ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

After ~800万円詐取・共謀殺人事件⑤~

弁護士の言い分。
罪1
この裁判では、弁護側が
ハナから「無期懲役」狙いだった。
「死刑に しないで」と。

そのため「情状酌量」的な
アピールをするのだが・・・
弁護3
弁護士って、ちょいちょい
「はっ?」っていうようなこと、
平然と言うよね。

「いや、そういう言い方は
逆効果では?」みたいな。
弁護6
[石崎の弁護]
「両被告が同じ時期に金に困り、
たまたま貯金がある人を知った。
条件が一つでも欠けたら事件は起こらなかった。
偶然とも言える」


弁護8[手面の弁護]
「動機は家庭崩壊させたくなかったため。

金銭欲を満たすための犯行に比べれば、
悪質とは言えない」


営利目的の計画殺人なのに
罪10「たまたま」「偶然」だと?
「悪質とは言えない」だと?

裁判員の人たち、心の中で
ツッコんでたんじゃないの。
「人の通帳、勝手に見て
“たまたま知った”は、ねーだろ」!と。
罪4
「悪質とは言えない」というのは、
“一般的な強盗殺人”と比べての話。
「死刑レベルの悪質性ではない」
ということを、言いたいのだろうが。
だからとって
「悪質とは言えない」という表現に
罪2一般人(裁判員)が共鳴するでしょうか。

手面の主たる動機は確かに、
「家庭崩壊を避けるため」かもしれない。
しかし、
奪った金は、「借金返済」以外の
ことにもジャンジャン使っている。
罪3さっそく覚せい剤、買ってるし。
「クスリ、欲しかったから」という
動機もあったのでは?


「石崎の借金」についての説明も、
そうとう苦しい。
真岡19     ↓
「被告人はマジメに仕事に取り組んでたが
家計が苦しいため、週末は
牛丼屋でアルバイトをしていた」

「住宅ローンとカードローンがあり
家計には余裕がなく
絞8自転車操業でやりくりしていた」


・・・なんか、もう、
ツッコんでくれと言わんばかり、というか…

あたかも「住宅ローンが大変で」
というのを“主因”にしたいようだが。
倫26
家計が苦しくなったのは、
「パチンコ」と「女遊び」に
つぎ込んだからじゃん。

バカ言ってんじゃないよ。







鬼畜の証明。
永山
弁護側は
「死刑、回避」の理由として、
以下のようなこと挙げている。

「もっとも重視すべきは被害者の数。
 本件の被害者は1名」
(※永山基準の話)
真岡11
「前科はない」

「犯行を素直に認めて正直に話した」

「謝罪の手紙を書くなど深く反省している」
栃木12
「(手面被告は)まだ若く、更生の可能性も高い」

「被害の回復について。(手面被告は)
 両親に対して400万円支払った」
(※石崎被告は100万円)


絞9殺人者の“人間性”を
見定めるポイントとなるのは
「殺害後の行動」だと思う。

そもそも、殺人という行為そのものが
悪行ではあるのだが・・・
殺害前は
真岡18「これしか手段はないんだ」という
追い詰められた心理状態、というケースもあろう。

で、「殺害後の心理」は
どうなのか、って話ですよ。

先日
罪9「殺した妻が枕元に立つ」と言って、
自首した事件があったじゃない?
あれは「良心の呵責」に
耐えられなかった、ということでしょ。

抵抗され 腕を掴まれた時の感触、
ロープづたいに
tezu3感じる肉に喰い込む感触、
吐血、失禁、断末魔…

その時の情景が脳裏から離れず。
食欲がなくなり、眠れず…
「まともな神経の持ち主」なら、
そうなるのがフツーだろう。
真岡16
しかしながら、
石崎・手面の行動からは、
「後悔の念」らしきものが
微塵も感じられない。

殺害後、手面は
真岡7大胆な行動に出ている。

女性が生きているよう
見せかけるため、
「女性の知人」に電話しているのだ。
「女性の友達」のフリをし。

真岡17奪った金の400万円は、ほぼ使い尽くしている。
借金の返済をし、残った金で
覚せい剤、子供服、布団などを購入。

旅行用バッグ、旅行費などにも使っており・・・
人殺した後に、呑気に旅行に
出かけようなんざ、たいした神経だな、と。
真岡5
手面は逮捕後、
遺族に対し400万円、払っている。
その金の出所はどこか?
ダンナとは思えない。
親が代わりに払ったのでは?

真岡9
石崎の「使い道」は、さらにヒドイ。
400万円のうち、
借金返済にあてたのは、わずか37万円。

その他に使ったのは…
◎遺棄現場の工事費
栃木a◎スマホ、パソコン購入
◎風俗
◎出会い系で知り合った女性から下着購入
◎パチンコ
◎スポーツジム
◎高級ホテルのスイート(25万円)

絞7また、コンビニでナンパした
女に入れ込んでたらしく。金を貢ぎ。
さらに
「車、買ってあげる」という約束も・・・

こいつ、本当に「火の車」だったのか??

母子
手面にしても
当初、困っていたのは
「住宅購入の頭金30万円」だった。

そのぐらいだったら、
なんやかんやウソの言い訳をして
えん親に頼み込むこと、できたと思うんだが。

あと、切羽詰ってるんだから
“自分のカラダで”…という考えは
浮かばなかったんだろうか。

高校生の時から
俗「出会い系」やったり
パンツ売ったりしてるぐらいだし。

まさか「風俗で働くぐらいだったら、
人殺した方がマシ!」と
思ってたわけでもなかろう。

罪62人とも、なんか
宝くじでも当たったかのような
散財っぷりなんだよなぁ。

人を殺して奪った金を使う時、
どんな心持ちだったんだろう…

罪5手面の子供たちは、
母が買ってくれた服や学用品が
“血に染まった金”によるもの、と知った時。
どれだけ傷つくか…

そして、手面と石崎は、
一人の親として「子供の気持ち」を
栃木10今、どう考えているのか・・・

もし、この殺人が
事件化してなかったら。
2人は、新たなターゲットを
探したのではないか。
そんな気がしてならない。






スポンサーサイト
  1. 2016/01/06(水) 20:00:00|
  2. あの騒動