ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

After ~女性劇団員殺人事件④~

犯罪者の考える事は、常識では測れない。
ねや
凶悪犯というのは、やはり
常識と かけ離れた感性を
持ってると思う。

“フツーの人”が
リスキーに感じることを
推理10ヤツらは何とも思わない。

だから大胆な事件を起こすし、
整合性の取れない行動に出る。

「寝屋川・中1男女殺人」だって、
遺体を別々に遺棄した理由がわからない。
寝屋
犯人としては、その方が
捜査をかく乱できると考えたのか…

2遺体とも
林の中に隠していれば
しばらく発覚しなかったはず。
ストー2
不明の2人も
「家出人」扱いだったのでは。
そうなれば、
なかなか容疑者は
特定できなかっただろう。

押入5
「女性劇団員殺人」も
不可解な要素が多く。
「常識」的に考えては
ダメなような気がする。

まず「侵入」について。
押入3ワイセツ犯に多いのは、
同じマンションの住人のフリをして、
ドアを開けさせる…というやり口。

今回の場合、どうか?
時計は、深夜0時を回っている。
どんな理由を付けようとも、
押入2他人だったら絶対、ドアを開けないと思う。

もし、開けるにしても
「裸」ってのは、ありえないじゃない?

この「裸だった」というのも、果たして
襲われた時点で裸だったのだろうか。
専門5
首を絞めた後、
服を脱がせ可能性だって、あるのでは。


「浴槽に水が張られていた」というのも、
犯人が工作したのかもしれないし。
専門6
「入浴前」に見せかける理由は何か、って?
それについては
“そんなことして、何の意味がある”
…というのをやるのが“犯罪者脳”なのでは。

犯人は、施錠して出ていったものの。
押入部屋の電気は付けっ放しだった、
ってのもよくわからないしね。


女性が帰宅した後、侵入…
という見方しか、されてませんが。
カレ16
犯人が合い鍵を
持っていた、としたらどうだろう。

女性が帰宅する前に侵入できるよね。
そして、
押入れに潜み、頃合いを見計らって
襲うことも可能となる。






現場に残されたDNAは、本当に手がかりになるのか。
世田谷
この事件、なんか
「世田谷一家殺人」に
似た印象を受ける。

「世田谷殺人」は、
現場に犯人の指紋が付きまくり。
世田谷2まるで「自分の痕跡」が
残ってても平気なような・・・


「劇団員殺人」の場合、
犯人は被害者のスマホを置いていってる。
それは「ここから、俺には
専門2たどりつけないよ」
という自信の表れのような。

また被害者の体から
犯人の唾液が採取されており・・・

うーん、ここが、よくわからない。
演劇2「唾液からDNAが判明」
というのを、知らないとは思えない。
唾液なら、濡れタオルとかで拭けば
検出できないんじゃないの。

なんか、わざと
DNAを残したかのような・・・
桶1警察としては
当然、それに食いつくじゃない?
「まずは周辺関係者と照合だ!」って。
そうなるのを見越してたんじゃないか、と。

実際、どんなに捜査対象を
広げてもヒットしてないじゃん。
桶2
この事件、
被害女性に恨みを持つ者が
第三者に実行(殺人)を依頼した、
としたら・・・

そんなアホな話あるかいな、
交換と思われるかもしれませんが。

1999年に
「桶川ストーカー殺人」というのがあって。
ストーカー本人ではなく、
“その兄が手下に殺害を指示する”
という異様な事件だったんだよね・・・
ストー3あれは
数あるストーカー殺人の中でも
特殊な部類だと思う。


「女性劇団員殺人」は
犯人の「犯行後の足取り」ってのが
大阪まるで見えてこない。
皆、イメージ的には
“徒歩で移動”って感じじゃない?

でも持ち去った物が
かなりのボリューム。
そんな荷物を持ってたら
ストー1途中、人目につかないワケがない。

ていうことは「車」だったのか?
・・・とかね。

この事件、様々な可能性を排除せず
捜査しないと、難しいのかも。
DNA(唾液)という“パン屑”を
たどって行っても
全然「犯人」に近づいている感、ないし。



スポンサーサイト
  1. 2015/12/25(金) 12:00:00|
  2. あの騒動