ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

「あまちゃん」の世界⑦ [ユイの生きる道]

アキとユイのコントラスト。
ユイ1「あまちゃん」の見所のひとつは、
アキ&ユイという正反対コンビの妙。
動的で太陽のようなアキと、
静的で月のようなユイ。
二人の違いが、双方のキャラを
際立てあう、という仕組み。

ユイ2


猫背で姿勢が悪いアキと、
常に凛としているユイ。


ユイ4
同じ制服だけど、
細かい「性格」分けが。

アキは白いスニーカー、
ユイは黒いローファー。

ユイ3


アキはリュック、
ユイは手さげカバン。


ユイ5

冬服では、アキは下に
スエットを着込みますが、
ユイは着ません。








都会育ちの田舎娘と、田舎育ちの都会っ子。
ユイ6二人が初めて言葉を交わした時、
ユイ「訛ってる…」
アキ「訛っでねーな(笑)」
・・・という、くだりがありました。
田舎に来て「水をえた魚」化したアキと、
都会志向のユイ。
二人は生まれるべき場所が、
ユイ25間違ってたような…







なんでそんなに東京にこだわるの?

え?

…ごめん。あたしもお兄さんといっしょで、
東京から逃げてきた負け犬だから。

でもね、わざわざ東京行かなくても、
ネット使えば欲しい物、たいてい買えるし…

もう、東京も田舎も変わんない、って感じするけど。
むしろ自然とか海とか、おいしい食べ物とか。
都会にはないもの、いっぱいあるし。


ユイ26

・・・・・今日、訛ってないね。

あっ、そうだね。
最近、浜に出てないから戻っちゃったのかな。


そっちのほうがいいよ。
アキちゃんが訛ってるのなんてウソだし。不自然だし。
なんか、バカにされるてような気がする。


・・・そんな。そんなつもりじゃ…

ごめん、怒った? 今のは言いすぎ。
だけど半分は本心。

ネット使えば欲しい物、買えるとか。
田舎も東京も変わんないとか。
私は言えない。
そんなの田舎者の負け惜しみだもん。


・・・・・・・・

ユイ27

自然がいいとか、海がいいとか。
東京から来た人が言うのはわかる。
でも私は言えない。

だったら都会が好き、私は。
ビルが好き、地下鉄が好き、ネットカフェが好き…
…行ったことないけど。

だから行きたい。この目で見たい。


ユイ28

地方出身者でも
同い年の子とか年下の子とか、全然がんばってるし。
チャンスがあれば、明日にでも出ていきたい。

あたしはお兄ちゃんとは違うの。
行ったら絶対帰ってこないんだ。夢があるから。





ユイの完璧な臨戦態勢。
ユイ9
本気でアイドルを目指しているユイは、
高校を卒業したら上京する予定です。
予定、というより決定事項。
両親も了承済みだし。

ユイ10ユイにはアセリがあります。
「本当は高校卒業してからでは遅い」と。
だから、今のうちから、
自分なりに準備をしている。
歌かダンスのレッスンに通ってるし、
家でも楽器を奏でたり。
ユイ11ヲタクの、ヒビキ一郎に「写真を撮らせて」と
お願いされOKしたのは「練習になる」
と考えたからでしょう。
アイドルにとって、ポージングや
表情を作る、というのは基本中の基本ですから。
ユイ12

すいてる電車の中で、わざわざ
立って本を読んでいるのも、
“トレーニング”のひとつだと思う。

ユイ13ユイのシュミレーションは
徹底しています。

「ミス北鉄」エントリーについては、
最初、辞退するつもりでした。けど、
兄が観光協会でお世話になる手前、
断れなかった、と。
ユイ14
ユイ「正直“ミス北鉄”とか、ダサイし。
  下積み時代に鉄道ヲタクのアイドルとか…
  あたし的には消したい過去だから」


ユイ15また地元のテレビ局からオファーが
あった時も、メイクや衣装、
VTRのチェックなど事細かに聞き、
ディレクターをたじろがせます。
ユイに、ぬかりはない、って感じ。
ユイ16圧巻だったのが、春子に
「アイドルになることのリスク」を、
こんこんと聞かされた時のこと。
ビビりまくったアキとは対照的に、
ユイは顔色ひとつ変えず。
春子が言うだけ言うと、ユイは、
ユイ17ひとこと、こう言いました。

