ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

After ~初期報道からは見えなかったもの②~

遠距離殺人の背景。
僧4
2014年、愛媛のネイリストが
自宅で何者かに殺された。

首を絞められ、さらに頸動脈を切られ。
金品は奪われておらず、
「怨恨の線」だと思われた。
僧8
当初、第一発見者であるカレシに
疑いの目が向けられたが。
アリバイがあった。

警察の地道な捜査が実り、
昨年、ついに容疑者逮捕。
僧1
犯人は、徳島に住む僧侶だった。

逮捕直後、男は取り調べで
「簡単に説明できる話じゃない」と言い。

様々な「?」が渦巻いた事件。
僧9「徳島の坊さん」と
「愛媛のネイリスト」にどんな接点が?

そもそも、男は「新婚さん」。
近所でも「仲がいい」と評判で。
なのに、わざわざ170km先まで
「女を殺しに行く」ってなんなの?と…
僧15

女性と男の関係は、
「デリヘル嬢と客」だった。

男が、寺関係の会合で
愛媛に出張した際、
僧10女性が勤める店に行ったのが始まり。

男は結婚したばかりだったが、
このデリヘル嬢にゾッコン。
やがて店の外でも会うように。

店外デート…と言うとソフトなフレーズだが。
僧6まぁ、よーするに売春だわな。

男は恋愛感情を抱くようになり、
自分だけの女にしたいと思うようになった。

「店を辞めてほしい」と頼んだが、
「親に借金があるので辞められない」と断られ。
僧12だったらと、
男は大金(180万円)を渡し
「3つのこと」を約束させた。
◎他の客と本番しないこと。
◎今まで通り会うこと。
◎どちらかが嫌になったら関係を終わりにすること。

僧11一言で言えば、
「俺専属の娼婦になってくれ」ってことか。

その後、男は 女性から
「あと160万円あれば完済する」と泣きつかれ、
寺の金に手を付け渡してしまった…

僧17が、「親の借金」というのは真っ赤な嘘で。
女性は、せしめた金で「自分の借金」を返済し、
またカレシと海外旅行に行ったりしていた。
男は、そんなことを知る由もなく…

貰うものを貰うと、女性は冷たくなり。
「今日は具合が悪い」「バイトが入った」などと
僧2言い訳し、会うのを拒むようになった。

「あなたに会ってもお金にならない」と
ハッキリ言われ。
そして、また「お店で会う」という関係に。

男としては「なんのために
僧7大金渡したと思ってんだよ」と納得いかず。
そして、女性が
「別の男」と会ってるのを目撃し、
怒りがフルスロットルに。

「金を返してほしい」とメールしたが、
「あなたが勝手にくれたんじゃない」と
僧5とりあってくれず。

男は一時は、「もう忘れよう」
「関わるのはよそう」と思ったものの。
女性のブログを見ると、憎悪が増幅・・・

興信所を使い彼女の住所を突き止め。
僧14そして、
宅配業者のフリをし自宅に侵入。

警察に捕まる・捕まらない…
みたいなことは、あまり
考えてなかったのかも。
ただ「許せない!」「思い知らせてやる!」
僧16という衝動に突き動かされていたような…

事件後、男は「いずれ
捜査の手が自分に及ぶだろう」と
思っていた。
“残されたシャバでの時間”を
有意義に過ごそうと考えたのか、
僧13妻と旅行に行ったり。
また、昔の友人とも、よく会うように…

逮捕後、取り調べの中で
「私は僧侶に成り切れていなかった」と供述。

男は、国立大の教育学部に進学しており。
僧18僧侶になる気はなかったが、
祖父の死を契機に家業を継ぐことに。

妻は、大学時代からの交際相手だった。
妻については
「地獄のような苦しみを与えてしまい、
申し訳ない」と話していた、という。

煩悩に溺れた“名ばかり僧侶”に
課せられた刑期は16年。
大切な人たちを生き地獄に突き落とし、
塀の中に収監されていった。



スポンサーサイト
  1. 2016/02/01(月) 20:00:00|
  2. あの騒動