ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

2017夏のドラマ評 「過保護のカホコ」~高畑充希の新境地~


カホ1
タイトルに“過保護”と
銘打ってるから。

名家の箱入り娘、
あるいは
大金持ちの令嬢かと
カホ2思いきや。

めちゃめちゃ中流家庭だった。

それに
言うほど「過保護かな」と。

カホ3母親の言う事に
何でも従うけれど。
それは
「言いなり」なのではなく、
母の意見に不満がないから。
疑問すら抱かない。

カホ4モンダイは、親の過干渉より
カホコ自身の中にあり。

カホコの“特殊さ”を
表したエピソードで、
こういうシーンがあった。
従妹が病気で、楽器(チェロ)を
カホ6弾けなくなった時。
「音楽をあきらめないで」と
願うカホコは、
「片手でも弾ける楽器があるよ。
カホコ調べてみたの」と
慰める。

カホ9これはもう、
「空気が読めない」とか以前の話で。

作中では描かれてないが。
カホコは学校では
浮いた存在だったはず。

カホ14実際、ドラマの中で
カコホの友達は一度も出てこない。
同性の友達すらいない状態で。

「家族大好き」というより、
カホコには「家族しかいない」
というのが実際だろう。
カホ8この、
カホコのスーパーピュアさが、
ドラマのキモとなっており。

第一話では「ムムッ!?」って
感じだったけど。
カホゴ18回を追うごとに、カホコの個性に
面白味が増していき。

なんか「裸の大将放浪記」を
思い出した。
「おむすび」が“キーアイテム”に
なってるのは偶然だろうか。
15
このドラマで、高畑充希は
コメディーの才を証明したように思う。
納得いかない時のビミョーな顔は笑った。

あと「お願いが
2つあります」は、実生活で
応用できそうなセリフだな、と。





スポンサーサイト
  1. 2017/10/03(火) 20:00:00|
  2. ドラマ