ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

After   ~貴女が男に殺されないために①~

事件の影にオトコあり。
僧19
「僧侶による女性殺人」は、
動機自体は
わかりやすいものだった。

「親に借金がある」と泣きつかれ
大金を渡してしまい。
僧21約束を反故にされて
「金、返せ」と言っても返してくれず。

逮捕後わかることだが、
被害女性の「親の借金」というのはウソで、
別の男と海外旅行などを
エンジョイしていた、と…


ソープ1実は、これに似たような事件は、
ちょいちょい起きている。

昨年、風俗嬢が 常連客に
「親がケガをして障害者になり、
借金がある」とウソの不幸話をし、
約1500万円、騙し取った事件があった。
ソープ3で、その金は、ホストクラブに。

回を追うほど、無心する額がUPし、
最終的には1度に400万円…

女は「言いなりになるような人だったので」
「たかっちゃいました」と悪びれることなく。
ソープ2金を受け取るとホストクラブへ直行。
その日のうちに使い切っている。

女が住んでたアパートは家賃6万円。
騙し取った金を、衣食住に使うのではなく
まるごとホストクラブにつぎ込む、というのは
「依存症」化してた、ということだろう。



貢
「会社の金を横領し、
キャバ嬢に貢いでた」という事件もあった。

7年間で約350回貢ぎ、
総額6億円を超える。

クラブ15男は会社の経理担当で。
キャバ嬢に無心されるまま 
つぎ込んでいた。

「病気の治療代」というウソを
鵜呑みにしていたのだ。

だんくぼ5何度か店外デートすることはあったものの、
2人の間に肉体関係はなく。

本格的に貢ぎ始めてからは、
会ってすらいない。
男は、キャバ嬢の
「入院して面会謝絶」というウソを信じていた。
だんくぼ7
メールのやりとりだけで、
横領した金を振込み続け…

ではキャバ嬢が、最初から
騙し取るのが目的だったのか?
というと、そうでもなく。
ネイル4男が「付き合って」としつこいので、
遠ざけるつもりで
「お金で困ってる」と言い。

すると簡単に10万円、渡してくれて。
じゃあ、もっと高額なら
引くだろうと「治療代で30万」と言ったら、
ネイル6またしても、あっさりゲット。

これで、女の感覚は狂った。
男の「金の出どころ」はわからないが、
おねだりすれば、いくらでも
ホイホイ出してくれるのだから。
千葉32要求額も加速し、
一度に850万円、無心することも。
キャバ嬢は、せしめた金で
ホストクラブ三昧。

ブランド品を買い、旅行に行き
高級マンションに住み。
貢4やがてカレシと同棲を始め、
プードルを9匹飼い…

男の方も、感覚が麻痺していた。
いくら横領しても会社にバレないのだから。
女に貢ぐ以外にも、男自身、
4000万円を株式投資に使っている。
貢2
後に、キャバ嬢に対し
民事訴訟を起こしたものの、
貢ぎ金は、ほぼ使い果たしており。
実質、泣き寝入りするしかなかった。

世間では「この女は罰せられないのか!」
クラブ3という怒りの声が上がったが。
キャバ嬢は、ウソをついてたが、
「横領しろ」とそそのかしたわけではなく。

和解金として、キャバ嬢の親が
会社に対し600万円支払っている。

だんくぼ3キャバ嬢の父親が元警察官…
というのが、なんとも皮肉な話。

父親は「週刊文春」の取材に対し、
不機嫌に対応。記者に
「あんたを殴って、捕まってもいいんだ」
「こっちも被害者だ」などと激オコ。
クラブ1
「横領した金と知ってたら、
娘だって受け取らなかったはず」と言うが。
男が、キャバ嬢に
「横領していた。自首する」とメールした後も
「最後に1500万円、お願いできないかな」と返している。

住職なお、男の両親は資産を処分し、
会社に3400万円賠償している。
男には、懲役7年の実刑判決が下った。



「僧侶による殺人事件」と、
僧5上記の詐取事件は
「流れ」的には似ている。

被害額で比べると、僧侶は「340万円」。
後者は「1500万円」と「6億円」。

後者の2人は警察に通報したり、
僧20「悪いのは自分」と言ったり。

僧侶のような殺意を抱くほどの
憎悪には発展していない。

なぜなのか。
そこには“何に対してお金を払ったのか”
という「対価の違い」があると思う。





スポンサーサイト
  1. 2016/02/02(火) 20:00:00|
  2. あの騒動