ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

春のドラマ評2015 ~視聴率の明暗を分けたもの~

マザゲ1
春のドラマが一通り、
出揃ったわけですが。

視聴率的に見ると、
“勝負”をかけてきたところ
好成績をおさめてる印象。
医師恋1
数字の悪いドラマは、
どこか二番煎じ的、というか。

あるいは「設定」が極端過ぎて、
リアリティーが感じられなかったり。

書店3『戦う!書店ガール』は
「舞台が本屋さん」というのは
目新しいけど、
「描くポイント」を
間違えたんじゃないか、と。
もっとシンプルに
“本屋さんのお仕事”に
ヤメ3焦点を当ててたら
面白くなってたかもしれない。

まぁ、これでいい加減、テレビ局は
「AKBは数字持ってない」というのが
わかったんじゃないかな。




アイムホーム
アイホ1
ついに
キムタクを獲得したテレ朝。
そしてキムタクは
初めてのホームドラマ設定。

初回は16.7%と好スタートを切った。
アイホ11
その後ジリジリ落ちてるけど、
極端に下がることはないのでは。

世代を問わず
楽しめる内容になってると思う。




Dr.倫太郎
倫1
これまで描かれたことのない
「精神科」にスポットを当てたドラマ。

堺雅人は
フツーの医療ドラマだったら
オファー、受けなかったかも。
倫6
視聴率は13.9%→13.2%→13.7%
・・・と、安定している。
もうちょっと、数字
取ってもよさそうな気がするんだが。
若年層にはウケが悪いのかな。




天皇の料理番
料理番7
春ドラマは、キムタクと堺雅人の
一騎打ちか・・・と思いきや。
これに割って入ってきたのが佐藤健。
初回15%と、いい出だし。

佐藤は既に人気俳優の
ポジションを確立しているものの。
料理番1いかにも「現代の若者」っぽい彼に、
この役をやらせるのは
けっこうチャレンジだったと思う。

制作は『仁 -JIN-』のチームだし。
もし、これでコケたら、TBSは
目も当てられない惨状になってたところ。




ワイルドヒーローズ
ワイルド
新たにドラマ枠を設けた日テレ。
で、主演がエグザイル、と・・・
これは、かなり無謀と思われたが。

結果から言えば、日テレは
「賭けに勝った」と言えるんじゃないか。
ワイルド4第1話…9.7%、第2話…10.2%

日曜夜の
中途半端な時間帯で、
エグザイルの単体ドラマ
…というのを考えると、
この数字は及第点だと思う。
ワイルド3
案外、日テレは
綿密なリサーチ、マーケティングのもと、
このドラマを作ったのかもしんない。

「ヤンキー需要」というのを見越して。

ワイルド7今の日本はヤンキー層が多いし。
あと、ヤンキーでなくても
「ヤンキー的な世界」が好きな人もいる。

そういえば、
コケると思われた映画『ホットロード』も、
客の入りがよかったらしい。
上司
毎年「新入社員に聞く、
理想の上司像」というアンケート、
やってるじゃない?
あれ、多分「大卒」を対象に
実施してると思うんだよね。
上司2
もし「高卒」「中卒」を対象でやったら、
HIROが上位に来ると思うんだけどなぁ。
実際、統率力に優れた人だと思うよ。






64(ロクヨン)
64a
視聴率は散々だけど『64』は面白い。
原作は
「クライマーズハイ」の横山秀夫。

主人公の三上(ピエール瀧)は、
キャリア組の上司、記者クラブ、
64c同僚、家族、
被害者遺族・・・と、
いろんなモノの板挟みになっており。

ストレスフルな内容で、
見てるこっちの胃に、穴があきそう。

64bそりゃ数字は取れないわな。

こういうのは
民放ではやれないと思うんで。
NHKは数字にとらわれず
今後も、こういう題材に取り組んでほしい。

64d

ただ『相棒』の
“中園参事官 ”を
出しちゃダメでしょww
混乱するわ。



スポンサーサイト
  1. 2015/05/02(土) 20:00:00|
  2. ドラマ