ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

北海道事件簿 ~車を凶器に変える者たち~

「危険運転致死」のハードル。
苫小牧8
記憶に新しい、
小樽・飲酒ひき逃げ事故。

3人の女性が亡くなり、1人が重傷。
ケガをした人には
重い後遺症が残っているという。
小樽1
この事故の公判が始まった。

争点は
「危険運転」か「過失運転」か。

世間の声としては、
小樽2あんな無謀な運転をし
3人の命を奪っておきながら、
自分の罪を軽くすることしか
考えてないのか!?
・・・という、憤りがあるだろう。

近年は、
砂川21道路交通法の改正により、
飲酒運転に対する罰則は
厳しくなっている。

が、「危険運転」または
「殺人罪」で起訴するハードルというのは、
思いのほか高いらしい。
苫小牧6実際、
この小樽の事故についても、
当初、検察は「過失運転」で起訴している。

納得のいかない遺族らは、
7万人の署名を集め
「危険運転」の適用を求めた。
苫小牧9それがなかったら「過失運転」として
扱われていただろう。

加害者の海津は、
事故を起す3カ月程前に
自己破産している。

そんなヤツがなんで
苫小牧5ビーチで1日中、酒くらって
リア充できてるのかが不思議。

自己破産した者が
車を所有できてたりするものなの?
って思っちゃった。
(本人所有かどうかわかんないけど)
苫小牧4
海津は事故の12時間前から
飲んでいたという。

ずっとビーチにいたのは、知人の
「海の家」を手伝うため、というが。
ホントに手伝ってたのかね。
苫小牧1
なお、事故を起す数時間前には、
酒を飲むのはやめていた、という。
だから、
酩酊状態でハンドルを
握っていたわけではない、と。
しかし
苫小牧7逮捕時、アルコール検査では
基準値の3倍超だった。

海津側の言い分(傷害致死)が
まかり通るのではあれば、
今後、飲酒運転で事故を起こした者は
「スマホをイジッてた」と言えば
苫小牧2言い逃れることができる・・という
悪習になりそうな。

ていうか「酒酔い運転」と
「スマホ見ながらの運転」の
どっちが危険かと言ったら、
後者なんじゃないの。
苫小牧3だって前を見てないんだもん。
ノーブレーキで
人をはねる可能性大じゃん。

