ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

ジェネレーションギャップが埋まらなくて(前)

マツコに忍び寄る
ジェネレーションギャップの壁。

ギャップ13
「力が欲しい」というトークの流れ。

“村上ファンド”
例に挙げたマツコ。


ギャップ14

「今の子、
   あんまり知らんし、
   村上ファンドなんて」



ギャップ15

観客、シーンww

「やりづらくなってきたなぁ(苦笑)」


ファンド


「村上ファンドって
  最近の出来事なんだけどな、
  あたし・・」



ギャップ16
「あたし、これは
  当然みんなわかってると思って
  話してるんだけど・・・

  リーマンショックって何かわかってる?」


ファンドa

うなづいてるのは
2人ぐらい・・・

2008年の出来事なんですけどね。

ファンドb

「サラリーマンが
  ショック死したって話じゃないからね」









マツコ、
ジェネレーションギャップに逆ギレ。

ギャップ19
「昭和あるある」で
話に花が咲く村上&マツコ。

ダイヤル式の固定電話の
横に置いてあった
アドレス帳の話になり。
ギャップ20


「そうそう、あったあった」と
2人で大盛り上がり。


ギャップ21
「なんだ
  この野郎!」


突如、観客にキレるマツコww
ギャップ22


観覧に来てるのは主に20代。

「黒電話」時代の話されてもね。

ギャップ23
「(若い世代は)もう、わかんないって」

「めっちゃ古い話なんやろうな、これ」

「やめよ、やめよ」

ギャップ24
「若い子が見てる番組なんだから」

「時代に合わせて行きましょう」

この番組は
中高生に支えられている、と。






マツコ、
「隔世の感」に打ちひしがれる。

ギャップ26
昔大好きだった映画を
久々に見たというマツコ。

『恋する惑星』とか知らない?」


ギャップ27
「(エンディングで制作年が)
  “1994年”って出てきた時に・・・

  その後いろいろ予定あったんだけど、
  ふてくされて寝ちゃったの」


ギャップ28


「“20年経ったんだ、もう”と思って」



ギャップ29



「人生って短い!と思って」


ギャップ30


「(お客さんは)今、20才ぐらい?

  これまではもう
  クソみたいに長かったでしょ」

ギャップ31

「もう、
 アッと言う間だぞ!
 これから」







「本物志向」と聞いて、マツコが連想した歌手。
ギャップ25
「淡谷のり子さん、とか?」

もはや
モノマネする人もいない、
というね・・・




若年層に人気のカラオケ曲を知った
マツコの一言。

ギャップ17
カラオケの話題。
10代、20代にいちばん歌われてる曲は
初音ミクの「千本桜」と聞き
マツコ&有吉、共にキョトン状態。

30代、40代でも人気が高い、と。
ギャップ18

「夜桜お七じゃないの?」








耳慣れない「若者コトバ」を聞いた
マツコの一言。

ギャップ32
「マツコロイドの悩み相談室」に
やってきた女子高生。

今、好きな男子がいるんだけど
“つ”はイヤだ、と。
ギャップ33



「??」


ギャップ34
「“つ”って言ったら
  三重県の
県庁所在地だよ!」

ギャップ35


「つ=都合のいい女」である、と。

「了解」を
「りょ」って言うようなもんか。



スポンサーサイト
  1. 2015/05/29(金) 20:00:00|
  2. トレンド