ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

[リオ五輪] あの人のコトバ

団体3位決定戦を終えた
福原愛の一言。

fuku1


苦しい
オリンピックでした。





2004年 アテネ五輪
fuku2
弱冠15才で出場。

この時は「いい経験に
なりました」的な感じで
涙はなく。


2008年 北京五輪
fuku3

団体3位決定戦で
韓国に惜敗。

悔し涙を流す。


2012年 ロンドン五輪
fuku4

悲願のメダル獲得で
歓喜の涙。





2016年 リオ五輪
fuku7
銅メダルの瞬間。

笑顔の石川さんとは対照的。
何かから解放されたかのように
涙があふれだす。



fuku8今大会は
キャプテンということもあり、
ずっと気を張っていた。

泣きたい時もあったが、
「キャプテンの自分が今、
泣くわけにはいかない」と。
fuku5
福原「お腹も減らなければ、
    いっぱいにもならない。
    いくら眠たくて寝ても、
    寝たという感じになってなくて…

    メダルが近づく中で
fuku6    一瞬たりとも気を抜けない
    長いオリンピックでした」


愛ちゃんの出場は4度目。
オリンピックを「苦しい」と感じたのは
初めてなのでは。

fuku10団体戦では、善戦はするものの
黒星続きだったんで。
そりゃあ、しんどかったでしょうよ。


NHKの五輪番組には、随時
視聴者からの
fuku9応援FAXが届いてて。

で、いちばん多かったのが
愛ちゃんなんだって。

やっぱり国民的人気者なんだね。








決勝戦で破れた吉田沙保里の
家族への懺悔。

よしだ1

お父さんに
怒られる。





よしだ3
吉田さんの涙については
「泣き過ぎ」と言った声もあり。

いやでも昔から
あんなだからね、吉田さんて。

よしだ4以前、公式戦で
「何年ぶりに負けた時」も
ずーっとメソメソしてたし。

また「謝らなくてもいいのに」
といった声も。
ヨシダ16
んー…でも、あれでこそ
“霊長類最強女子・吉田沙保里”
なんだろうな、と思ったけどね。

背負わなくていいモノまでも
背負って、それを
よしだ2力に変えてきた、っていうか。

ただ「自分のために」という
モチベーションだけで
何年も連勝を続けられない気がする。








コートに入る前、
奥原希望が口にしていること。

oku1
oku2
『この舞台に立てることを
  感謝して思いっ切り楽しもう。

  よしっ』


彼女は、ヒザを
oku32度も手術しており。
それがきっかけで、
このような"ルーティン"を
やるようになった、と。

「試合ができる喜び」みたいな。






個人総合で優勝した
内村航平のコメント。

航平1

「うれしい」より
「幸せ」です。




航平5
内村「疲れ切りました。

   出し切りました。

   もう何も出ない所まで
   出し切って取れたので。
   うれしいより幸せです。
航平2
   これだけいい演技で、
   一番いい色のメダルが取れたので、
   僕は一番の幸せ者だと思います」


鉄棒の演技の中で、
ギックリ腰のような状態になり。
航平4最後、ピタリと着地を
決めたのは奇跡かもしれない。

それでなくても、
コンディションが悪かった今大会。

団体では全種目に出てたし
航平3披露もピークに達していただたろう。
それが
「疲れ切った」「出し切った」
というコメントに現れている。








戦いを終えた内村航平の、
妻へのメッセージ。

航平6

存分に
こき使っていいよ。




航平7
内村「試合に行く前も、
   僕にあまりプレッシャーを
   与えないように、いつも通りで。
   試合のことも何も話題に出さずに
   送り出してくれる。

    この何カ月間は
航平8    気を使わせてばっかりだったので、
    帰ったら存分に“こき使っていいよ”
    と言いたいと思います」


この言葉から、家のことは
奥さんに
任せっきりだったんだろうなぁ、と。
航平9
家でも体操の動画を見て
研究してた、っていうし。

でも、奥さんによると
「子供が大好きで、家で
すごく遊んでくれる。

こうへいいいパパだと思います」と。

なんか、マスコミに
「嫁姑バトル」が、どうのこうのと
書かれて 奥さん、可哀そう。





スポンサーサイト
  1. 2016/09/05(月) 20:00:00|
  2. テレビ