ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

いつも明るく、優しく、大きく。 [市川海老蔵]

[市川團十郎告別式  喪主・市川海老蔵の挨拶]

團1
本日はご多忙の中、足元のお悪い中、
父・十二世市川團十郎の葬儀告別式に
ご来臨を賜りまして
誠にありがとうございました。
團2
とてもさみしいです・・・・・

しかし、父の子として生まれて
本当に幸せでした。

今、皆様からのお話にありましたが、
父は若くして父を失い、また母を失い、
團3白血病という大病を二度も患い、
そして息子が私という…
なんとも苦労のたえない人生でございました。

しかし、そんなとてもつらい
苦しいことがあるにもかかわらず、
我々家族の前では
團4いつも明るく、優しく、大きく、
どーんとした父でした。

初めて父とお酒を飲んだ時に
父は、十一代目團十郎(祖父)と
そのような時を過ごしたことがなかったため、
團5「孝俊。とっても うれしいよ」と。
「しあわせだ」と…言ってくれたことが…
とても思い出に残っています。

人口呼吸器をつける時に
意識がなくなるので、
最後に話がしたいということで。私は
團6浅草公会堂に出演させて頂いておりましたので、
テレビ電話での会話になりました。
その時、母に聞いた話ですと
呼吸がつらく、とてもしゃべるのが困難だったと。

しかし、私とテレビ電話でつながった時、
その時、テレビの画面から見えた父の顔は、
團7とっても優しく、いつもと同じような笑顔でした。
目をつむるとその時の父の笑顔が
まぶたに焼き付いています。
これは本当に私の一生の宝物です。

生前、最後の言葉は
團8「いつもみんな、ありがとう」でした。
そんな時も、そんな優しい言葉を
かけてくれたのが…
とてもびっくりした思い出があります。

先日、父が残した句が
(パソコンから)出てまいりまして。
團9その句は・・・

「色は空 空は色との 時なき世へ」

初めてそれを見た時に
「あっ、自分の最期を悟っていたのだな」と。
「あぁ、気づかなかった」…
團10大変申し訳なく、情けない思いがしました。

父は空を眺めることや
星を眺めること、
宇宙がとても大好きでした。
もし空を眺めた時に少しでも
團11父のことを思い出していただければ、
我々家族にとりまして
これ以上の幸せはございません。

私にとりまして父であり師匠であって。
かけがえのない存在をなくしてしまいましたが
團16父からいただいたこの体、
そして父が35年間かけて
伝えてくれた歌舞伎の精神。
これを一生かけて
この道に精進してまいりたいと思います。










スポンサーサイト
  1. 2013/03/01(金) 17:00:00|
  2. 手紙 ~message~