ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

堅実路線を貫く「テレ朝ドラマ」 ~視聴率12%のマジック~

朝日1今期・夏ドラで、
最高視聴率をマークしたのは
「京都地検の女」(16.0%)だった。
テレ朝は今年、
初めて「視聴率4冠王」に輝いており。
かつて「万年4位」だったのが
ウソのよう。
朝日2
ドラマづくりに関しては、
他のキー局と方向性が異なり。
正反対と言ってもいいだろう。
トレンディー系には手を出さない。
というより、
流行りモノは不得意なのを自覚して、
朝日4今に至ってるように思う。
アパレルでいうと
「ユニクロ」ではなく
「しまむら」的というか。

【テレ朝ドラマ・スタイル①】得意なことだけやり続ける。
朝日6テレ朝は、オスカー、スターダスト、
ホリプロとのつながりが強く、
その兼ね合いで今風(いまふう)のドラマを
手がけることもある。
が、おおむねコケている。

得意とするのは、いわゆる「東映ドラマ」。
刑事モノとミステリーに限定されており、
朝日5その偏りっぷりには驚かされる。
犯罪捜査モノばっかやってると、
ネタが枯渇しそうなもんだが…。

どんなドラマをやってきたか、
タイトルをザッと並べてみよう。
 ↓
相棒
遺留捜査
朝日3臨場
警視庁捜査一課9係
警視庁失踪人捜査課
科捜研の女
京都地検の女
おみやさん
法医学教室の事件ファイル
朝日10Answer ~警視庁検証捜査官~


言っちゃなんだが、似たり寄ったりな感じ。
雰囲気は基本、「土曜ワイド劇場」だし。
ここまで類似品だらけだと、
見る側が飽きちゃうんじゃないか?
と思うんだが。
朝日7でも不思議と、そこそこ数字
取っちゃうんだよなぁ。

まぁ、考えてみたら、
今をときめくAKBグループだって、
ハタからみれば
AKBもSKEもNMBも似たり寄ったりか。

あと、女性を主人公にした場合
朝日8「○○の女」というフォーマットに
当てはめることが多い。
  ↓
科捜研の女
京都地検の女
ナサケの女
ハガネの女


【テレ朝ドラマ・スタイル②】息の長い作品づくり。
朝日12テレ朝ドラマは
シリーズ化されてるものが非常に多い。
どれも、シリーズ化を
前提にして作ってるのでは?と思えるほど。
もっとも、
数字が悪ければ続行できないけど。

朝日16現在の
「シリーズ型 刑事ドラマ」の雛形は、
藤田まことの
「はぐれ刑事 純情派」だろう。
80年代後半の
トレンディドラマ隆盛時に
スタートさせたのは、
朝日9なかなかの冒険だったと思う。

当時、人気だった
「あぶない刑事」のコピーが
「キザな台詞、イカしたジョーク、スタイリッシュなセンス」
だったのに対し、
「はぐれ刑事」のコピーは
朝日15「刑事にも人情がある。犯人にも事情がある」
だもんなぁ。

従来の刑事ドラマのような派手さはゼロ。
ヒューマン路線に徹した。
結果、平均15%という、
なかなかの視聴率を獲得。

以後、宇津井健の「さすらい刑事 旅情編」、
朝日19柴田恭平の「はみだし刑事 情熱系」と、
いぶし銀な人情刑事モノが続くわけで。

テレ朝ドラマが淡々と
「シリーズ」展開できてるのは、
洗剤の「詰め替え」リピーターに
近いものがある。
一端、客を商品になじませてしまえば
こっちのもの、というか。
朝日11制作陣は、いかにして
「顧客」の心をつかむか、ということに
重きを置いてそうな。

【テレ朝ドラマ・スタイル③】旬なタレントを使わない。
シリーズ化されるドラマの主演は
朝日18基本、アラフォー。
そして脇を固めるレギュラー陣は…
失礼ながら、他のキー局のゴールデン枠では、
あまりお見かけすることのない面々。
が、しかし、舞台の仕事を数多くこなしており
地力があるタイプ、という印象。

なんとかザイルの踊り子の芝居が
朝日13通用する現場ではなさそうだ。

まれにジャニーズ系が入ってることもある。
が、それが岡田くんではなく
イノッチというあたり「ブレないなぁ」と。

旬な人を起用しないというのは、
シリーズ化するうえで
「スケジュール調整しにくいから」
というのがあるのかも。

ただ「金曜ナイトドラマ」に関しては、東映の治外法権。
深夜枠なので、実験的なこともやるし、
ジャニ系や人気若手女優を積極的に起用している。
この枠は
「うまくいったら、もうけもん」ぐらいのノリで作ってそう。

【テレ朝ドラマ・スタイル④】再放送に強い。
テレ朝ドラマは、他局に比べ
「昼間の再放送率が高い」という印象がある。
1話完結タイプが主流だし
「一元さんでも楽しめる」というのが強み。
また、流行を反映しない作りなので
“古さ”を感じさせない…
というより、最初っから「年寄りじみた雰囲気」なんだよなぁ。
やってることがサザエさん的。
10年前のドラマも、1年前のドラマも大差ない、というか。

なんか、再放送によって、新規客の獲得を
コツコツやってるように思える。

【テレ朝ドラマ・スタイル⑤】“腹八分”の視聴率が長寿の秘訣。
どういうわけか、テレ朝の
シリーズ・ドラマの視聴率は12%前後が多い。
制作サイドは
「1%でも多く取りたい」という気持ちで作ってるとは思うが、
結果的になぜか「平均12%」という、
ほどほどなラインに着地する傾向にある。
「誉められもせず、苦にもされず」といったところか。

あまり数字がよすぎると
「相棒」「臨場」みたく、映画に格上げされちゃうし。

京都地検の女…平均12.0%(シーズン1~7)

科捜研の女…平均12.0%(シーズン1~12)

おみやさん…平均12.1%(シーズン1~9)

警視庁捜査一課9係…平均13.5%(シーズン1~7)

交渉人…平均12.9%

ナサケの女…平均13.9%

帰ってきた時効警察…平均12.0%

特命係長・只野仁…平均12.6%(シーズン1~7)



ちなみに、われらが「怒り新党」も常に12%前後。
最近1か月の推移は、
13.2%→12.5%→12.7%→12.3%→12.5%。
磐石すぎる!www
12%といっても23時台で、
この数字をキープしてるのは驚異的だけどね。

スポンサーサイト

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2012/07/25(水) 19:30:00|
  2. ドラマ