ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

【逃げ恥】 ~隠れヒロイン・石田ゆり子の株価急上昇~

「和風」」顔の強み。
ゆり子1
エンディングの
「恋ダンス」は、当初
「ガッキー、かわいい」って
ことで評判になったのですが。

「石田ゆり子、かわいい」
ゆり子2という声も多く。
ガッキー派、石田ゆり子派…
みたいな感じに。

「石田ゆり子」フィーバーは、
制作サイドとしても
予想してなかったのでは。
ゆり子3
エンディングの人気は、
もちろん「ガッキーのかわいさ」
「振付のかわいさ」ってのもあるんですが。

「いいトシした大人が、
がんばって踊ってるかわいさ」
ゆり子4ってのも、あると思う。

だって、ガッキー以外は、
30~50代の
オッサン・オバサンだから。

石田ゆり子の「強み」は何か、
ゆり子8っていうと。
あんなふうにノリノリで踊っても、
「痛い女に見えない」と。

47才なのに「オバさん感」がない。
かといって、
若作りしてるわけでも
ゆり子6厚化粧した「美魔女」系でもない。

やっぱり「和風」顔ってのは、
“老け”が目立たないんだと思う。

田中裕子、樋口可南子、原田知世…
みんな「年相応」に見えながらも、
ゆり子7「老けてる」感が
顔に出ない、っていうね。

そういう意味では、
黒木華は
20年後も安泰でしょう。






アラフィフ女優としてのベスポジを獲得。
ゆり子10
「若い頃の石田ゆり子は」
というと。
妹・石田ひかりの陰に隠れてた、
っていうか。
ゆり子13
妹はキリッとした顔立ち。
で、姉は、ホワッとした昭和顔。
「癒し系」ともいえるが、
90年代はそういうタイプが
ウケる時代じゃなかったように思う。

ひかりは、朝ドラ・ヒロイン、
「あすなろ白書」の主演など
ゆり子15華やかな主演女優として人気を博した。

一方、ゆり子は、
コンスタントに
仕事をやってきたものの。
目立つ存在ではなかった。

ゆり子9『もののけ姫』の「サン」って、
石田ゆり子が演じたのに。
「みんな、そのこと、忘れてね?」
…みたいな。
どうせなら『逃げ恥』で
「サン」のパロディー入れてほしかったわ。
ゆり子14
ひかりは、結婚し子供も2人でき。
第一線から退く形に。

一方、姉はアラフォーになってから
のほうが、仕事が充実してる印象。

医師恋5なぜか「年下イケメンと
恋に堕ちる」という設定が多く。

「医師たちの恋愛事情」(斎藤工)
「コントレール」(井浦新)
そして、今回の「逃げ恥」。

ゆり子11石田ゆり子は、
オスカーや研音といった
大手事務所の所属ではなく。
個人事務所でやっている。

にもかかわらず、
主演・準主演のオファーが
ゆり子5あるということは、
それだけ
リアルなニーズがある、
ってことだろう。

『医師たちの恋愛事情』
『コントレール』は、女性向けに
ゆり子16作られたラブストーリーだった。
よって、
男性視聴者は「全く」と
言っていいほど食いついてない。

が、『逃げ恥』での石田ゆり子は、
男女問わず、支持される存在に。
ゆり子18
まぁ、それだけ「土屋百合」が
魅力的なキャラクターだった、
ってことなんだろうが。

『逃げ恥』による
遅咲きブレイクによって、
ゆり子CMのオファーとか
すごいことになってんじゃない?

ちなみに仲のいい芸能人は
「天海祐希」と「鈴木京香」だそうで。
うーん、この
“プロの独身”仲間感がww





スポンサーサイト
  1. 2017/01/04(水) 20:00:00|
  2. ドラマ