ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

2017冬のドラマ評 ~娘の首を真綿で絞める母~

娘やめて21
今期、最後まで見たドラマは
『お母さん、娘をやめていいですか?』
だけだった。

いつもなら「ドロドロ系ドラマ」は
スルーするのですが。
母娘2
『娘をやめて…』は、
そのドロドロ加減に
抑制がきいてて よかった。

母娘6民放だったら、もっと
エゲつない展開にしてただろう。

テーマは「母が重い」ってヤツ。
近年、この手の本が多数出版されている。

「親子関係」というのは、以下の4パターンあり。
   ↓
母娘3①父-息子
②父-娘
③母-息子
④母-娘

この中で、関係がコジれた際、
いちばんやっかいになるのが
娘やめて23「母-娘」だろう。

「母-息子」の場合、
息子は「ウルセー、ババア!」と
拒否するパワーがある。

しかし、娘は
娘やめて25それをできないケースが多いようで。

娘が「NO」の態度ではないので、
母親は「受け入れられている」と思い込む。

このドラマでは、
そのへんの微妙な機微を
娘やめて24見事に切り取っていた。

美月(波瑠)は、決して
母のことを嫌いなわけではなく。

信頼してるし、困った時は
ついつい、母を頼ってしまう。
母娘9
もちろん、母の態度に
「イヤだな」と思うこともある。
けれど、それは言えない。
言ったら母が傷つくのが想像つくから。

どんな形であれ、
母娘13母親を傷つけることに
すごく罪悪感を抱いている。

美月は、自分の中に
モヤモヤしたストレスが
沈殿していき。
ついには
円形脱毛症になってしまう・・・



スポンサーサイト
  1. 2017/03/24(金) 20:00:00|
  2. ドラマ