ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

2015 流行“画”大賞⑦

エンブレム
プラカ1
プラカ2
今年を代表する流行といえば、
どう考えてもコレっしょ。

「流行大賞」の方は、
この騒動の どのワードを
ノミネートするのかわかんないけど。
プラカ3
昨年「STAP細胞」が
ノミネート止まりだったことを考えると、
大賞に選ぶことはなさそう。


当初は「たまたま似てしまった」
プラカ4ぐらいの認識であったものの。

“佐野健二郎デザイン”の
トートバッグに
大量の盗用が見つかり。

これで一気に疑惑度が上昇した。
プラカ6
過去のデザインを調べると、
出るわ出るわの類似品の数々。

「常習」化してるね、この人。







元少年A
元少年
元少年2
1997年の
「神戸児童連続殺傷事件」の犯人が
まさかの手記発表。

被害者遺族に了解を得ていないこと、
いまだ「少年A」を名乗ってることなどから
元少年4批判の声が上がり。
多くの書店が取り扱いを見送った。

さらに、ホームページを立ち上げ、
自己表現の場を作り。

その発言内容等から
元少年3「反省してない」「更生は失敗」と炎上。

今年、未成年による
凄惨な殺傷事件が多発し
「少年法で守る必要があるのか」
という意見が高まる中、「元少年A」の登場・・・
元少年5
「こいつは、またやる」という声もあるが。
それは、なさそうな気がする。

「思い込みの激しさ」「執着心の強さ」
という本質は変わってないと思う。
けど、今の欲望は「表現欲」だから。
「殺人」について聞かれたら
「それは卒業しました」と答えそう。





大塚家具
大塚a
大塚b
父と娘の骨肉の争い。

家族が「父親」派、
「長女」派に分かれ、泥沼化。

株主総会では、娘に軍配が上がり。
大塚c
久美子社長は勝利するや否や、
ロゴデザイン、店の内装を刷新。

しかしながら、
いまだ民事裁判は継続している。
まぁ、父親にしてみれば
「クーデター」だろうなぁ、とは思う。





大阪都構想
都構想
都構想2
都構想3

橋下代表が
提唱する大阪都構想で、
住民投票をすることに。


都構想7
選挙と違い
PRに関する制限がなく。

そのため
「賛成派」「反対派」双方が
大量のCM、ポスター、ビラ等を投入。

都構想8


都構想9

集会、デモも盛んに行われた。


そして投票結果は、
反対50.4%  賛成49.6%
都構想6
けっこう、僅差でビックリ。

反対側には
自民・公明・民主・共産が付いたにも
かかわらず、この結果か、と。








プラカード
プラカ1
プラカ3
デモや集会で掲げる
プラカードというのは、
かつては、各々
「手作り」のモノを持ち寄っていたような。

今は画像データをネットに上げ、
プラカ2コンビニで出力できる時代。

同じメッセージのカードを
掲げることで、一体感や
絵ヅラとしての強さが出せるため、
デモの主流になっている。

プラカ5


それは海外でも同じ。



プラカ4


共和党・トランプ氏。

アメリカ版「ハマコー」みたいな感じ?


プラカ8

統一感が出せる一方、
洗脳された歯車集団にも感じられる。






プラカ6
「同じカードををみんなで」
というのは、
スポーツ観戦から派生したような。

←オリックス・谷の引退試合。

プラカ7

谷の背番号「10」を
みんなで掲げる。







安保法案
安保
安保2
“グーパンチ”の場面がやたら、
引き合いに出されたヒゲの隊長。

動画を見ればわかるけど、
殴ってるのではなく押し返している。

安保3本人曰く、オープンハンドだと
指が目に入るかもしれないので
拳を握っていた、と。


反対デモについて
不思議だなぁ、と思うのは、
安保4“9回・裏”の段階になって
騒ぎ出してる感じ。

以前から反対運動してる
グループは別としてね。
9条信者とか原発反対派とか。

安保8そうじゃなく、ニワカな人たち。

テレビが
デモをよく取り上げるようになって
「えっ!戦争法案なの!?」みたいな。
「えっ!徴兵制!?」みたいな。

安保5「自分の意思で来ました!」と
おっしゃいますが。
ちょっと遅かったのでは、と。


反対派の人たちは
「落選運動やる!」と息巻いており・・・
安保37
いや、だったら、
なんで昨年の総選挙の前に
アクションを起こさなかったのかな。

「あれはアベノミクス解散だったから」
安保23と言うかもしれないけど。

その前に
「集団的自衛権の行使」について、
閣議決定したじゃん。

それに対し
安保29「許さん!」という意思表示で、
野党に票入れる機会はあったわけでね。

去年の流行語大賞って
「ダメよ、ダメダメ」だけじゃないよ。
「集団的自衛権」も大賞だよ。

安保32
そもそも、自民党が
集団的自衛権を持ち出してきたのは、
昨日今日の話ではなく。

2012年の解散総選挙の時から
公約で掲げてるし。
共“集団的自衛権の行使を可能とし…”

あと「日米同盟の強化」
「自衛隊の人員・装備・予算を拡充」とか
防衛面に力を入れる姿勢を見せている。

「憲法改正」についても
安保33草案を提示しており。
その中に
「国防軍を保持することを明記」と。

“国防軍”という言い回しについては、
当時けっこうメディアも
取り上げたと思うけどな。
安保10

では、ホリエモンの言うように
デモは無意味なのか、というと。

いや、意味ないことは、ないでしょ。
それなりに動きは起きたし。
安保20
ルールを守ってやるぶんには、
いくらでも、やっていんじゃないの。

反対なら、反対と
声を上げる権利はあるわけで。

安保13ただ「戦争反対!」とか
使い古されたお題目を
コールし続けても、
新規の賛同者は得にくかろう。

アジテーションと
プレゼンテーションは違うから。
安保14

もし「民主主義の危機だ!」
「安保法案、絶対反対」という
国民が圧倒的多数なら。

落選運動なんかしなくても、
次の参院選で自民は
大敗するんじゃないの。




スポンサーサイト
  1. 2015/10/26(月) 20:00:00|
  2. トレンド