ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

After ~女殺しの現職警察官①~

またしても、大阪府警。
水内1
27才の警察官が、交際相手の女性を
口封じのため殺害した事件。

大阪府警というのは、ホント
不祥事が途切れないな・・・

二股警裁判で、経緯の詳細が分かるにつれ
「うーん、女性は殺されずに
すんだのになぁ…」という
複雑な気持ちになった。  

おおまかな流れは、こうだ。
    ↓
水内14水内、大阪から宮城へ出向。
     ↓
「街コン」で知り合った女子大生と交際。
     ↓
水内、大阪へ戻る。
女性も、就職で大阪へ。
     ↓
二股警2水内、地元の交際相手と結婚。
     ↓
被害女性にバレる。
     ↓
「警察と奥さんに話す」と言われ
女性を絞殺。
水内11
事件発覚、当初は
水内が真剣交際のフリをし
女性を欺き、大阪に呼び寄せていた
…という印象だった。

が、実態はけっこう違っていた。
署長2「本カノ」がいる事を隠して
つき合っていたのは事実だが。

水内は全然、
真剣交際ではなかったし、
彼女を無理やり
つなぎとめる気もなかったのだ・・・





「肉食男子」と「純情女子」が出会ったならば・・・
水内10
水内が交際していたのは、
被害女性だけではなかった。

宮城に3人、大阪に3人・・・

「妻」「被害女性」を含めると
水内98人の女性と交際していたことになる。

妻以外は「セフレ」ということだろう。
水内にとって、被害女性は
「そのうちの一人」に過ぎなかったのだ・・・

検察官「なぜ交際を申し込んだのか。
水内19     性行為をしやすいからか?」

水内「そうですね」

水内は182cmの長身。
マッチョで剣道5段。
ルックスもシュッとしている。
たぶん
水内21「俺が口説けば、たいがいの女はオチる」
…ぐらいに思っていたのではないか。

宮城に赴任すると、さっそく
“現地セフレ”を物色するため「街コン」に参加。

当時、大学生だった「被害女性」に
水内27積極的にアタックする。

チャラくて女慣れしており「肉食系」丸出し。
第一印象はよくなかったようだ。

が、何度か会ううちに「悪い人ではない」と
思うようになり、交際を始める。
水内15父親に“警察官の水さん”と紹介しており、
女性は本気だった。

しかし、彼女以外にも、現地で
3人のセフレをゲットした水内は、
やがて冷たくなっていく。

水内18彼女としても、水内がそのうち
大阪に戻るのはわかっている。
つれない態度に対し
「どうせ、私は仙台の女なのかな…」
と思うようになり。

メールをしても無視される。
スノボに夢中で、かまってくれない。
水内7デートをドタキャンされる。
誕生日もクリスマスも
一緒に過ごしてくれない…
プレゼントもなし。

もはや
水内8「付き合ってる」とは言えない状態。
彼女も
「水内が本気じゃない」のは
わかってたはず。

それでも別れられなかったのは、
水内2「惚れた弱み」なのだろうか・・・

水内は、こう供述している。
「大切につき合おうという気持ちは
 なかったし、
 自然消滅すると思っていた」


2人の温度差が、
惨劇の下地となっていった・・・




スポンサーサイト
  1. 2016/01/07(木) 20:00:00|
  2. あの騒動