ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

あまちゃんプレイバック(ファイナル) [潮騒のメモリーの軌跡]

潮騒1
映画「潮騒のメモリー」
主題歌のレコーディング。

歌うのは
主演の鈴鹿ひろ美…
潮騒2

しかし、これが
とんでもない音痴。


潮騒3担当マネの太巻は、上司に
「誰か代役を探して来い」と言われ。

以前から、相談に乗っていた
歌手志望の春子のことを思い出す。
潮騒5
どんな形であれ、
デビューのきっかけが
欲しかった春子は、
この話を受けてしまう…



   
ごちゃ1
「潮騒のメモリー」は
ヒートチャート1位になる大ヒット。

当然のことながら
歌番組には出演しない方針。
潮騒58

が、鈴鹿本人が
「出る」と言ってきかず…
潮騒7

テレビ局のスタジオの別室で
春子が歌うことに。

潮騒6


もちろん、鈴鹿には内緒で…




   ↓
潮騒57
その後も、鈴鹿ひろ美は2枚
レコードをリリース。

本当の声の主は春子…



   ↓
潮騒122上京して5年。

太巻としても、
春子デビューのため、
いろいろ動いていたが
メドは立たず。
潮騒11
そもそも影武者をやったことで、
「自分の声」を
売り渡してしまったようなもの。

春子は芸能界への道をあきらめることに…


   
潮騒1223年ぶりに地元へ戻った春子。

父・忠兵衛に
「昔のように歌ってくれ」
と、せがまれ…
潮騒13

勝手に曲を入れる正宗さん…


潮騒14
「潮騒のメモリー」の
イントロが流れ、顔がこわばる春子。

潮騒15

正宗「・・・・・・」



潮騒16

春子は言葉を濁し、歌うのを拒否。





   
伏線4
忠兵衛さんが
再び、漁へ戻るため、壮行会を開き。

春子はついに
「潮騒のメモリー」を歌います。
潮騒17


みんなが
聞き惚れる中…
伏線6
一人、
つらそうな顔で
下を向く夏さん…

潮騒38
一緒に口ずさむ正宗さん。

妻の歌を聞くのは、
何年ぶりなんだろう…

潮騒20

初めて聞く、母の歌声に
魅了されてしまうアキ…

潮騒19
止まっていた針が、動き始める・・・






   
潮騒22ご当地アイドルとして
人気者になったアキ&ユイ。

北鉄のイベント「お座敷列車」で
何か歌うことに。
潮騒21
アキは「ママが歌ってた
潮騒のメモリーを歌いたい」と。

曲はすでにダウンロード済み。
潮騒23アキの発言に動揺する春子。

春子「あんた、歌えんの?
   あれ、難しいよ、マジで…」


潮騒24
「歌えるもん!」と
みんなの前で披露するが…

潮騒25音痴ではないが、
人様にお聞かせできるレベルではなく…

この後、アキ&ユイは、
弥生さんに歌唱指導を受けることに。




    
三代19
お座敷列車で
「潮騒のメモリー」を歌うアキ&ユイ。

この時、スカウトマンの
ミズタクが動画を撮り…
潮騒39
それを見た太巻が、
「東京に来ないか」と誘う。





    
潮騒26アキは「高3になったら、
アイドル活動はやめる」と
春子と約束していたのだが。

それを破ってしまい…
潮騒27
春子に
ひっぱたかれてしまう。

潮騒28
「自分の娘が、男性のギラギラした
好奇の目にさらされるのがイヤだ」
という春子。





    
潮騒29アキは、アイドルを目指す
理由を母にあかす・・・

 アイドルになりてぇと思ったのは、
 ママの歌、聴いた時なんだ。
 ごはん作ってる時のママや、
 洗濯物干してる時のママも好ぎだけど、

潮騒31 
 歌ってるママは最高だと思った。
 鈴鹿ひろ美の「潮騒のメモリー」も
 かっこよがったー。
 女優は違うなーと思った。
 でもオラは、ママの歌のほうが好きだ。
 ママの歌のほうが本物だと思った。

潮騒30
アキの言葉を聞き、
春子は気持ちがこんがらがる。
かつて自分もアイドルを目指しただけに、
アキの気持ちはわかる、と。しかし
母としては「挫折して傷つくのを
止めたい」という思いもあり。

    ↓
伏線7
どうしたらいいのか
わからなくなった春子は、母に相談。
そして夏さんは、25年前のことを詫びるのです。

 地元のために娘を犠牲にした事、今、
 やっぱす、後悔してんだべなぁ…

伏線8  あの晩、おめぇは本気で訴えかけてきた。
  おらも本気でこたえるべぎだった。
 “大事な娘を欲の皮のつっぱった大人たちの
 犠牲にしたぐね!”…
 市長さんや組合長さ、啖呵切るべきだった。
 ほんと、ずーっとずーっと悔やんでたから。

