ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

疑惑のエンブレム➂

イージーなようで難しい、エンブレムデザイン。
再審査1
広く門戸が開かれたことにより、
応募作品は1万点を越えました。

が、そのうち、約1000点に
不備があり、審査対象外に。

再審査2これはどういうことか、というと。

デザインの良し悪し以前に
“規定”に引っかかった、
ということでしょう。


一般2パクリ疑惑で炎上した頃、
ネットでは「私もエンブレム、
作ってみた」合戦が盛んになり…

まぁ、ほとんどが
規定上、アウトだろうな、と。

一般12「登録商標」の兼ね合いから、
IOC規定というのは制限が多く。

それをきちんと把握し
エンブレムを作ろうとしたら…

「表現できること」は、かなり限られる、
一般7というのに気付くでしょう。

“日本らしさ”を
出さないといけない一方、
富士山のような
「誰もが知ってる、社会的な共有財産」を
盛り込むのはアカン、とかね。
一般11
「国旗」の要素もダメ、
聖火など五輪的な要素もダメ。

ね? けっこう大変そうでしょ。

過去のエンブレムの多くが
抽象的なデザインになってるのは、
メダルそういう背景があるからでしょう。

エンブレムは、
いろんな使われ方をします。
メダル、看板、ポスター、Tシャツ…

汎用性の高さが重要なポイント。
看板
立体的に使われることもあれば、
ポロシャツの小さな刺繍になることも。

またモノクロで使われることも
想定しなければなりません。

あと、パラリンピックエンブレムとの
再審査2連動性も大事です。


新たな募集がかけられた際。
以下のデザイン要素が
審査対象外になりました。
   ↓
ガス「アルファベット単体や
一般的な図形(円、三角、四角…)のみで
構成されているもの」


理由は「商標登録を
受けにくいため」だそうで。

佐野エンブレム、完全否定されてるやん・・・




ネットで評判になった、外国人デザイナー考案。
一般8
「東京2020大会の象徴となること」
という条件からすると・・・

「なぜ扇?」という問いに対し、
なるほど的な説明は難しそう。




書道デザイナー考案。
一般6
パッと見、キレイだけど
細かいパーツが多すぎるのが難点。

「縮小で再現しても
デザインイメージの変化が少ないこと」
という条件に引っかかりそう。



たけし考案のエンブレム。
一般5

東京タワー、スカイツリー、
富士山という具体的なモノが
入ってる時点で対象外。





トートバッグの件で、
作品をパクられたデザイナー考案。
一般1


日の丸をモチーフに
してるので対象外。





スポンサーサイト
  1. 2015/12/16(水) 20:00:00|
  2. あの騒動