ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

ホントに それで いいのかな②

販促効果は いかほど?
ネイ
アパマンが、FCバルセロナの
スポンサーになった、と…

なんか、映像に
ありがたみが感じられない。


ネイ2
そしてスカルプシャンプーにも
ネイマール・・・

起用するのはいいけど、
このチープな演出は何なんだ。

ネイ3

「ボールド」のCMのミランダ・カーも
そうだけど、外タレに
日本語しゃべらせると
ホント、スター感が失せるよね。





寄せすぎだろ。
能似1


パッと見、
「能年玲奈?」


能似2
ノーネンちゃんが
歌手デビューした・・・わけではなく。

彼女は新山詩織という
シンガーソングライター。

能似3


このPV、意図的に
ノーネンちゃんに
似せようとしてない?

能似4


ライブの映像だと、
けっこう顔が違う・・・







しずくちゃんみたいな子が増殖中。
シャープ1
最近のCMの子役、
「しずくちゃんみたいな子」が
多いんだよね。

髪をオカッパにしてさ。

シャープ2
視聴者は
「この子、かわいい」ではなく
「しずくちゃんに似てる」という方に
意識を取られるんで。

そういう起用はどうなんだろうなぁ、と。


シーチキ


宮崎あおいが
出てるシーチキンのCM。


シーチキ2








ニッサン

日産。

なんだ、このキャンディーは…




九電1


九州電力。


九電8

これ、ホントに
しずくちゃんと
勘違いしてる人がいそう…


九電7











もう「歌合戦」じゃない。
歌合1
「紅白歌合戦」ではなく
「紅白パフォーマンス合戦」。

「紅組「白組」に
分けてる意味も薄れつつある。

歌合4
AKBの曲が
「ラブラドールレトリバー」ではなく
「心のプラカード」だったのは、
←“演出向き”だったからなんだな、と。

歌合5パフォーマンスに比重を置くのは、
致し方ないんだろうなぁ。

NHKとしても、ホントなら
シンプルに「歌を聴かせる」ことで
惹きつけたいと思うよ。

歌合7
けど、ヒット曲が
ないんだもん、今のご時世。

パフォーマンスで
盛り上げるしかないじゃん、と。



歌合3トップバッターのHKT48を聴いた時は、
なんともいえぬ違和感があった。
クチパクというより、CDの曲に
合わせて踊ってるだけ、みたいな。

CDの音源の声が、すごい
加工されてて「生歌」感がないのよ。
歌合2生写真とフォトショ写真の違い。

クチパクでもいいんだけどさ。
「紅白」用に、「生声の歌」を
収録し直して、ライブ感のある音源、
作るぐらいの企業努力しても
いんじゃないの?秋元康さんよぉ。



歌合9
あと、思ったのは
「涙」ってのは「演出アイテム」
としての効果は絶大だな、と。

←「花子とアン」のパフォーマンスって、
前年やった「あまちゃん」の二番煎じじゃん。
歌合10
これ、吉高由里子が
サプライズに感激して泣いたから
“成立”したと思うんだよね。

じゃなかったら、シラーッとした
空気になったかもしんない。

歌合6
「アナ雪」の日米共演は、
それ自体よかった、
というのもあるけれど…

視聴者は、
「娘の晴れ姿にウルウルしてる
歌合8松田聖子」に見入ってたと思う。

「ウチの子がこんなに
立派になって…」というのと、
「ちゃんとやり遂げられるかしら」
というハラハラな感じが表情に滲んでて。


歌合11
「文春」アンケートでは、
いちばん心に残った曲・第1位は
中島みゆきの「麦の唄」。

中島みゆきの生LIVEを
テレビで見られることのレア感も
歌合12さることながら。

歌を聴いて、感涙する
シャーロットさんの姿が、
さらに感動を盛り立てたと思う。



スポンサーサイト
  1. 2015/01/14(水) 20:00:00|
  2. テレビ