ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

冷たい土の下  ~栃木・貯金800万円詐取殺人➂~

少女は故郷を離れ、
一人で生きていくことを決めた。

栃木6
被害女性の両親は、彼女が
中学に上がる前ぐらいに離婚したという。

その後、母とアパート暮らし。

当時の気持ちの揺れ動きが
栃木4中学の卒業文集に綴られている。
         ↓
「入学式の少し前、長中に来るのが
 嫌で嫌でガキみたいに泣きじゃくっていた」

「正直不安しかなかった。
 友達1人もできない気がして…」

埋10
彼女は「転校生」状態だったが、
クラスメイトとは、すぐに仲良くなれ。
充実した学校生活を送っていたようだ。
文集には、こう書かれている。
     ↓
「みなさん とってもいい人でして。
栃木16声かけてくれて嬉しかった。ありがとう」

「今となっては長中きてよかった」

「みんなからもらった一言一言は
今でも大事な宝物です。こんな
いい友達に出会えて、本当に幸せです!」

栃木13
順調な中学時代に見えるものの。
2年生の頃、
遅刻・欠席が多くなっており。
それは
“母親の交際”のことが関係していたのか…

栃木5彼女が16の時、母は再婚。
そのことに抵抗があったのか、
高校からは一人暮らしを始めている。

中学の時とは打って変わり金髪に…
つるむ友達も派手なギャル系。

栃木9高校を中退したのは、
早く“自立”したかったからだろう。

しばらく地元の焼肉店で働き。
その後、栃木・宇都宮へ。


栃木10関東方面に越したのは
「もっと稼ぐために」という目的も
あったのだろうが。
“親元”を離れたかったのでは…

宇都宮ではアパート暮らし。
自炊をし、オシャレにお金をかけることもなく
栃木11質素に暮らしていたという。

知人に「お金で苦労して育ったので、
将来は1人でも生きていけるようになりたい」
「自分の店を持ちたい」と話していた。

自家用車は30万円の「中古の軽」。
栃木14そのお金も、自動車教習所の費用も
当然のことながら、自分で工面したものだろう。

彼女は以前、交際相手に
このようなメールを送っている。
     ↓
「この前話したかもしれないけど
栃木15 死のうと思ったことがある。

 何もかも捨てて 一文無しで・・・
 知らない環境に身を置いてみたけど

 関わる人もできた。

詐取b 今は死にたくない」



事件発覚後、女性の両親は
娘が遺棄された現場に訪れた。
石崎の父と兄弟は、伏して詫びたという。

詐取a女性の父親は
厳しい口調で詰め寄ったというが・・・

石崎と手面が、彼女に目をつけたのは、
単に「大金を持ってたから」…というだけでは
ないだろう。
栃5
「家族と疎遠」というのが後押しになったはず。
「行方不明になったところで、
すぐには捜索されない」と…。

もし、彼女が
高校中退という道を、選ばずにすんだのなら。
引っ越した先が、別の街だったら・・・・・

今も、どこかで
愛らしい笑顔をふりまきながら
21才らしく、元気に暮らしていただろう。


スポンサーサイト
  1. 2015/08/12(水) 20:00:00|
  2. あの騒動