ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

After ~女殺しの現職警察官②~

地元で就職先を探す気は なかったんだろうか…
水内26
女性は、大学時代に資格を取り。
卒業後、大阪の病院に勤務。

就職先が「大阪」なのは、
やはり水内が居たからだろうか。

二股警2水内が本気でないことは
承知していたと思うのだが…
なにせ、住所すら教えない男だし。

2人が大阪で会ったのは3、4回。
そのうちの1回は、
水内が飲みに行って終電を逃した日。
水内27
水内「帰るのが面倒になって、
    彼女のことを思い出した」


もはや単なる「都合のいい女」扱い。

一度、女性の方から別れ話を
水内8切り出したことがあった。
その時、水内に「(俺のこと好きだから)
別れられないやろ」と言われ。

水内は「別れたくない」と
言ったわけではなく。
水内21「この写真を
ネットにバラまくぞ」というような
脅しをかけたわけでもない。

“別れられない”彼女の性格を
見透かしていたんだろう。





好色の代償。
水内7
女性が「水内の結婚」を知ったのは、
共通の知人のフェイスブックを見て。

既婚がバレても水内は余裕だった。
その頃の、知人とのLINE。
    ↓
水内3知人「そろそろ止めないと火噴くで(笑)」
水内「大噴火やな」

女性がリアクションを
起こさないのをいいことに、
水内は新たなセフレ作りに励んでいた。

水内20やがて女性がSNSで
「社会的制裁を受けてもらう」と書き込むと、
ようやくヤバい状況なのを察知。

知人とのLINE。
     ↓
水内「やばめやろww」
水内5知人「かなりな」
水内「このことは妻にも内緒な。
    辞めたら笑い話にして」

知人「言うわけないやろ」
水内「失敗したな。てか存在忘れてたわ」

このLINEのやりとりの翌朝、
水内は女性を殺しに出かけた。



殺意の本質。
水内17
裁判の争点になったのは
「計画殺人」か「突破的な殺人」か。

「事前に殺害計画を
立てていたとは認められない」
という結論に至った。
水内23
うーん・・・
最初から殺すつもりはなくとも、
相手の出方次第では
殺そうと考えていたのでは。

当日の水内の行動は・・・
水内6    ↓    
女性宅のマンションに入る時、
フードを被りマスクをし。
出る時は、
エレベーターではなく非常階段で。
服装は、入った時と違うものだった。
“防犯カメラに映りたくない気”マンマンやん。
水内12
鑑識用の手袋、足カバー、
殺害に使った革ベルト…

これらは全部、「たまたま
持ち合わせていた」とでも?

水内4遺体を解剖した結果、
肺の中に若干、水が入っていたという。
絞殺した後、
ダメ押しで浴槽に沈めたのだ。

また証拠隠滅のため
スマホを電子レンジで過熱。
水内13
水内が、女性の部屋に
滞在した時間は、約1時間。

服を着替え、警察に向い「剣道の稽古」へ。
これは“アリバイ”工作のような。

二股警3なお剣道場のゴミ箱に、犯行に
使ったベルトを捨てている。

「突発的」という割には、要領がよすぎるやろ。

「謝ったが許してもらえなかった」
「警察や妻への発覚を恐れ、犯行に至った」と・・・
水内31
ただ単に「口封じ」のため、というより、
女性に対する「憎悪」が生れたのではないのか。

水内と女性は、大阪では
ほとんど会っておらず。
半ば、自然消滅の状態。
水内29
知人とのLINEでも、
「てか存在忘れてたわ」というぐらいだ。
水内の中では
「思い通りになる、便利な女」
でしかなかったのだろう。

水内28そんな“イエスウーマン”だった彼女が
盾突いてきたのだ。
しかも、
自分の仕事と家庭を壊そうとしている。

水内的には
「このクソ生意気な女が!」という
水内30スイッチが入ったのでないか。

もちろん、女性が
激怒するのは当然のこと。
しかしながら、
水内のような人間に
“格下の者”への思いやりなど、
水内24ひとかけらも持ちあわせてないだろう。

裁判では「反省の態度」を見せたが。

どうだろう。
本心は、今でも逆恨みしてるのでないのか。
こんなふうに。
   ↓
水内25「あの女がフザけたこと
ぬかすから、こんなことになったんや!

大人しくフェードアウトしとけば済んだ話やろ!

俺を人殺しにしたのはアイツや!」





スポンサーサイト
  1. 2016/01/08(金) 20:00:00|
  2. あの騒動