告発”は効果てき面で、
理研に対する世間の風当たりは強くなり。
スタップ7文科省からも
「これ、どーいうこと?」
「政府だまくらかして、特定法人に
 なるつもりだったのかなー?(-_-メ)」的な
圧があったかもしれない。




CB4最終報告と同時に、
オボちゃんの声明文も発表され。
世間の見る目はますます厳しくなり。

ただ、理研は極めて冷静に
ジャッジを下してる、と思います。
反36それこそ実験を行う時のようなクールさで。

調査委員会の「調査ポイント」というのが、
ものすごく限定されてるし。





CB27
記者「意図的であるなら
   気になるのは動機ですが、
   小保方さんに
   直接(動機を)聞いたのですか」

CB22

理事「直接聞いてません」

    ↑
大事なのは「事実関係」の確認であって、
ぶっちゃけ“小保方の真意”は「どーでもいい」と。

CB20まあね。
そりゃ「コピペ博士論文」について
「下書きが製本されたもの」とか言う人の話を
「今さら信用できるか」ってことなんでしょう。

これまで数々の面接・面談を
得意の「対話力」でクリアしてきたオボちゃん。
反4が、調査委員会と対峙した時、
本能的に感じ取ったと思う。
「情に訴えかける話術が通用する相手じゃないぞ」と…。
もちろん泣き落としも響かないだろう。

ヒアリングの際、オボちゃんの様子は
反24「心身とも消耗しているようだった」と。
それについて調査委員会は「演技?」
ぐらいに捉えてたとしても、おかしくない。

だいたい、オボチャンは、ずっと
「単純ミス」という認識でいたわけでしょ。
obk1で、最終報告を聞かされた時、初めて
「え!?捏造扱いなの? まさか!」
っていうリアクションじゃん。
だったら、そんなに精神的に疲弊すんのかなー、と。

オボちゃんの弁護士によると
調査委員会のヒアリングは1度だけ。
CB15あとは電話とメールのやりとりだった、と。
これは
「理研は十分な調査を行わず
結論づけてる」と言いたいのかな?

理研としては、
笹井氏をはじめ周囲への聞き取り調査で、
rike10“実態”はつかめるだろうし。
なにせ、提出された物証が「ノート2冊」ではなぁ…。

「理研VS小保方」全面対決の
展開については、双方とも
「こうなるだろう」と予測してたと思う。
CB6オボちゃんが最終報告書を受け取った際、
すでに弁護士(複数)が同席してたわけだし。

で、その時のオボちゃんについて弁護士が
「ぼう然として聞いていた」と…。
…あのですね。
正直、それは“ポーズ”だと思ってます。
obk2それと弁護士の
「顔がみるみる白くなり…」
「驚きと怒りと憤りの感情が見て取れた」
というコメントも用意していたものでは?
「戦略」の一環として。
オボちゃんの声明文の「驚きと憤りの気持ちで
いっぱいです」というフレーズとリンクしてるしね。
CB13「いかに理研が不条理で一方的か」
という印象を与えたいんでしょう。

理研に提出する「不服申し立て」だけど。
その言い分って、既に
ヒアリングのやりとりで出てんじゃないかなぁ。
だから「不正」認定は翻らないでしょう。
CB2で、オボちゃんは裁判に持ち込む、と…
そういった流れも、
理研は織り込み済みでしょう。

オボちゃんは「これでは
STAP細胞発見が捏造と誤解される」って言うけど。
obk3理研は「STAP細胞そのものが捏造」というスタンスではなく。
「1年間かけて、しっかり
追試します」と言ってんだし。
まぁ、そのへん“抜かりない”っていうか。

ともかくオボちゃんの会見次第…
って、ホントに会見やるのかなぁ。


スポンサーサイト
  1. 2014/04/03(木) 20:00:00|
  2. あの騒動