ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

冷たい土の下 ~千葉・18才少女 生き埋め殺人⑧~

「成功体験」の大切さ。
山下3
[ある乱暴者の話]

Aは、子供の頃、
手のつけられない悪ガキだった。

家の前を通る女の子めがけ
山下22階から小便をかけるなど
タチの悪いいたずらを繰り返し・・・

また同級生より、はるかに体が大きく、
教室で暴れ、クラスの子をいじめていた。

「Aが怖い」と不登校になる子もいて、
山下4Aの親は度々、謝罪で振り回された。

親は「このままでは、
とんでもない大人になる」と、
Aを町の柔道場へ通わせ始めた。

すると、体格のいいAは、
山下5めきめき頭角を現し柔道に夢中になった。

このA少年こそが、のちに
「柔道界のレジェンド」になった山下泰裕である。
今でこそ人格者として知られているが。

山下6山下は「柔道は、私のあり余る闘争心を
燃焼させてくれた」と振り返る。

柔道という「打ち込めるモノ」がなければ、
もしかしたら、とんでもない
不良になっていたかもしれない。

辰ボクシングの世界でも、
元々は不良だったが
ボクシングに出会い人生が変わった…
という者が多い。

「具体的な目標がある者」には、
グレたり、遊び呆けてるヒマなど
ないのだ。




jun21
ある受刑者(無期懲役)が書いた本で
『人を殺すとはどういうことか』というのがある。
塀の中で出会った「犯罪者たちの
傾向」について、いろいろ書かれており。

その中の指摘で、ピンときたのが
更生11「(彼らには)成功体験がない」ということ。

「10代のうちの成功体験」というのは、
非常に重要なことだと思う。

なにも「全国大会で優勝した」
というような
jun19ハイレベルの成功でなくていい。

「3年間、部活に打ち込めた」とか、
「やり遂げた実感」が大切。

「挫折を乗り越えた」というのも
「成功体験」のひとつと言えるだろう。
更生9

また暴走族でも、
「リーダー格」だった者は
後に実業家やタレントとして
成功している人が多い。

jun25
そして過去、
集団暴行事件を起こした者たちには、
「成功体験」らしきものがない。

勉強が苦手(嫌い)。
スポーツも得意じゃない。
山下11遊び以外でやりたいこともなく。
将来の具体的なビジョンもない。

「栃木リンチ殺人」
「千葉・墓場リンチ殺人」
「大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人」
「名古屋アベックリンチ殺人」
山下10・・・これらの犯人たちは、
まさに「成功体験」がなく
「夢中になれるもの」もなかった。

「名古屋アベック殺人」の主犯格は
暴力団の準構成員だった。
準構成員といっても「使いパシリ」のようなもの。
山下12裁判では、
「一生懸命やっても、ある程度しか昇れない。
夢はない」と話している。

「極道の世界で成りあがってやる」
という気概すらなかっただろう。

そもそも、こういう
リンチ事件を起こす連中は、
川崎犯19「下層のワル」であることが多い。

「川崎・中1男子リンチ殺人」の
主犯の男は、プロファイリング的に
かなり当てはまる。

中学の頃は
川崎犯18大人しく「イジめられる側」だったという。

定時制の高校を中退し。
その後は、やることもなく
年下の連中をしたがえ、街中をうろつく日々。

賽銭泥棒で遊興費を稼ぎ。
川崎犯酒とタバコとゲームとアニメ・・・

近所の人の印象では
「不良というより、だらしない感じ」。

また父親は「息子の性格」について
聞かれると「ラクな方に流れる」と答えている。
山下8
「ラクな方に流れる」というのは、
言いかえれば
「行き詰ったら逃げる」ということだろう。

こういった犯罪者に
共通するのは「根気がない」ということ。
更生3
なにか仕事に就いたとしても、長続きしない。
ちょっと、何かでつまずくと
安易に「辞める」方向に流れてしまう・・・


出所者の再犯防止を目的とした
更生2「職親プロジェクト」というのがある。

飲食チェーン店や建設業の経営者らが
職場を提供し「社会復帰の受け皿」になる、
というものだ。

前科者が正職を得るというのは
更生簡単なことではない。
住む所も用意してくれるし、非常にありがたい話だ。

が、せっかく雇っても、
半分以上の者が辞めていくと言う。

なかには、行く先を告げず
更生8姿をくらました者もいる。

「辞めグセがついている」・・・
というのもありそう。
嫌気がさしたら投げ出すタイプ。

出所後、ある建設会社で雇ってもらった
更生6元受刑者の例。
  ↓
仕事が終わり、ベテラン職人が
運転する車で事務所に戻る。
  ↓
ベテラン職人に「友達との
待ち合わせ場所に送ってほしい」と言う。
更生7  ↓
ベテラン職人は
「事務所に戻るまでが仕事だ」
「俺はお前の運転手じゃない!」と一喝。
  ↓
怒られて、ふてくされ。
翌日から現場に来なくなる・・・
更生5
「ラクな方に流れる」のに慣れたら、
人間、堕落しやすくなるんだろなぁ・・・

不遇な身の上を
「誰かのせいにしても始まらない」ことに
向き合わないと、前には進めない。
更生4

『エヴァンゲリヲン』のセリフで
よくあったのが、
自分に向けて「逃げちゃダメだ!」というヤツ。

しんどい時に、逃げずに
踏ん張れるかどうか。
残ることができたなら、
それが「成功体験」になるだろう。





スポンサーサイト
  1. 2015/08/31(月) 20:00:00|
  2. あの騒動