ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

あまちゃんプレイバック⑧ [めぐり、めぐって・・・]

ウソからマコトへ。
巡8
2008年。

大吉が、春子を
呼び戻そうとして出した
ウソのメール。

巡9
ウソであるのは
百も承知の上で帰ってきた春子。

東京を離れたかった
春子としては、渡りに船だった、と。


    
巡10

2010年。

デジャヴのようなメールが、再び。


巡11
最初は
「またまた~」という感じでしたが。

今度は本当で、
夏さんは緊急手術することに。



巡12

まさか大吉が作った顔文字が
会社のロゴになろうとは…







マネージャーVSマネージャー。
巡14
勉さんに弟子入りしたミズタク。

アキに“ちょっかい”を
出してくると、
ストーブさんが「待った」をかける。

巡15
自分が
アキちゃんのマネージャーだ、と。

アキ&ユイに関しては俺を通せ、と。



    
巡16

後に、ミズタクが
アキの専属マネージャーになろうとは…

巡17










スケバンとヤンキー。
巡6
足立先生が、アキに
春子の学生時代の話を聞かせる。

ユイ「中退したんだ、
   アキちゃんのママ…」


巡7
ユイ「へー、カッコイイー」

まさか、後に
自分も中退することになるとは
思いもしなかっただろう…



    
巡13

同じ中退でも、
夢を追いかけて中退したのと、
夢を失って中退したのでは
全然、違うもんなあ…






「あと1枚で無料になるから」って言われても…
巡1
西新宿のカレー屋のサービス券を、
アキにあげるストーブさん。
ストーブさんが東京にいた頃、
たまったやつで
「あと1枚あれば、1食無料になる」と。



   
巡3

東京に戻らず、
北三陸で暮らすことになったアキは、
ユイに「お兄さんに返しといて」と。


巡2
この時は 
二人とも、まだ
ストーブさんの恋心には
気づいていなかった。





   
巡5

ユイが東京へ旅立つ日。

カレー券を
ユイに渡すのだが…

巡4
ユイがネットで調べたら、
この店はとっくに潰れていると…

餞別のつもりなんだろうけどさ。
なんつーか…こういうとこなんだよなぁ、
ストーブさんがモテない要因は。








北三陸も東京も。
巡19
世界をまたにかけて航海する
じいちゃんの言い分。

忠兵衛「北三陸も東京も、
    おらに言わせれば日本だ」




巡20

太巻に東京進出をすすめられたユイ。

ユイ「東京も北三陸も、
   あたしに言わせれば日本なんで。
   お構いねぐ」






泣かせる味じゃん。(←わかるヤツだけわかればいい)
泣味1
ユイと共に、
東京行きを決行するアキ。

夏ばっぱに黙って
家を出たことは心苦しいはず。

泣味2


夏ばっぱの作ったウニ丼を
むさぼり食う。


泣味3

「ばあちゃんの味」の
食べおさめだと思うと
涙が止まらないのであります。






泣味4
震災後。
一人、北三陸へ戻るアキ。
種市先輩が
心を込めて作った卵焼きを手渡す。
この時は
「天野」ではなく「アキ」と呼んでいた。
泣味5


夜行バスの中で
「先輩の味」を。

泣味6


アキの胸に、
様々な思いが去来する…








ある意味、遺伝。
夏秋1


母から逃げる時は、
決まって灯台に来ていた春子。


夏秋2

春子にぶたれ
「ママなんか大嫌い」と言って
家を飛び出したアキ。
やっぱり、灯台なのであります。




夏秋3

上京後
「喫茶アイドル」で
バイトしていた春子。


夏秋4

そしてアキも
ここでお世話になるのでした。

喫茶アイドル…アツイよね。







抱きしめられて。 抱きしめて。
水1
芸能事務所の回し者であるのがバレ、
東京へ戻るミズタク。

見送りに来た美寿々さんに
いきなり抱きつかれビックリ。

水2



美寿々「・・・・・・」


水3


美寿々「よし、吹っ切れた!」



水4
美寿々「若い頃なら
   このまま駆け落ちもしたけど。
   もう、そんなムダなことはしね。
   次だ次。ありがと。楽しがった。じゃあな」

颯爽と去る後姿を見てミズタクは
「カッコイイ…」とつぶやくのでありました。




水5
オーディションで主演を勝ち取ったアキ。
人目も憚らず抱きしめるミズタク。

アキ「!?」

水口「うるさい、何も言うな」
水6

アキ「水口さん?

    泣いでんのがぁ~?」



水7


水口「うるさい、もっと泣くぞ」

こういうセリフ、
今までのドラマでなかったよなぁ。

水8
たいがい「ちげーよ」
「泣いてねーよ」みたいなのでしょ。
このセリフ聞いた時
「キムタク時代の終焉」を感じました。







コンプレックスと真っ向勝負。
逃げない1
東京へ行って
アイドルを目指すアキには、
「東京へのリベンジ」という意味もあり…

その思いをストーブさんに伝える。

逃げない2
オラも
いつまでも逃げ回ってらんね。
いつかはママみてぇに、向き合わねーと。
地元(東京)でダサかった頃の自分と。
田舎に逃げたわけじゃない、地元でもやれるんだ。
克服しねぇと…





逃げない3
どうしてもリサイタルで、
自分の声で歌いたい、という鈴鹿ひろ美。

あなたは影武者だったことを
告白してスッキリしたかもしれないけど。
私はまだ渦中にいるんです。

逃げない4
戦ってるんです。
自分のうつろいやすい音程と。
逃げるのもうヤなんです。
ヘタでもいい、不完全でもいい。
自分の声で笑顔を届けたい。
ずっとコンプレックスだった。







サイン、プリーズ。
サイン1


ミス北鉄に選ばれたユイを
まぶしそうに見つめるアキ。


サイン2


やっぱりユイちゃんは
    表舞台に立つ人だ、と。


サイン3

アキ「サインしてけろ」

初めて、人にサインするユイ。
ちょっと照れくさそう。


サイン4
アキは、
ユイのファン第1号なのです。

アキのファン第1号は、
ストーブさんだけどね。





サイン5


アキと大ゲンカしてしまったユイが
詫びに来る。


サイン6
ユイ「アキちゃんに当たっても
   仕方ないのはわかってるけど…

   アキちゃんに当たるしかなかった。
   やってらんなかった」


サイン9

ユイ「さめたんじゃなく、
   あきらめた。
   そのかわりちゃんと見てるから。
   サインして」



サイン8









スポンサーサイト
  1. 2013/09/28(土) 20:00:00|
  2. あまちゃん