ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

春のドラマ評2015  ~「メンタル問題」と「優しい男」と「強い女」~

倫8
この春のドラマは、なぜだか
「メンタル、傷ついてる」系が多く。

主人公が、
何か心に葛藤や問題を抱えてたり。
あるいは
その傷を癒す立場だったり。
ホーム3
まぁ、今のご時世を反映してる、
と言えなくもない。

ゲンナリするような
事件・騒動が多発してるし。
社会全体がすごい疲弊してる感じ。
ポキ3

あと、近年のドラマの傾向としては。
男が主役の場合、
「優しいか、情けないか」のどっち。
で、女が主役の場合は「強い女」

美女とどうなんだろうね、この設定パターン。

今期は特に
男の「優しさ」が目につく。
その辺、
女性視聴者を意識してんだろう。

工2でも「傘を女に人に渡して
自分は雨の中走っていく」とか、
「頭ポンポンする」とか・・・
そういうのがホントに
優しさなのかな?ってね。

どこか「上から」な感じがしてしまう。






Dr.倫太郎
倫5[傷つきポイント]
精神科の話なので、毎回
いろんな「症例」が出てくる。

[優しさポイント]
患者の心に寄り添う治療を心がけている。
が、芸者に言い寄られ、あっさり
大金を貸してしまうのはどうなのか。



ワイルドヒーローズ
ワイルド2[傷つきポイント]
記憶喪失の少女。
何者かに追われている。

[優しさポイント]
元ヤンたちが、危険を怖れず
少女をかくまい、守る。



アイムホーム
アイホ2
[傷つきポイント]
記憶を一つ一つ、取り戻すたび
「自分がいかに酷い人間だったか」を
知ってしまう。

[優しさポイント]
ホーム2記憶喪失後は、マイホームパパに。
朝食作ったりアイロンがけしたり。

昔は冷徹な「仕事人間」だったが、
現在は、同僚に優しい。





京都 人情捜査ファイル
人情1
「被害者や遺族のケアをする」という、
まさに
「傷つき」と「優しさ」がセットになったドラマ。

が、しかし。
主人公(高橋克典)は
人情2「遺族が最も知りたいのは、
事件の真相だ!」と言い、
メンタルケアは他人まかせで
勝手に捜査を進めてしまう。

なんか、思ってた感じと違う・・・・




心がポキッとね
ポキなんか
「帯をギュッとね」みたいなタイトルだな・・・

キャッチコピーは
「病んでるオトナのラブコメディー」

[傷つきポイント]
ポキ6主人公(阿部サダヲ)は、かつては
バリバリ働くビジネスマンだったが、
ストレスから心が折れて。
「対人恐怖症」のような感じに。

他の主要人物も
「ストーカー気質のオラオラ女」
ポキ2「自己顕示欲が強いアラフォー」など
鬱陶しいこと、この上ない。

[優しさポイント]
ホームレスになった
阿部サダヲに、藤木直人が
救いの手を差し伸べる。



アルジャーノンに花束を
アルジ1
[傷つきポイント]
脳の手術により「優れた知能」を得るが、
それは持続せず。やがて元に戻って行く。

[優しさポイント]
主人公は無垢な心を持っている。
アルジ2
原作は、過去にドラマ化、映画化
されてるし「今さら」感は否めない。

野島伸司は「過去の自作」を
今風に作り直してる気がすんだよなー。
     ↓
アルジ4「家なき子」・・・「明日、ママがいない」
「聖者の行進」・・・「アルジャーノンに花束を」

テレビ業界は、いつまで
野島をありがたがるのか?
神通力は
とうの昔に失せてるのに。
アルジ3

←煙突を上っていく場面。
これ、「ギルバート・ブレイク」の
パクリやろ。






64(ロクヨン)
64f
[傷つきポイント]
女児が誘拐され殺害される。
捜査の不手際もあり、
この事件で
多くの者が心に傷を負った。
64e
また主人公(刑事)の娘が、
「自分の顔は醜い」と思ってしまう
「身体醜形恐怖症」になり蒸発。
娘の生死はわからず、母親が病んでいく。






医師たちの恋愛事情
工a
「命を救う人間が、
 恋に落ちてはいけませんか」という
あまりにも奇天烈かつ
自己陶酔的なキャッチコピー。

いつから医者は
医師恋5尼さんになったんだ?ww

まぁ、確かに「忙殺されて
恋なんてしてる暇ない」という
ドクターもいるでしょうけど。

このドラマ、
医師恋2「昼顔」のヒットに味をしめて
作ったとしか思えないんだよなぁ。

主人公は「患者」第一で
病院とぶつかるが、
言い分が青臭くて見てらんない。




ようこそ、我が家へ
我が家1
[傷つきポイント]
ストーカーに悩まされる。
また主人公の父は、会社でパワハラに。

[優しさポイント]
父(寺尾聡)も息子(相葉雅紀)も
我が家2小心で臆病。

[強い女ポイント]
沢尻エリカ、山口紗耶加が
気の弱い男たちに変わって
ズバズバ物申す。




マザーゲーム
マザゲ9
[強い女ポイント]
ビンボーなシンママが、
「ママ友」界の不条理な流儀に
反発し、セレブママたちと戦う。

[傷つきポイント]
マザゲ8セレブママたちも実際は
「ママ友カースト」に息苦しさを感じている。

また、外からは優雅に見えても、
家では夫や姑に蔑まれたり、
ギャンブル依存になったりと
けっこう病んでいる。



ドS刑事
ドS6
[強い女ポイント]
タイトル通り、ドSな主人公。
上司に対しても、お構いなしに毒づく。

[優しさポイント]
ドS3相棒の男刑事は、気が弱くお人好し。

この手の
デコボコ・コンビって、
やり尽くされてるだろ。

ドS4
なんか、「デカワンコ」の
姉妹品のようなドラマ。








ヤメゴク
ヤメ1
[傷つきポイント]
元々は明るい性格だったが、
過去の何らかの事件により
笑わなくなった。

[強い女ポイント]
2一人で、何人ものヤクザを
倒す腕っぷし。

[優しさポイント]
相棒の北村一輝は、
見た目は強面だが実際はビビリ。





美女と男子
美女と
[強い女ポイント]
仕事はできるが、
気が強く協調性に欠ける。
そのため、弱小の芸能プロへ
出向させられてしまう。




戦う!書店ガール
書店a
[傷つきポイント]
コネ入社のお嬢様(渡辺麻友)の
思いつきや暴君ぶりに、
書店員たちが振り回される。

「お偉いさんの孫」であるため、
書店c店長は文句を言えず。
しわ寄せは、すべて
副店長(稲森いずみ)に・・・
そのうちストレスで
円形脱毛症になるんじゃねーか?と。

書店2[強い女ポイント]
渡辺麻友…思ったことは、
臆せずなんでも言う。

稲森いずみ…いざという時に頼りになり、
書店員たちに信頼されている。




スポンサーサイト
  1. 2015/05/01(金) 20:00:00|
  2. ドラマ