ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

2015 冬のドラマ評  ~半沢チルドレンなドラマたち~

問題の2
今期・冬ドラの
ラインナップを見ると、
ジャンル的な偏りはなく。

バラエティーに富んだ
印象を受ける。
銭の
が、しかし。
「骨組み」的には、けっこう
似通ってんじゃないの。

「下剋上」とか「逆襲」とか。
「○○VS○○」という、対立バトルね。
カイダン3
それって、やはり
「半沢直樹」の影響が
尾を引いてんのかなぁ、と。

「半沢」がヒットしたのは、
単に「勧善懲悪が痛快だったから」
スカットというのだけじゃないと思うんだけどね。

今、ドラマでやってることは、
なんか「スカッとジャパン」的というか。

あれって、わざわざ
「不愉快な人物」を登場させ、
ライターそいつをギゃフンと言わせる…
という、
ひねくれたストレス発散じゃない?

そーいう安易なやり方は、
ドラマでやってほしくないんだが。





美しき罠
罠


愛人が本妻に逆襲。





ゴーストライター
ライターa

大御所作家VSアシスタント







問題の多いレストラン
問題の

男尊女卑な会社に対し、
「7人の怒れる女」が結束し
挑む。






学校のカイダン
カイダン2
学校を支配する
特権階級の生徒たちに、
小市民な生徒7人が挑む。






銭の戦争
銭の2
すべてを失った男が
復讐心を胸に、
成り上がろうとする。






まっしろ
真白

「白い大奥」の中で
繰り広げられるナース・バトル。





ワルボロス
わる
法で裁けない
巨悪に立ち向かう
勧善懲悪モノ。




スポンサーサイト
  1. 2015/01/28(水) 20:00:00|
  2. ドラマ