ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

あまちゃんプレイバック(10)  [春子と大吉の“ナメんなよ”]


春子28
地元が大嫌いだった春子と、
一貫して地元を愛し続けた大吉。

相容れない価値観の二人だったけど。
やがて同じ方角を見るように・・・



田舎、ナメんなよ。
田舎10
1984年7月1日。

北鉄、開通式の日。

田舎3賑わう人々と
逆行するように町を出て行く春子。

春子「こんなド田舎、いだぐね」






春子34

地元が嫌いで、
東京志向が強かった春子。

田舎2

その思いを落書きに…。


春子36

24年ぶりに
思い出の地に帰ってきて…

春子37




春子38

春子「そんなにいいもんじゃないよ…」







田舎7実家で暮らすことになった春子。
東京へ行って挫折した
ストーブさんと語るのです。

春子「田舎がイヤで飛び出したヤツって、
   東京行ってもダメよねー。

田舎8   逆にさ、田舎が好きな人っていうのは、
   東京行ったら行ったで、
   うまくやっていけるのよ、きっと。

   結局、場所じゃなくて
   人なんじゃないかなって思う、最近」





琥珀4

町の人々を欺ていたことがバレ、
低体温な感じで謝罪するミズタク。

田舎5ミズタクの
上から目線な態度にキレる春子。

春子「よーするに、
   ウチら田舎モンのこと
   馬鹿にしてんでしょ!」

田舎6

「かっこよかったぞ。
  オメーが言うとは思わながった」







足立家25家出して行方不明となっていた
よしえが、
春子のもとへ相談にやってきた。

春子「家出の先輩として一言、
   言わせてもらうね。

田舎9    田舎、ナメんなよぉ」










第3セクター、ナメんなよ。
北鉄1アキ&ユイの人気に火が付き、観光客が続々と。
が、大吉の“宿敵”モータリゼーションで
やってくる人が多く。

吉田「観光客120人乗せたバスが
   渋滞に巻き込まれたみたいで。
   電車の発進を5分10分遅らせてくれって」

北鉄2

大吉「待ってやろーじゃねーか。

   第3セクター、ナメんなよ!」





北鉄3東京行きが正式に決まったアキ&ユイ。
乗継のことなど考え、
深夜バスで行こうと計画すると…。

大吉「ミス北鉄を、バスなんかで
   送り出すわけにはいかね。

北鉄4   貸切だ。臨時便出すべ。
   第3セクター、ナメんなよ。

   わざわざ来たんだら、
   わざわざ北鉄さ乗って帰ればい」






北鉄5

2011年3月11日。

壊滅的な打撃を受けた北三陸…

北鉄6
大吉「走れるかどうかの問題でねぇ。
   走らなくちゃなんねんだ。
   走るべ。
   たとえ一区間でもいい。
   第3セクターの意地、見せっぺ」

北鉄7

震災から5日後、
運転を再開した北鉄。


北鉄9

北鉄が走ることで、
人々が勇気づけられることを信じて。

北鉄8

「北鉄は市民の足」という、
ゆるぎない信念。






北鉄11

2012年7月1日。

北鉄、運行再開の日。

北鉄16
大勢の人々、
そしてマスコミの多さに
大吉、感無量。

北鉄12
大吉「超えたよな…

    84年の開通式」



北鉄14


北鉄13







こちらは実際の映像。
北三陸鉄道のモデルとなった三陸鉄道。
  ↓
北鉄17
ドラマの中の
震災時のエピソードは、
実際に起こった事を
ベースにしているそうです。

北鉄18
震災5日後に
電車を走らせたのも本当の話。

北鉄20
そして2年ぶりに、運転再開。

北鉄10
出発前。
目頭が熱くなる運転士さん。

北鉄21

うに丼の車内販売も、やってっぺ。


北鉄22

みんな、来てけろ。







ちなみに…
春子44
第1話。

北三陸に戻ってきた春子を
出迎える大吉っつぁん。



北鉄15最終話。

春子に置いていかれた正宗パパ。

第3セクターで始まり、
モータリゼーションで終わる、と。



スポンサーサイト
  1. 2013/09/29(日) 20:05:00|
  2. あまちゃん