ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

ふたたびの…③

「夜ふかし」に追随、ふたたび。
テナガ1

『月曜から夜ふかし』にて。

鳴き声が
「おっさんの叫び声」に聞える
テナガザルを紹介。
テナガ2
何度聞いても笑える。

けど、これ、
外国人が聞いても
笑っちゃうんだろうか。




テナガ3

その後、他局が次々と
後追いで取材。

『夜ふかし』でウケたものを
追っかける、というのは
テナガ4よくあるパターン。

このテナガザル、
めったに鳴かないので、
なかなか、
いい絵が撮れない模様。


テナガ5
「おっさんの叫び声」
というより
「ターザンの雄叫び」に
似てるような。







サービスショット、ふたたび。
nud1

『フランケンシュタインの恋』にて。

女性視聴者向けの
入浴シーンを挿入。



nud2

『コードブルー』にて。

山Pの着替えシーン。


nud3
「男の裸」が
視聴者サービスとして
提供される時代になろうとは…






nud4

『ニュース23』にて。


若者の「海水浴」離れを
取り上げ…
nud5

←昔の海水浴場は、
こんなに賑わっていた、
というアーカイブス映像。


nud6ビキニがズレて
下乳のはみ出たお姉ちゃん。

ニュースでわざわざ、
この絵を使う意味は
何なんでしょう。






大学認可騒動、ふたたび。
新設1
「民主党」政権の頃。

文科大臣になった田中議員が、
大学新設に「待った」をかけ
ひと悶着。
新設2
少子化に逆行して、大学が
こんな増えてどーすんだ?と。

大臣の指摘する問題点は
確かにあるが。
すでに開設に向け、
新設4着々と動いている大学に対し
STOPをかけるのは横暴だ、と
マスコミが一斉批判。

大臣は「今回の騒動が
逆にいい宣伝になったのでは」と捨て台詞。
「4、5年後、ブームになるかも」と。


     
あれから5年・・・
新設5
ブームには
ならなかったけれど。

違う形で、
大学新設が大問題に。





愛、ふたたび
愛1
2013年、
市川團十郎、死去。
父について、海老蔵は
「大きな愛のある人でした」と。

團十郎は、病床(筆談で)
愛2「麻央さん くれぐれも
体を大事にして下さい」
「いいお嫁さんが来てくれて 
僕はうれしかった」
と伝えていた。

亡くなったのは、孫(勸玄)が
生れる1月半前のことだった。



愛3
父の死から4年後。
妻の麻央、永眠。

最期の言葉は
「愛してる」だった。

愛5
海老蔵によると、勸玄くんは
父・團十郎と妻・麻央に
似ている、という。
「おおらか」なところが。




姉26
朝ドラ「とと姉ちゃん」の主題歌、
『花束を君に』。

ぼんやり聞いてるだけだと
「男から、愛する女性に花束を贈る」
…という内容なんですが。
愛7
ちゃんと歌詞を
噛みしめて聴いてみると。
亡くなった人への
レクイエムであることがわかる。

なぜ花束は「涙色」なのか、と。
愛8
なぜ、普段メイクしないのに
「薄化粧」したのか、と。


『花束を君に』を、
海老蔵の想いとして聴いてみると。
愛11かなりしっくりくる。

「始まりと終わりの狭間で 
 忘れぬ約束した」

「毎日の 人知れぬ苦労や 淋しみも無く
ただ楽しいことばかりだったら
愛なんて 知らずに済んだのにな」
愛6
「両手でも抱えきれない
 眩い風景の数々を ありがとう」

「抱きしめてよ、
 たった一度 さよならの前に」

愛10「どんな言葉並べても
 君を讃えるには足りないから
 今日は贈ろう
 涙色の花束を君に」







スポンサーサイト
  1. 2017/07/31(月) 20:00:00|
  2. テレビ