ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

芸人いらずの「ナレーションつっこみ」。

naつ9
バラエティーにおける
ナレーション&テロップは
「補足説明」「フォロー」として
使わることが多く。

その代表格が「めちゃイケ」だろう。
naつ10
要所要所で、
木村匡也のナレーションやテロップが入り。
過激な展開があると、それを
フォローし雰囲気を和らげる、みたいな。

実際はたいして面白くなくても、
naつ11「面白い風」の仕立てになってしまう。

「めちゃイケ」独特の「ぬるま湯」感は、
このナレーション演出と編集によるところが
大きいと思う。






深いい7が、最近は、
「ナレーション&テロップ」に
新たな傾向が見受けられ。

ナレーションで
「ツッコミ」を入れるようになってきた。
深いい10これは
「日テレ」限定といっていいかも。
日テレのバラエティーで
「○○の1日に密着」というような
VTRの場合、その行動を
ナレーションでつっこみまくっている。
実際、「ツッコミどころ」ではあるのだが。
naつ
けど、これまで、
そういうツッコミって、VTRを見た後
パネラーたちがやることであって。

VTRが「ツッコミ込み」で仕上がってしまうと、
そのVTRを見ている
naつ2パネラー(特に芸人)は
やることがなくなってしまう。

ワイプ画面の中で、ナレーションに対して
「コラコラ、言い過ぎだぞ」みたいなこと言ったり。
本来、ツッコむ側の人たちが
フォローに回る、という奇妙な逆転現象。
naつ3
この潮流に対し、芸人たちは、
多少なりとも危機感、抱いてると思う。
「俺ら、要らないじゃん」と。









「シルシルミシル」
naつ6
「ナレーションつっこみ」を
始めたのは、たぶん
「シルシルミシル」だと思う。

言ってる内容は、
けっこう辛辣だったりする。
naつ8
が、バカリズムの
ゆったりとした口調が
緩衝材となり、
辛口を中辛に抑えてる感じ。

「深イイ話」「今夜くらべてみました」
naつ7などの「ナレーションつっこみ」は、
このスタイルを踏襲している。

口調はおだやかだけど、
内容はドギツイ、というスタイル。







「今夜くらべてみました」
比べて1
これはコラムの連載をしている
3人の女性に密着したもの。

VTRのポイントは、
3人のうち1人は“ピエロ”だということ。
えるめ1←それがこの人。
「上から目線の恋愛ライター」
という、ふれこみ。

ドヤ顔で恋愛を語るのだが、いたって
フツーのことしか言ってない、というね。
えるめ2金持ちとの合コン三昧の日々。
番組の扱いとしては
「時代錯誤なバブル女」って感じ。

25才っていうんだけど
アラフォー感がハンパない。
比べて8
「合コン行って、そのまま
一晩ともに…みたいなことは?」と
聞かれると…

エルメス「お持ち帰りを
絶対されないし」


比べて9


エルメス「させまん!」



比べて10

ナレーション「さすがカリスマ」
   ↑
   完全にバカにしているww

まぁ、オンエア見てた殿方は
「誰が持ち帰るかよ」って感じだったでしょうが。
比べて11
さんざん、
エラソーなこと語った割には
「連載はウェブの1本だけ」というオチ。

この手のバラエティーの密着取材を
受ける場合、オモチャにされる覚悟がないと。
比べて12
ご本人は、
オンエア見て、どう思ったんだろう。
まさか、こんな
編集にされるとは?みたいな。









「深イイ話」
深いい
「深イイ話」のVTRの作り方は
「今夜くらべてみました」とよく似ている。

←ファッションなど、
細かいところにもツッコミを入れており。

深いい5

このツッコミは
誰が入れてるのか、というと
放送作家と
演出家なんだろうけど。

深いい6


もう、最近は
やりたい放題って感じ。





深いい1
←これは
「神田うのに密着」の回。

彼女の金満な感じや
ワガママな面をフューチャー。

深いい2


セレブなママ友との
歓談の様子。


深いい4


その様子を見ているAD…


深いい3


実際にADがそう思ってなくても、
編集で操作されてしまう、というね。






5時1


「深イイ話」が
若林史江に密着取材。


5時2

「5時に夢中」の現場にも。


「深イイ話」の密着取材だと聞くと
←マツコが鋭い指摘ww

5時3
そして取材の企画意図を
瞬時に見抜き。

「かわいそうな行き遅れ女を
  みんなで笑おう、って企画でしょ?」


5時4



「ただの 
  さらし者になってるだけ!」








「月曜から夜ふかし」
夜更1
「夜ふかし」の場合、
ナレーションの口調は
ソフトではなく。
どちらかというとドキュメンタリー系。
で、しばしば
「言い過ぎ」な場面がある。
夜更2
それに対して
マツコがワイプで「よしなさいよ!」と
たしなめるというね。
「怒られるのは私たちなんだからね」と。
このパターン、けっこう好きなんだわ。
夜更3
マツコは好き勝手言ってるようで、
「言っちゃいけないライン」というのは
けっこう守ってると思う。
「怒り新党」でも、たまに有吉に
「そんなこと言っちゃっていいの」的な
フォローするし。




夜更4
「夜ふかし」は最近、
取材拒否を受けることが増え…

大使館に取材依頼したところ
「撮影対象を小馬鹿にする番組でしょ」と
断られ。
夜更5
埼玉県にも
「取り上げられると
イメージダウンになりかねない」
とNGをくらう。


夜更6


ツケがまわってきた、
と言えなくもないか。





スポンサーサイト
  1. 2014/10/08(水) 20:00:00|
  2. トレンド