ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

大阪事件簿 ~偽りの正義~

府警3
「イメージの悪い警察は、どこか」
というと・・・

大阪、神奈川、愛知が
トップ3だろうか。
府警2
近年の
警察の不祥事続きの背景には
何があるんだろう。

何か、ことが起きる度に
「再発防止」がどーのこーの、と
陳謝するが。
捏造6
言ったそばから、また不祥事が。

いつ誤認逮捕や証拠の捏造で
犯人に仕立てられるか、
わかったもんじゃないわ。





大阪名物・虚偽公文書作成。
捏造4
南堺署の警官数名が、
捜査報告書に
別事件の写真を添付するなど
捏造。




捏造2
7年前起きた事件の容疑者が逮捕。
で、その時の調書が必要になったのだが。
なんと、当時の担当者が、
調書を作成しておらず。慌てて
「7年前に調書を作った」ように
装うが、捏造がバレる。


捏造3
容疑者を
一般の人が見つけたのに、
「警察官が発見した」など
ウソの捜査報告書を作成。



捏造5

証拠を捏造した警部補が、
自殺。






どんぶり管理。
捏造
不祥事が相次いだことを受け、
府警で現在保管ている証拠品を
チェックしたところ、
301点紛失していたことが判明。





手癖、悪すぎ。
署内盗
巡査長が、証拠品として
保管していた1万円を着服。

「飲みに行く金がなかった。
あとで戻せばバレないと思った」と供述。





誤認逮捕さたれ男性は、85日間も拘留された。
誤認
ガソリンスタンドで、
他人のカードを使用したとして
防犯カメラに映っていた男性を逮捕。

が、実は、そのカメラの時刻は
8分ズレていた。
誤認2男性は、事件が起きた時、
高速道路を走っていたことが
後に判明。

府警は、ずさんな思い込みで
捜査するのが得意なのか。






安定の大阪クオリティー。
強要2
傷害の容疑で、
80代の男性を
20代の警官が取り調べ。

男性は否認するも
警官は
強要3自白強要ギリギリの恫喝を
繰り返し、罵声を浴びせる。

起訴されたが判決は無罪。

その後、男性は
慰謝料を求めて提訴している。





求刑は「無期懲役」か。
二股警5
大阪の巡査長が、
二股交際していた女性を殺害。

事件の全体像が明るみになってくると、
男の鬼畜っぷりが明らかに。
(※なお、水内の出身は奈良)
二股警2
復興支援のため、宮城県警に出向。
    ↓
地元に彼女がいるにもかかわらず
「街コン」に参加。
    ↓
現地の女子大生と交際スタート。
二股警(女性の父親にも会っており、
真剣交際を匂わせている)
    ↓
出向を終え大阪へ戻る。
女性もついていき、大阪で就職。
    ↓
水内は大阪の自宅住所を教えず、
二股殺人あまり会おうとしなくなる。
   ↓
被害女性、二股であるのを感じ
別れを何度か切り出すも、水内は拒否。
   ↓
水内、本カノと結婚。
   ↓
二股警3被害女性、フェイスブックで
水内の結婚を知る。
   ↓
「奥さんや警察にバラしてやる」と
言われ、女性を殺害。

二股警4水内は
「口論になって殺した」的な
ことを言っているが、
前後の行動からして、
計画殺人とみられている。

持参したベルトで首を絞めた後、
署長ダメ押しで浴槽に沈め・・・

また殺害後、
アリバリ作りのつもりか、
剣道の稽古にフツーに参加。
ベルトを剣道場で捨てる。

一連の冷酷さ、身勝手さから
サイコパス的な人物像が
署長2浮かび上がってくる。

また、水内の上司(署長)の
遺族への対応の無神経さも
問題視された。
まるで「ワシらも、水内の
被害者なんですわ」と言わんばかり。



スポンサーサイト
  1. 2015/07/06(月) 20:00:00|
  2. あの騒動