伏線9  おめぇの顔見るのがつらかった…
 すまながったな、春子。
 25年間かかったが…この通りだ。許してけろ…


母の言葉を聞き、
長年の呪縛が解けたかのように涙を流す春子。
アキを後押しする決意を固めます。


  ↓
潮騒40
映画「潮騒のメモリー」リメイクで、
鈴鹿ひろ美と
W主演することになったアキ。

潮騒32
母が歌えなかった主題歌を
娘が歌い…

潮騒33
太巻は、春子に
「手本を見せてやってほしい」と言い…

潮騒34
「1度だけだからね」と
ブースに立つ春子。

そして太巻は、ひそかに
鈴鹿ひろ美をスタジオに呼び出し…
潮騒35春子が影武者だったことを伝えます。

鈴鹿「私のせいで、表舞台に
   出られなかったんですよね…
   ごめんなさい」

潮騒36そして太巻も、25年間、ずっと
言いたかったであろう言葉を…

太巻「申し訳ない。春ちゃん…」

潮騒37
母の歌を聴き、
再度、気持ちを込め
「潮騒のメモリー」を歌うアキ。




    
三代213.11の震災後。
鈴鹿ひろ美は、何か東北の人たちを
応援することはできないか、と
「チャリティーリサイタル」開催を決意。

逃げない3どうしても自分の声で歌いたい、と。

 あなたは影武者だったことを
 告白してスッキリしたかもしれないけど。
 私はまだ渦中にいるんです。
 戦ってるんです。

逃げない4 自分のうつろいやすい音程と。
 逃げるのもうヤなんです。
 ヘタでもいい、不完全でもいい。
 自分の声で笑顔を届けたい。
 ずっとコンプレックスだった。

潮騒41鈴鹿の気持ちを受け止め、
春子が歌唱指導することに。
が、なかなか上達せず…。

中途半端なレベルのまま
リサイタルの日を迎えます。



    
潮騒42
リサイタルに駆けつけ、
影武者として、
ソデでスタンバイする春子。

潮騒53
そんな春子を見て、
鈴鹿ひろ美は
おだやかな視線を向ける。

潮騒45
イントロが流れ、
春子が歌始めるが、
マイクの電池が抜けており…
潮騒43
鈴鹿「・・・・」

落ち着いた、そのまなざしは
「もう私は大丈夫よ」と言ってるような…
潮騒44♪アイ・ミス・ユー

ずっとこのドラマを
見続けきた人たちは、誰もが
このワンフレーズだけで涙したことでしょう。
潮騒46



三代8




潮騒47
アキに見えていた
若き日の春子の“ゴースト”。

成仏したかのように消え…

潮騒54
この時の収録は、
歌も演奏もイッパツ撮りだったそうです。



ああ、ダメだ…(T_T)
すみません、薬師丸さん、そのまま
続けて「WOMAN」と「探偵物語」も
歌っていただけませんでしょうか…

潮騒48ここで春子には、ある疑惑が生じます。

本当はちゃんと歌えたけど、
「歌手」をやりたくなくて
わざと音痴のフリをしていたのでは?と。
潮騒49鈴鹿ひろ美が
歌えるようになったことは、
春子としては、内心「寂しさ」が
あったのでは。
もう影武者は不要なのですから…




   
潮騒50ユイ「アキちゃんはさぁ、
   どっちがつらかったと思う?」


アキ「え?どっちが?」

ユイ「鈴鹿さんと春子さん」
潮騒51アキ「ああ…影武者問題か」

ユイ「あたしは鈴鹿さんのほうが
   つらかったと思うんだよね」


アキ「なして?」
潮騒52ユイ「・・・なんとなく。
   ステージ見てて、そう思った」


この感性は、いろんなつらさを
体験してきたユイならでは、というか。
「鈴鹿ひろ美もつらかった」とか、
アキは想像だにしてなかったと思う。
最後にこういうシーンを持ってくるとか、
やっぱりクドカンは凄ぇや、と。

「あまちゃん」をずーっと見続けてるうちに、私としては
アキよりユイのほうへの注目度が高くなっていきました。
アキというのは最初から一貫してキャラがブレない。
太陽のまま。時には雲に覆われることはあるけれど、
いつも笑顔で、アキがいる所には自然と人が集まってくる。
アキってのは、やっぱり“ファンタジー”なんだよなぁ、と。
現実には存在しない、っていうか。
一方、ユイというのは不安定で、月のように満ち欠けし、
新月のように真っ暗になってしまうことも。
いろんな不運が続きに、途中からどんどん人間臭くなっていった。
特に話題にはならなかったけど、お父さん(足立先生)が
リハビリで歩けるようになった時、ユイがうれしそうに
ストーブさんに報告する場面とか、すごい、いいんだよね。
ユイの中に渦巻く、ぐちゃぐちゃした感情というのは、
誰の心にもあるような。
そういう意味では、非常に魅力的なキャラクターだったと思います。


本当のファイナルは12月31日だべ!(たぶん)
潮騒55どう考えても、今年の「紅白」大トリは
「あまちゃんスペシャルユニット」しか
考えられないと思うんだが。
これといって
「2013年のヒット曲」なんてないし。
ただ、薬師丸さんは出ないだろうなぁ…。



潮騒56

スポンサーサイト
  1. 2013/10/09(水) 21:00:00|
  2. あまちゃん