ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

春のドラマ評2015 ~Dr.倫太郎VS刑事・倫太郎~

倫太3
ドラマ冒頭で、
倫太郎が羊飼いに扮した姿が
流される。
ナレーションで
「これは、現代の迷える子羊たちを救う、
ある医師の話である」と。
倫太2
この導入部によって、どこか
“寓話”っぽい雰囲気が醸し出される。

そのせいか
「ありえねーだろ」的な場面も、
さほど気にならない。
倫4テーマミュージックの
飄々としたサウンドも効いている。

映像はまるで映画のようだし、
今期ドラマの中では、
いちばん丹念に作ってる感じがする。

第一話で印象に残ったのは、
倫太郎1看護師の薫(内田有紀)が
倫太郎に「氷を持ってきて」と言われ、
ダッシュで氷を取りに行くところ。
フツーなら、端折るシーンでしょ。
けど、ここの描写で、
薫がいかに倫太郎を
医師として信頼しているかがわかる。
倫2

堺雅人が番宣で
『おしゃれイズム』に出演した際、
「近藤春菜さんが素晴らしかった」と言い。

実際、その言葉通りで
「ハリセンボン、すげーな」と。
倫9


脚本のクオリティーはどうか?
…というと。
ちょっとビミョーなところ。
倫太郎3ストーリー的に、
かなり強引なところもあって。
それを
役者の技量でカバーしてる感じ。
裏返せば
キャスティングがハマッてる、
とも言えるけどね。
倫太郎4
ドラマの監修には、著名な精神科医が
何名かついてるそうだけど。
「んん?」と感じる部分もあり。

特に第4話での「元バレリーナ」。
倫太郎が、彼女のトゲトゲしい
倫太郎6心を溶かすんだけど。
「パーソナリティー障害」の人間が
そう簡単に、心を開くんかいな、と。

元バレリーナに
優しい言葉をかける、その姿は
精神科医というより、
倫6言葉巧みな詐欺師のように見えて・・・

倫太郎の「寄り添う言葉」に、
あまり説得力を感じないんだよねー。

あと、倫太郎だけでなく
理事長までも、芸者に無心されて
倫11ポンと大金を出すのは
無理があり過ぎ。

今は視聴率安定してるけど。
「設定」に強引さが目立ち始めると
数字、落ちるで。








9課
さて、こちらは『警視庁捜査一課9係』。
こっちの主人公も“倫太郎”でして。

テレ朝には長寿ドラマが多いけど。
中でも『9係』は、いちばんクセがない。
9係1正直、なんで
ここまで続いてるのか、わかりません。

今期の視聴率は、というと・・・
10.9%→ 13.1%→13.9%、と尻上がりに。
とうとう
『Dr.倫太郎』に並んでしまいました。
9係2
『Dr.倫太郎』は、
金も時間もかけて
作ってる感じがするのに対し
『9係』は平常運転。
これで視聴率同じなんだもの。
コスパ、良すぎるやろ。




スポンサーサイト
  1. 2015/05/08(金) 20:00:00|
  2. ドラマ