ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

「羽生」強行出場問題 ~二次元からの使者~

yuzu80
今回の件で
「なんか“罪作り”だな…」と思ったのは、
倒れた羽生君の姿が
「絵になってしまった」こと。

「大丈夫なのか…」と心配する一方で、
yuzu71鮮血にまみれ
空(くう)を見上げる様は、まるで
「滅びの美学」系映画の
ワンシーンを見てるかのような…。

華奢で手足が長く。
エヴァンゲリヲンのシンジとオーバーラップ。
yuzu46
カッと目を見開いた射るような視線、
演技後、力尽きて
崩れ落ちそうになったり…
その一挙一動がビジュアル系で。
羽生君の二次元チックなオーラが、
「事の重大さ」をボカしてしまった気がする。
yuzu45
この“感じ”、前にも見たな…と
思い出したのが、
バドミントン・佐藤選手。

試合中に膝を痛め、倒れてしまい。
その姿に「美しさ」を感じてしまった。
yuzu72日本人って
「手負い」に弱いとこがあるよね。

満身創痍で、
苦境に立ち向かう姿に
胸を打たれやすい。
yuzu40頭では
「感動してる場合じゃない」と
わかってるんだけど。
それでも、羽生君の
気迫に引き込まれてしまう感じ。

「包帯姿」とか、
yuzu34女性にしてみれば「萌え」の対象に
なるんだろうし。

キスアンドクライで、
顔を両手で覆って泣くのも
サマになってんだよなぁ。
中性的な雰囲気があるから。
yuzu42
で、演技に入る場面の表情が
「絵」になるんだわ、これがまた。

「鬼気迫る」ってのは、
こういうのを言うんだろうな、と。
yuzu43「殺気」を含んだ
勝負師の妖しい色気ね。

「剣士」のコスプレとか、すごい似合いそう。
佐々木小次郎、沖田総司、牛若丸。
そのへんのライン。
yuzu79あと、
この時の羽生君と、
ちょっとダブッたのが
ヒクソン・グレイシー。
高田延彦と対戦した時の。

あれは、ヒクソンの最強幻想が
最大限に膨らんだ時で。

目に見えない「真剣」を
yuzu75持ってるような迫力があったんだわ。
「触れなば斬らん」みたいな。

すり足で歩を詰め、
目は半眼で、
微塵のスキもない感じが
「宮本武蔵」的、っつーか。





スポンサーサイト
  1. 2014/11/16(日) 20:00:00|
  2. あの騒動