ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

議員の品格➂

育休の行方。
育1
宮崎議員が
とてつもなく叩かれてる理由。

それは「浮気者」というだけでなく、
「男性議員の育休」を提唱した
張本人であること。
育3
世間は「お前のような男に
育休を語る資格などない」と。

そして、この騒動で
「育休そのもののイメージが悪くなる」
という声も。
みや6
野党や識者も、
その点について怒り心頭。

いやいやいや、
お気持ちはわかるけど
ちょっと待ってくださいよ。
みや9
宮崎議員は
「育休中」ではなく
「妻の産休中」に不倫してたんであって。

「さぁ、これからイクメン」という直前に
文春に潰されたんでね。
みや8
まぁ、文春報道がなければ、
今も不倫を継続してたんでしょうが。

それと「育休のイメージが
悪くなる」云々なんですけど。

育5そもそも、宮崎議員の
「育休宣言」の賛否というのは、
「男性・国会議員の育休」というのが
争点であってね。

「育休」全般の話と結び付けて、
発言するほうが、どうかしてると思う。





「育児」と「不倫」は真逆のモノか。
宮4
この騒動で、よく言われるのが
「言ってる事とやってる事が違う!」
というご意見。

一瞬、もっともらしく聞えるけど。
果たして本当に
男育3“真逆”のことなのかな、と。

おそらく、宮崎元議員は
「両立させるつもりでいた」はず。

実際、世の「不倫者」たちは、
「家庭生活と不倫は両立できる」と
倫a思ってやってるでしょ。

夫に浮気されて、
離婚に踏み切れない妻の言葉で
「でも、子供たちにとっては、
いいパパだし…」みたいなのが
あるじゃない?
倫3それは、
家にいる時は“家庭的な人”として
振る舞ってるってことでしょ。

こういう男の頭の中は、おそらく
「女房・子供をちゃんと養ってるんだから、
プライベートの時間で
倫5俺が何しようと勝手だろ。
迷惑かけてないだろ」というのが
あるんだと思う。


また、今や「浮気」は
男の専売特許ではなく。
不7
2年前「昼顔妻」ブームが起き。
様々な番組で
「妻の浮気」が取り上げられた。

では、不倫妻が「家庭を
おろそかにしてるか」といったら、
倫6決してそうではなく。

むしろ不倫してるからこそ
(バレないよう)
「家のことをキッチリやっている」
という人が多いそうで。

不4また不倫相手に満たされることで、
「夫に優しく接することが
できるようになった」と。

それまでギスギスしていた気持ちに、
余裕が持てるようになった、と。

倫2不倫妻の3人に1人は、
「不倫によって救われた」というデータも。

このタイプの女性にとって、
「不倫相手との関係」は
もはや「生活の一部」と化しており。

不1「円滑な家庭」を営む上で、
欠かせない“息抜き”である、と。

「この快楽を手放してなるものか!」という
執念のようなものすら、芽生えてるてじょう。

女性誌では「不倫」「浮気」ではなく
宮5「婚外恋愛」という
キレイな言い方をしておりますが。

けど、逢引きの方法は
「ホテルで会って、ホテル別れ」
みたいな形態がほとんど。
それ、「恋人」というより「セフレ」でしょ。
不8
「主婦の不倫」は
断然「W不倫」が多いそうな。

つまり、いくら自分が
完璧に隠ぺい工作しても、
不倫相手がボロを出すリスクがあり。
倫4
一般的に
「夫は、妻の浮気に気づかない」と
言われておりますが。

それでも、子供はごまかせない。
子供は、母親の
不5「変化」に敏感な生き物。
特にオンナ化した場合、
本能的に察知するような…

ベッキーや宮崎議員の不倫騒動って、
今現在、不倫してる人たちにとって
不2他人事じゃないでしょう。
アレと似たようなメール・LINEのやりとりを
日々、やってるだろうし。

不倫体質の人は、ある意味「清原」と同じ。
「やめたほうがいい」と
頭でわかっていても、やめられないし、
やめたくない。

天使に「明日は我が身だよ」と、
たしなめられようとも。
「バレなきゃいいじゃん」という
悪魔のささやきに身をゆだねてしまう。



[既婚女性・婚約中の女性50人に聞きました]
不9

Q.妊娠中、夫が浮気したら離婚する?

YES…50人中 8人



不3
実は自分が浮気したことある。

50人中9 人

これは「アッコにおまかせ」での調査。
信じるか信じないかは、あなた次第です。



スポンサーサイト
  1. 2016/02/22(月) 20:00:00|
  2. トレンド