ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

2016秋のドラマ評 ~コメディ作るのって、難しいのかな~

レンタル救世主
救世主1
今期ドラマは、
シリアスなものが少なく。

全体的に、コメディ寄り。

で、思うのは
救世主2コメディはハズすと、
とことんスベるんだな、と。

「レンタル救世主」が
まさにそれ。


救世主3特に、この
金髪のあんちゃん。

芝居の寒さ、ハンパないっス。






ラストコップ
ラスト1
秋の“本編”が始まる前に、
「エピソード0」を
3週に渡りオンエア。
早めの
“集客”を狙ったのでしょう。

ラスト2しかし視聴率はパッとせず。

やっぱ、コメディを
面白く作るのって難しいんだな、と。






IQ246 ~華麗なる事件簿~
io11
土屋太鳳の
「マラソンがんぱった」効果か、
視聴率の初動は好調。

その後、ジリジリ
後退するも10%をキープ中。
iq4
始まった当初は
「織田裕二の喋り方に違和感」
という指摘が多く。

本人としては
「どうやって、IQ246もある人を
iq1演じたらいいのだろう…」と
悩んだすえ、
あの「喋り方」にたどり着いた、と。

まぁ、ミスキャストと
言ってしまえば、それまで。

iq5「踊る大捜査線」など熱血キャラの
イメージが強いだけに、
「インテリ貴族」というのは
ギャップありすぎ。

どうかすると
「執事」のディーン・フジオカの方が
iq2知的に見えてしまう。

視聴率が落ちてきてるのは、
単純に
「謎解き」がイマイチだからだと思う。

設定は「IQ246」かもしらんけど。
iq7脚本家のIQはフツーなんだろうし。


←薬品をかがせ、気絶させるシーン。
でも、コレって“デマ”なんだって。
クロロホルムを嗅いだとしても
すぐに気を失うことはない、と。





キャリア ~掟破りの警察署長~
キャリア1
「遠山の金さん」の現代版。

これ、ハナから
視聴率取る気、ないでしょ?
「やっつけ仕事」感が凄い。




家政婦のミタゾン
ミタゾ1
女装の
「ダークヒロイン」ってことらしい。

見るからに「女装」なのに、
家政婦として受け入れる不思議。




Chef! ~三ツ星の給食~
ch1
三ツ星シェフがクビになり、
学校給食の世界に…
という設定は 悪くないと思う。

しかし主人公の
キャラクター設定がムチャクチャ。
ch5
「おいしさのためなら」と
予算も調理時間も無視して、
やりたい放題。

いくらなんでも頭、悪すぎだろ、と。






メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
レディ2
「チーム・バチスタ」の女版、
みたいな感じ。

「私、手術しないので」
というセリフがあって。
レディ5「ドクターX」を
パロッたつもりなんだろうが。

片や視聴率20%、
片や8%…

「ドクターX」を意識すると
レディ3惨めになるだけやろ。

あと、脇役の顔ぶれが、
ちょっと薄いと思う。

医療ドラマの割には、
味付けがあっさりすぎる。




カインとアベル
カイン2
フジテレビとしては
「秋のドラマ編成」は
“箸休め”なのかな。

全般的に、とても
「力を入れてる」ようには見えない。
カイン3
このドラマにしても、
キャスティングがかなり弱い。
視聴率、取りに来てないよね。

あと「お金持ち」設定の割には、
住んでる家が「安っぽい」し。




スニッファー 嗅覚捜査官
スニ2
海外の人気ドラマのリメイク。

阿部寛と香川照之という
魅力的な組み合わせなのに、
面白く感じないのはなぜだろう。

スニ3なんか、
ストーリー展開が一本調子で、
意外性に欠ける感じ。

あと「匂いだけ」で
何もかも わかりすぎ。




砂の塔
砂の3
このドラマ、
シャローン・ストーンの映画
「硝子の塔」をモチーフにしてると思う。

「題名」真似てるし。

「隠しカメラで、マンション内を
覗いてる」というのも同じ。
砂の1
なんか「昼ドラ」っぽいなぁ、と。

「ママ友カースト」というのも
「今さら」って感じだし。

コメディ作るのも難しいけど。
サスペンス作るのも難しいのね。




スポンサーサイト
  1. 2016/12/05(月) 20:00:00|
  2. ドラマ