法改正して、
「酒気帯び」も「スマホいじり」も
一律で「危険運転」枠に
していいよ。





ちなみに・・・
川口1
←川口市の職員が
起した「飲酒ひき逃げ事故」は
「危険運転致死傷」「ひき逃げ」で
懲役10年(求刑15年)。

逃げた後、飲酒していたことを
川口3隠そうとするなど、
悪質犯であるにもかかわらず、
この程度の刑で済んでしまう、というね・・・

なお「飲酒の隠ぺい」については
父親の入れ知恵だった。

川口2小樽の「飲酒ひき逃げ」の海津に対し
検察は何年、求刑するんだろうか。

「ひき逃げ」といっても、
事故から15分後ぐらいに
自ら通報しており。
また事故時の速度も50キロ程度。
川口4
裁判員としても、
判断を下しにくいかも。








スリル依存の代償。
砂川10
善良に慎ましく暮らしていた一家を、
一瞬で粉砕した凶悪事故。

逃走した犯人は、
飲酒×爆走×信号無視×ひき逃げ×無保険
・・・という「反社会性」のフルコンボみたいな
砂川2スーパーDQNだった。

事故現場の1キロ前の
防犯カメラの映像には、
スピード競争する2台が・・・

各テレビ局、この映像を
砂川3専門家に分析してもらっている。
    ↓
フジ・・・130~160キロ
日テレ・・・110キロ前後
NHK…108キロ

砂川17最初に事故を起した谷越は、
「青信号だった」と供述。

また「100キロは出してない」というが、
「では何キロだったのか?」というと、
そのあたりは判然としない。

砂川9赤信号を無視して交差点に入る
ヤカラというのは、たいがい
「信号の変わり際」だと思う。
「今、突っ込めばギリ間に合う!」という感覚。

が、この事故では、
衝突する30秒前から赤信号だった、
砂川5というのが判明している。

距離にして推測すると、
谷越が交差点に入る
800m前で、
すでに赤信号だったわけで。

砂川11被害者の車が50~60mも
吹っ飛ばされており、
いかに猛スピードであったか、と。


ひき逃げをした古味は、
「人を轢いた認識はなかった」
砂川というが、不自然な蛇行運転を
繰り返しており。
「振り払おうとしたのではないか」と。

が、こういうのって、本人が
「気がつかなった」と言えば、それまで
なところがあり・・・
ひき逃げ
昨年、愛知で大型トラックが
自転車の女性をはね、
400mにわたり引きずり、遺体が
バラバラに散乱する、という事故があった。
これなんかも、犯人の
「気づかなかった」という言い分を
砂川4覆すほどの証拠がないため、
当初「嫌疑不十分」扱いになってしまい・・・。
このトラック運転手は、
裁判では「無罪」を主張している。

その他の
「引きずり&ひき逃げ」事故でも、
砂川6容疑者は必ずと言っていいほど
「わからなかった」と供述。
よっぽど
「気づいていたはず」という
証明ができない限り、
殺人罪(未必の故意)で起訴するのは
厳しいのが現実。
砂川8
実際、古味が
「気づいてない」可能性も
否定できない。
クラッシュした2台の車を
すり抜けるように走っており、
その際、分離帯にぶつかったらしく
砂川7右側面がかなり破損している。

逃亡中、車体に
“違和感”を感じたとしても、
それは事故で破損したせいと
捉えても不思議ではない。

砂川12ひとつ言えることは、古味は
“兄貴”として慕っていた谷越をも、
見捨てて逃げた、ということだ。

身内を救助することなく
「我が身、かわいさ」を優先し
トンヅラしたわけで。
砂川13
こいつらの
暴走運転は日常化しており。
古味は、数か月前にも
事故を起こしていたという。

古味の生育環境は複雑で・・・
砂川16祖父は、飲酒運転で事故死。
父は自殺。
祖母に育てられたが
その祖母もやがて亡くなり・・・

「いつ、どうなってもいい」というような
破滅願望があったか、
砂川15「なーんも考えてない」かの、
どっちかだろう。




被害者家族の次女は、
砂川14一命をとりとめたものの
意識不明のまま。
足は手術で切断せざるを
えなかった、という・・・

このような悲惨な事故が
何度起こっても「他人ごと」として捉え、
砂川19飲酒運転を止めない者たちがいる。
連中は
アルコール依存症率が高いと思う。

それと、飲酒運転の
再犯者にアンケートをとると
「飲酒運転は悪いこと」という認識が
飲酒欠けているのがわかる。

「事故を起こさなければいい」と
考えており、また
「俺は事故を起こさずに運転できる」
という過信がある。

砂川22
←この手の
良心に訴えかける啓蒙CMは、
連中の心には
響かない気がする。

では、どう対処すればいいのか。
砂川20それは、実際に
危険運転致死罪に問われた者に
聞くしかなかろう。

「あの頃のあなたに、
何と言えば、危険運転を
やめたと思いますか?」と。
飲酒2説得材料の糸口は、そこからしか
生まれないような気がする。

飲酒運転やスピード違反等で
摘発さたれ者の多くは、
事故を起こして…ではなく、
検問やパトロール中のパトカーに
飲酒3見つかった人たちだろう。

そのことについて、彼らは
「チッ。運が悪いぜ」ではなく、
事故を起こす前に捕まって
「運がよかった」と受け止めるべき。
違反
そう思えない者は、いつか
取り返しのつかないことを
やらかすまで
わからないだろう。
違反2
そして、わかった時には
手遅れなのである。

なお、アルコール依存症は、
自分の意思で
どうこうできるものではないらしい。
専門の治療が必要です。

あと、ケータイで通話しながらの
運転、スマホいじりも危険。
それを日常的にやってる連中は
「事故を起こさなければいい」
「ちょっとぐらいなら大丈夫」と思って
やってるんだろう。
その、ゆるい心根は、飲酒運転者と
なんら変わりない。困ったもんだ・・・


スポンサーサイト
  1. 2015/07/01(水) 20:00:00|
  2. あの騒動