ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

After ~愛媛・乳児産み殺し事件④~

発覚の顛末。
媛4
愛媛の事件は
従来の「乳児遺棄」とは
かなり様相が異なる。

「遺棄してしまう母親」というのは、
たいがい20歳前後で独身。
媛17そして初産。

が、愛媛の女は、バツイチ子持ち。
「出産」と「遺棄」を繰り返していた。


彼女は以前から、近隣では
媛3奇異な存在だった、という。

あきらかに妊娠してると思われるのに、
赤ん坊の姿を見ない。

お腹が引っ込んだ…
と思ったら、また大きくなっていく。
媛10
こういうのって、
他人はなかなか立ち入りにくい話。

子供の姿を見ないのは、
「死産」「流産」の可能性がある。
「里子」に出したのかもしれないし…
媛12
やがて、たまりかねた住民が通報するも。
デリケートな案件なので、
警察と行政で相談。

まずは
福祉課の人が、話を聞きに行き。
媛18当然のことながら、女は「妊娠」を否定。
「太ってただけ」「卵巣の病気で薬を飲んだ」
などとウソを並べたが通用せず。

そして、ついに警察が立ち入り調査。
押し入れから、白骨化した遺体が出て来た。
五体も出てきたのには、捜査員も驚いただろう。





無痛の女。
媛24
殺害動機については
「いらない子だったから」と供述・・・

どうも、この女の心理がわからない。

なぜ避妊対策を取らなかったのか。
媛15妊娠して困るのは、自分だろうに…

いや。もしかしたら、「妊娠しても
別に構わない」ぐらいの感覚だったのかも。

「そしたら、また産んで
処分すればいいや」と…
潤
でもなぁ・・・
産みの苦しみって
「凄い」っていうじゃん。

タレントの長谷川潤は
2度、出産しており。
卵難産ですっごく大変だったという。
「3人目は?」と聞かれたら「もー、無理!」と答え。

かつて、秋吉久美子が
「卵で産めたらいいのに」と
言って話題になったことがあった。
これは
媛22「出産の大変さ」から
来た言葉なのだが。

“愛媛の女”は、もしかして
悪阻や陣痛というのが、あまり
なかったんじゃなかろうか。

産14まさに「産卵」するような感覚で
産み落としていたのでは、と。

しかし産まれて来るのは、
まぎれもなく「人間」だ。
オギャーオギャーと泣く赤子の
口と鼻をふさいでる時の心境とは、
産19どういうものだったのだろう・・・

他の「乳児遺棄」の女たちは、
おそらく「こんな思いは、二度とごめんだ」
と思っただろう。そして
「次からは、絶対避妊に気をつけよう」と・・・

産13しかし“愛媛の女”は繰り返している。
今回、逮捕されることがなければ
同じことを続けていただろう。

体質がナチュラルに
“無痛分娩”なのかもしれないが。
心に「痛み」を感じる箇所が
欠落しているとしか思えない。



スポンサーサイト
  1. 2016/01/22(金) 20:00:00|
  2. あの騒動