ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

滋賀・三重事件簿 ~近江と伊勢の混迷~

滋賀と三重のクマ問題。
熊
三重県で捕獲された熊を、
滋賀の山中で解放。

その後、クマが滋賀県内で
女性を襲う事件が発生。

熊2滋賀が三重に抗議し、
三重は平謝り。

が、女性を襲ったクマは、
解放されたクマとは
“別人“だったことが判明。

熊3うーん・・・
「県境」といっても、柵で
区切られてるわけじゃないし、
クマに住民票があるわけでもなし。

ただ、他県で
解放したらアカンよね。



滋賀県警と三重県警が協力して でっちあげ。
三重滋賀
滋賀県警が、
誤認逮捕をごまかすため、
三重県警に依頼し
別の余罪を
容疑者に擦りつけようと画策。




また四日市で“制圧事故”
脅迫警察
錯乱し、暴れる女性(43)を
警察官と市職員が
取り押さえた際、女性が意識不明に。

その後、病院に搬送されたが死亡。
女性には、心疾患の持病があったという。




日頃からDVがあったのではないか?
頭突き
交際相手(47)に頭突きで
負傷させ、死なせた
滋賀の男(大工・55)が逮捕。

口論でカッとなったというが、
暴行は30分続いたという。



年の差、21才。
牛刀滋賀の精肉店の夫婦ゲンカ。

妻(46)が夫(67)を、店の牛刀で刺し
殺人未遂で逮捕。

妻は以前、警察に
「夫の言葉の暴力」で相談していた。




悪行を自ら公開するDQN。
どげざ1滋賀のボウリング場で、
舗装工の男(27)が、店員に
難癖をつけ土下座を強要。

連れの少女(無職・16才)が
その様子をSNSでさらしたことで
発覚した。
どげざ3少女は「土下座しよった笑
めっちゃおもろいわー」などとツイート。

男は懲役8カ月の実刑判決。
執行猶予がつかないってことは、
反省の色が見られないんだろう。
少女2人は家裁行き。



手癖悪すぎ。
校長着服
三重の小学校校長(55)が、
学校の金庫の金を着服。

また、前にいた中学校でも
領収書を偽造し
着服していたことも発覚。



退職金なし、子供はまだ学生・・・。
校長横領
三重の高校校長(56)が、
同窓会の奨学金、約800万円を横領。

全額返済したため、
県教委は刑事告訴せず。




以前から、自殺をほのめかしていたという。
無理心
滋賀の男(アルバイト・22)が母を刺殺。
姉にも重傷を負わせた。

男は、その後飛び降り自殺。
無理心中を図ったとみられている。




ニート、逆ギレ。
孫放火三重・四日市の民家が火事で、
男性(75)が死亡。
放火したのは、同居している
孫(24)だった。
家族に小言を言われたことに
腹を立てて犯行に及んだ。




迷宮入りになってしまうのか・・・
近江
滋賀の
近江牛料理店の女将(52)が、
自宅で何者かに殺害される。

年の離れた夫は(72)は
長期入院中で、
近江2義母は介護施設暮らし。

お店は女将が一人で切り盛りし
10年以上、一人暮らし状態だった。

殺害状況から
「怨恨」の線かと思われたが。
近江3周辺の話では、
人に恨まれるような人ではないという。

いまだ犯人につながる
有力な情報はないらしい。






シンママ殺害事件。
シン母殺2
三重のレジャー施設に
放置された車から、
女性(46)の遺体が発見。

後日、女性の
元交際相手(トラック運転手・41)を
シン母殺強盗殺人で逮捕。

男は女性に数十万円の借金があり、
返済を迫られ、殺害に至った模様。

2人は数年前に知り合っており、
当時、女性は既婚者。
シン母殺4
そのことが関係しているのか
不明だが、
2年前に夫と別居しており、
離婚成立は2カ月前だった。







「殺意の証明」の難しさ。
三重
昨年、三重で
中3女子が殺害された事件。

犯人は当時、高3の男子で、
懲役5~9年の不定期刑が
言い渡された。
三重3「殺人」ではなく
「強制わいせつ致死」『窃盗」での
起訴で、求刑は懲役5~10年だった。

なぜ「殺人罪」ではないかというと、
そこには「殺意の証明」という壁が
立ちはだかるから。
三重6
殺害方法は、口・鼻をふさぐ窒息で、
犯人が
「暴れないようにするためだった」
「殺すつもりはなかった」と
言ってしまえば、それまでなところがある。

三重2とにかく、日本では
「傷害致死」扱いが多い。

3年前、六本木のクラブで、
半グレ集団が、金属バットで
一斉に殴り、殺した事件があったが
「傷害致死」による起訴だった。
三重5あれだけの暴力でも
「殺人罪」に当てはまらないのか、と。


確かに、この犯人に
明確な殺意はなかったかもしれない。
が、被害少女は
三重11アゴの骨がはずれるほど、
強い力で押さえつけられている。
被告には
「相手がどうなってもいい」という
気持ちがあったのではないか。

公判で、事件時のことについて
三重8聞かれると「記憶にない」という。
(※身に覚えがない、というのではなく、
思い出せないという意)

弁護側は
「被告は、他人との意思の疎通が苦手」
三重7「精神的に未熟」と釈明していたが。
それが“情状酌量”の道具に
なるとも思えず。

同級生の話からも、とりたてて
人付き合いが苦手という話もなかったし。

三重4事件発覚直後、被告は
「身近な所でこんな
恐ろしい事件が起こるなんて」的な
ツイートをしており。
「自分は事件に無関係」を
装うだけの知力はあるわけで。

三重10ただ、男が“手の震え止まらん”という
リアクションは
非常に不自然な取り繕い方だと思う。
また
“必ずや平和な町を取り戻します!”
という言葉も、
高校生の発言として不自然。

三重殺a確かに、こいつが逮捕されたことで
町は平穏になったのだろうが…。

遺族の怒り・悲しみが鎮まることはない。

そして被告の家族も、
“生き地獄”に突き落とされた。
「強姦殺人犯の身内」という烙印・・・
被告は、
何人もの“未来”を奪ったことを
承知しているのだろうか。


スポンサーサイト
  1. 2015/07/14(火) 20:00:00|
  2. あの騒動