ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

2017春のドラマ評 『あなそれ』~美都とは何者だったのか③~

不可解な美都の人格形成。
あなそれ48
なぜ、美都は
“あんな人間”に育ったのか…
その経緯が不明で。

中学時代の場面はあったけれど。
当時とは別人のよう。
あなそれ13
そもそも、なぜ有島のことを
ずっと好きで居続けてるのか
よくわからない。

中学時代、有島とは
「相思相愛」っぽい感じに
あなそれ20なってはいた。
が、深い関係には至らず。
淡い初恋レベル。

「いい思い出」として
自分の中で宝物にしてるうちに
その恋心が
あなそれ25神格化されていったのか…

美都に
「有島の何がそんなにいいの?」と
聞いたならば。
腑に落ちる答えは返ってこなさそう。
「理屈じゃないもん!」的な…
あなそれ58
美都は、ずっと
「太ること」を気にして
食事には気をつけていた。
それは
「いつか、どこかで有島君に会ったら…」
ということを想像して。
あなそれ50
美都はもう27歳。
いくらなんでも、
夢見る夢子ちゃん過ぎるやろ。


美都にとって、有島は
あなそれ39「いちばん好きな人」である、と。

では、有島にとって美都は
「何番目か」。
2番?3番?…
これは「何番目」でもないと思う。

あなそれ29割り切って付き合える、
都合のいいセフレでしかない。
不倫がバレそうになってくると、
速攻、美都と縁を切ろうとするし。

美都は、有島との
温度差をわかっている。
あなそれ54が、惚れた弱みからか、
どうすることもできず。

涼太に「ミッちゃんは、本当に
人を好きになったことがない」と指摘され。
あれは図星だろう。

あなそれ53では、美都にとって涼太は
何だったのか…

素敵な家(マンション)に
住まわせてくれて。
おいしい料理も作ってくれる。
おそらく家事全般、
あなそれ14涼太がやってたんだろう。

「夫」というより「アッシー、
メッシー、ミツグ君」的な感じ。

「女友達と温泉に」とウソをつき
不倫旅行に行くくだりは、
あなそれ11父親に嘘をつく女子大生のよう。


涼太は、美都のことを
「いちばん好きな人」と言っていたが。
果たしてホントにそうだったんだろうか。

あなそれ49涼太は、自分にとっての
理想とする家庭像の“型”に
こだわってばかりで。

美都が「どう思うか」とか、
考えてなかったような。

あなそれ51このドラマ、
終わってみれば
「これって不倫ドラマだっけ?」
という奇妙な感触が残り。

そう感じてしまうのは
美都と涼太が、「夫婦」に
なりきれてなかったからだろう。
なんか「ママゴト」ぽかったなぁ、と。





スポンサーサイト
  1. 2017/07/09(日) 20:00:00|
  2. ドラマ