ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

アナ雪ブーム② ~マイノリティーの苦悩~

異質な力を持つ者は、怖れられる。
アナ49
生まれつき「氷の魔力」を持ち、
その力をコントロールできないため
人前に出られない。

それがエルサの苦悩。
アナ26もし、人々に知られたら魔女扱い。
   ↓
気味悪がられる、怖がられる。
   ↓
迫害されちゃう…というね。


アナ45
超能力者が「異端」扱いされる、というのは
よくあるパターン。

「X-メン」の根底にあるのは
「一般の人間に迫害されるミュータント」。
アナ50
けど、あれだけの能力者たちが
束になれば、
「人類」側を牛耳れるよね。





アナ46
「HEROES」も同様。

能力者であることを
ひた隠しにする者たちの戦い。




spe
「SPEC」では、
超能力者のことを
「スペック・ホルダー」と言う。
アナ47これも「人類VS能力者」という図式。








『Let it go』は、究極の「強がりソング」か。
froz見どころのひとつである
「Let it go」のシーン。
映画のPRで、ここんとこがよく使われ。

秘めていた力を誰に気兼ねすることなく
フルパワーで解放し
「これからは、ありのままの自分で生きるの」と。
froz5
けど、物語の流れの中でこの場面見ると、
印象が変わってきて。

城を飛び出したのは「氷の魔力」の
ことが、バレてしまったからであってさ。
froz6
民衆の「おびえた目」に耐えられず、
「恥ずかしいー!」って感じで、
逃げるように山奥に引きこもり。

「知られたからには、
froz4もう、あそこには居られない」と。

あと、能力をコントロールできないんで
「人様に迷惑かけちゃう」という気持ちも
あっただろうし。
自分で自分を幽閉しちゃったようなもの。
アナ30「少しも寒くないわ」ってのが
強がりにしか聞こえない。

「寒くはないかもしれないけど、
寂しいんでしょ、ホントは」と。
アナ37エルサ的には、
自分の能力を呪ってたでしょうに。
こんな力がなければ、
私はフツーに暮らせてたのに、と。




スポンサーサイト
  1. 2014/09/25(木) 20:00:00|
  2. トレンド