ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

同い年マジック

世代1「ナカイの窓」で
“○○世代”というのをやっており。

「同世代トーク」という企画は、
今後、流行るかも。

世代っていうと「団塊の世代」
世代4「ゆとり世代」とか区分けされてるけど。
あれ、区切り方がちょっと無理があるよね。

「団塊の世代」は
ベビーブームに生まれた世代で、
その幅は3、4年でしょ? 
で、「ゆとり世代」の幅は10年ぐらいあるじゃない。
世代2いや、10才違う人と
同世代トークはできないだろ、と。
区切るんではあれば…まぁ5年ぐらい?

「同世代」感のある人って
「2、3才違い」まででしょ、だいたい。
中学・高校の時に「先輩・後輩の関係」にあたるから。
世代35才違うと、もう「別世代だな」って感じよね。

「ゆとり世代」のような
大枠でくくった「世代」とは別に。
「ある年に生まれた世代」に限定する
ケースがあって。
世代5その代表が「松坂世代」(1980年生まれ)。
「松坂」以前は、
特定の人の名前を使った「○○世代」なんて
言い方は、なかったんじゃないかなぁ。

大相撲の「サンパチ組」、
アイドルの「花の82年組」というような
世代6くくりはあったけど。


←どうしても
松坂を意識してしまう、という壇蜜。

これ、「高校時代から知ってる(見続けている)」
世代7というのが大きいと思う。
同い年でも
「成人になってから活躍した人」
というのは、ちょっと親近感が弱い。

世代11有吉も同級生である
松井秀喜のことは「意識している」と。

基本、同い年の活躍って
うれしいもんだと思う。

あと、同い年ってだけで自慢するとかね。
世代8「俺と同年代は、
こんなに活躍してる人がいるんだ」みたいな。
逆に「自分の世代には、あまり
パッとしたタレントがいない」というガッカリ感想。
いや、そんなことより
「アンタ自身はどーなんだ?」って思うけどさ。
世代9「同い年」の親近感って特殊だよね。
なんだろうね、あれは…
1才違っただけで、距離感が違うから。
「あっ、先輩だな」「後輩だな」っていう捉え方になるし。

もしかしたら
「同い年」って「同郷」以上に
世代10シンパシーを感じてしまうものなのかも。

「同じ長さの時間を生きてきた者同士」
って意識が強いのかな、と。
ある意味、自分の「鏡」的な感じね。




世代12


今年、42才になるマツコ。


世代13


「ダーツの旅」で茨城へ。


世代14

同い年だとわかると
それだけで盛り上がってしまう。

世代15
同級生ってだけで、
一気に
心の距離が縮まる、みたいな。





スポンサーサイト
  1. 2014/07/21(月) 20:00:00|
  2. トレンド