ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

2016春のドラマ評 ~90年代で時間が止まっているフジテレビ~

「ましゃロス」とは何だったのか。
ラブソン3
前の月9ドラマ『いつかこの恋を…』が
「月9」枠の最低視聴率を叩き出し。

そして『ラヴソング』が
ワースト記録を更新…と。

ラブソン8フジの亀山社長は当初、
数字が芳しくないことについて
「見逃し視聴はいい。『いつ恋』よりも上回った」
とか「世帯視聴率で(データを)
取ってほしかったという気持ちはあります」
といった、負け惜しみにもならない弁。

ラブソン4この発言は
テレビ局の社長して、どうなんだろう。

確かに、ビデオリサーチの数字だけで
リアル視聴率は はかれない。
録画視聴、ネット配信で見てる人もいる。

ラブソン5しかしながら、地上波というのは
CMを見てもらってナンボ。

スポンサーは「広告媒体」として
テレビ局にバカ高いお金を払ってるわけで。
視聴者が、CMをスルーし
ドラマだけ見られたのでは意味がない。
ラブソン9
なのに亀山社長は
「見逃し視聴はいい」などと
のたまっている。
おいおい、
本気で言ってんのかよ、と。

ラブソン14まー、でもフジとしては
目論見が大外れでビビッてるでしょう。
まさか「福山雅治」で、
数字取れないとは…と。

だいたい、コアな福山ファンってのは
ラブソン13「中年女性」でしょ。
スマップだって、
支えてるのはオバサン層だし。

10~20代の女性は、そんなに
福山好きではないんじゃないの。

ラブソン6このドラマのヒロインは20才でしょ。
視聴者の30代女性が、あのコに
「自分」を投影できるのかなぁ、と。

初回は10%行ってた。
けど、その後は9%→8%→7%…と
着実に視聴者が離れていってる。
ラブソン1それがどういう意味か、
フジはよぉ~く考えたほうがよろしいのでは。

あと
「ヒロインがガンになり…」って、
何十年前のセンスや、っちゅーに。
そんなんで盛り上がるのは
90年代までやでぇ。






野島伸司、完全終了のお知らせ。
OUR1
野島伸司が活躍したのは、
『101回目のプロポーズ』とか
『ひとつ屋根の下』とか。
あのあたりまで。

21世紀に入ってからは、
OUR2これといった結果を残せていない。

近年の作品だと…
なぜリメイクしたのかわからない
『アルジャーノンに花束を』。

全スポンサーがCM自粛した
OUR3『明日、ママがいない』。
打ち切られて終了した。

そして今回の
『OUR HOUSE』も打ち切られ。
ヤケクソみたいな最終回は
3.3%という散々な数字だった。
OUR4
これで さすがにもう、
野島に仕事を発注する
おめでたいテレビ局はないのでは?

とにかく、ありとあらゆる面で
ダメダメなドラマだった。
OUR20
愛菜ちゃんの芝居がなぁ・・・
演出家の指示なのか
「口調」が一本調子で。
たとえば
「あんたの好きなようには、させないわよ!」
OUR6というセリフがあったとしよう。
で、愛菜ちゃんは・・・
んたのきなようにはせないわよ!」
…と「接頭」に力を入れて喋る。
全てにおいて、そう。
緩急がまるでないんだわ。

OUR17編集で言うと
「場面」がつながらないようとこもあり。
いきなり「別の場面」に
早送りしたかのような。

あと「えっ?ここで涙流すの?」とか
「えっ?ここで笑うの?」とか…
OUR16喜怒哀楽の描写がメチャクチャで。

「おいおい、
この脚本家、頭、大丈夫か?」と
心配になった。

プロレスラー・高山を起用したのも
OUR19意味不明。
「既成の俳優ではない人」だから
出せる“味”というのもあろう。
しかし、
高山の役どころは
シロートがやれるものではなく。
無残としか言いようがない。
OUR11
きわめつけは、
「亡くなったママそっくりの女性」が
現れるくだりだろう。
『101回目のプロポーズ』でやったことを
また、やるのか、と・・・

OUR12
第1話の視聴率が
大爆死という結果になった後、
亀山社長は、こう言った。

亀山「野島さんはドラマを
   きっちり作っていらっしゃる方なので、
OUR14  2話、3話と面白く盛り上げてくれると思う」


まぁ、自分んとこで起用した
脚本家なのだから、
悪く言うことはできんだろう。

が、亀山社長はドラマ畑出身なのだから、
OUR15あの「ホン」がいかにクソかは承知してるはず。

『アワハウス』の「アワ」とは、
今となっては
「バブル」の方の「アワ」だったのかな、
という気がしてしまう。

OUR5『東京ラブストーリー』の脚本家でコケ、
野島伸司でコケ・・・
フジのコケ街道は、いつまで続くのか。

ともかく愛菜ちゃんが
野島伸司と交わることは、
二度とないだろう。
関わるたびに
黒歴史が増えていくもの。



スポンサーサイト
  1. 2016/06/13(月) 20:00:00|
  2. ドラマ