「ご心配ねぐ」

「こう見えでも自分のこと、わかってっから」
「オラも田舎を利用してっから」と。
ユイ18春子の言う「リスク」は、芸能界のことを
しっかり“勉強”してるユイにとっては
想定内のこと。春子はずっと「かつての
自分」と「ユイ」が似てると思っていました。
けど、この時、春子は気づいたはず。ユイは
「24年前の自分」より、はるかに大人で、
したたかで、覚悟が出来ている、と。




アキはユイのファン第1号。
ユイ21
ネット動画の威力で、
ユイ人気が爆発。
北三陸に、全国からヲタが
駆けつけるようになりました。



すごい人気だね!

あんだけチヤホヤされたら、
勘違いしちゃう子もいるだろうね。


え?

だって、あたし、なんもしてないじゃん。
ただ、列車乗って、ときどき顔あげて、
笑って、撮影して、握手して、ジャンケンして…
ただの田舎の女子高生が何やってんだ、って感じ。


ユイ23

でも、アイドルみたいだったよ。

“みたい”なだけで、アイドルじゃないもん。

・・・・・カッケー…

えっ?

やっぱりユイちゃん、アイドルだよ!

なんで?

なんで、って言われると困るけど…
そもそもアイドルが何か、よぐわがんねえし。
でもユイちゃん見てると、
オラも明日から「がんばっぺ」って思うんだ。


アキちゃん…

きっとあの人たちも、そう思ってっぺ。

ユイ24




ユイの負けず嫌いが、アキを巻き込む。
ユイ19いつも落ち着いてて、
クールなユイではありますが。
けっこう、負けず嫌いで。
ネット動画の再生回数が
アキに抜かれると、
琥珀の坑道に来て
「めっちゃ悔しいー!」と叫びます。
ユイ20
また大吉にライバル心をあおられ、
海女の服着て車内販売やったり。
あの時も
「やってやろーじゃないの」的な
感じだったし。
ユイ29ユイと違って、アキには
「アイドルになりたい」という
気持ちはありません。

だから今後、ユイに引きずられる形で、
そうなっていきそうな…。


ユイ30思わぬ形で、ユイの「負けず嫌い」に
火が付いた場面がありました。
アキが母から「あんたみたいなブス、
(アイドルに)なれるわけないじゃないの!」
と言われたことを告げると、ユイは憤慨し、
今までにない「顔」を見せるのです。


ヒドイ…

ヒドイがぁ、やっぱり。

え? アキちゃん、ブスじゃないよ!
全然ブスじゃないよ!


ユイ31

いや、うん…
もう、それは全然、乗り越えたんだあ。


ブスじゃないのに…

でもママ、チャラチャラしたこと、極端に嫌いで。

ブスじゃないからね!

もう、わがったから(笑)

ユイ32

わかってない!
アキちゃんのママ、アイドルのこと
なんもわかってない! 誤解してる!

・・・・アキちゃんはアイドルの素質あるよ。


ええ?

ユイ33

アイドルってね、かわいいだけじゃダメなのよ。
かわいいだけの子なんて、掃いて捨てるほどいるの!
かわいいだけの子を、
かわいくない子が追い抜いて行く世界なの!


…あれ?・・・
なんか、アキちゃん、かわいくない みたいになってる?


なってない、なってない。

じゃあ!お母さん、見返してやろうよ!

見返す?

テレビ出てさー、
地元のアイドルになってさー、
ただのブスじゃない、って!


ユイ34ユイが熱く語るほど、アキのことが
「ブス前提」になっていくのが、
めっちゃ可笑しかった。

ユイは当初、無機質な感じだったけど。
アキの部屋で、はしゃいだあたりから、
地が見えてきて面白くなってきた。
ユイ35「ああ、年相応のとこもあるんだな」みたいな。

準備万端なユイではありますが。
「東京編」で、くじけそうなのは、
アキよりユイのような気がしてなりません。
これといった挫折を知らないだけに、
うまくいかなかった時、立ち直れるかな、と。


スポンサーサイト
  1. 2013/05/15(水) 19:00:00|
  2. あまちゃん