ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

先取り流行語大賞 ~夏の章①~

勝負飯
めし
藤井四段の
怒涛の連勝に、テレビが
やたら「今日の勝負飯は!?」と
騒ぎ立てる。
本人は別に「縁起担ぎ」で
食べてるわけじゃないのに。




望外
望外

将棋界のスーパースター・
羽生三冠に勝利し
「望外の結果」とコメント。


望外2
都議選で圧勝した「都民ファ」。

藤井四段の発言を
知ってか知らずか、
小池都知事も「望外の結果」とコメント。





ひふみんアイ
ひふアイ
対局の合間、相手側から
盤面を見る加藤九段。

これにより
新鮮な発想が
生まれることもある、と。





ナスD
ナス1
テレ朝の「陸海空~
こんな時間に地球征服するなんて~」の
ディレクター。

落ちない染料を体に塗ってしまい
一躍有名に。
ナス2
番組の内容は
「電波少年」と
「こんなところに日本人」を
かけあわせたような感じ。






チョレイ
チョレ


卓球男子の超新星・
張本選手の掛け声。





2段モーション
二段1
西武・菊池雄星の投球が、
反則の「2段モーション」だと
審判が注意。

これがいろいろ波紋を呼び。

二段2なんやかんやあったが、
菊池はフォームを改良し持ち直す。

今期、15勝あげている。







デートなうに使っていいよ
イイヨ
橋本環奈が、ツイッターに
昔撮った写真をあげ。

「彼女とデートなうに
使っていいよ」と付け加え
反響を呼ぶ。





海の王子
海の1
眞子さま婚約が報じられ。

お相手は、湘南の
「海の王子コンテスト」に
出たことがある、と話題に。

海の2なんか、小室さんが
「皇室入り」するかのような
雰囲気で取り上げられてるけど。

結婚されたら、眞子さまが
メディアに出ることは
ほとんどなくなるだろう。



  1. 2017/09/19(火) 20:00:00|
  2. トレンド

それぞれの14才

藤井聡太
聡太1
14才でプロ棋士に
なったことだけでもすごいのに。
デビュー後、無傷の29連勝。

過剰なフィーバーの中で
「んん?」と怪訝に感じたのは
聡太3「どうすれば
藤井四段のような賢い子に?」
みたいな事を言ってる親たち。

ウサイン・ボルトを見て
「どうすればボルトみたいに
速く走れるの?」と
聡太2言ってるのに等しい。

藤井四段は
見た目はフツーだけど、
頭脳はフツーじゃないんだから。






張本智和
はり1
13才で世界卓球に出場し、
日本のエース・水谷を撃破。
史上最年少でベスト8入り。

背が伸びて、
一気にパワーアップした感じ。
はり2
現在、世界ランキング18位。

日本代表の元監督、
宮崎さん曰く
「100年に1人」の逸材とのこと。





伊藤ふたば
ボルダ2

ボルダリング・ジャパンカップで
史上最年少優勝。

東京五輪でのメダルを目指す。

ボルダ3
こちらは森秋彩(13)。
全日本ユース選手権で優勝。

ボルダリング界は、
次々と新鋭が現れている。





大阪の中学3年生
ウイ

身代金ウイルスを
独学で作り、ネットで公開。
逮捕される。





埼玉の中学2年生
無免許
無免許運転で
大阪まで行き。

パトカーに追われ
追突事故を起こす。





栃木の中学2年生
不明1

娘が夜になっても
帰ってこず。
親が捜索願いを出し
全国ニュースに。

不明2ほどなくして都内で発見。
保護される。

本人曰く、
「学校に行きたくなかった」と。






あの人の14才の頃
コマネ
ナディア・コマネチ。

モントリオール五輪で
史上初の「10点満点」出し
金メダル。




恭
岩崎恭子

バルセロナ五輪、平泳ぎで金メダル。
「オリンピック選手の名言」は
彼女から始まった。




ツーサラ

高梨沙羅

W杯で
史上最年少優勝を果たす。





酒鬼1

少年A

「少年犯罪」の見方を
根底から変えた事件。

酒鬼330才を過ぎて手記を出版。
物議を醸す。

文春に居場所を突き止められ。
すぐに移転したんだろうが…。

今は働かず、
印税で生活してるのだろう。



  1. 2017/08/17(木) 20:00:00|
  2. トレンド

先取り流行語大賞 ~春の章⑤~

Jアラート
jア1
全国瞬時警報システム。

日本に向け
ミサイルが発射されるなど
武力攻撃が発生した際、
jア2放送とメールで
避難を呼びかけるもの。

サイレンの
不安をかきたてる音が
強烈。






コンニャク
コンニ1
鴻池議員が、籠池夫妻から
陳情を受けた際
“コンニャク”を渡され。

袋の大きさを見て
「これは札束だろう」とピンときた、と。
コンニ2
籠池側は、後に
中身は「商品券」だ、と説明。
箱に入ってたので
厚みがあった、と。







祈ります
祈り1
「脇があまい」というより
「脇がガラ空き」だったアッキー。

「社会の役に立つことなら、
どうぞ私を利用してください」
というスタンス。
祈り2
どんな人にも門戸を解放し
「私は、官邸のお勝手口よ」
みたいな。







教育勅語
勅1
森友学園で、児童らに
暗唱させていたことから
脚光を浴びることとなった
「教育勅語」。

保守派は「親孝行とか、
祈り3いいことも書いてある」と擁護し。
リベラルは
「一身を皇室国家に捧げ」って、
“一億総火の玉”か、と。

これはねー、
「文面の良し悪し」で、とやかく言う
祈り4話じゃないと思う。

「教育勅語」の“勅”が
なんたるかがわかれば、ありえないやろ。
今の象徴天皇の
「お言葉」とはワケが違う。

班田現在の日本は「国民主権」。
中央集権国家ではありませぬ。

政府は閣議で
「教材で用いるのは
否定されない」とビックリ決断。
祈り5
「親孝行」や「家族なかよく」というのは、
教育勅語を用いないと
児童に理解されないことなのか、と。

ドイツがさ、『我が闘争』にも
いいことは書いてあるからといって、
学校教育に採用せんやろ。





忖度
忖1
間違いなく、
上半期No1の「流行語」。
ただ年末の「大賞」に
選出されるかはビミョー。
だって
授賞式、誰を呼ぶの?と。




  1. 2017/05/11(木) 20:00:00|
  2. トレンド

先取り流行語大賞 ~春の章④~

キセノミクス
キセノ1
待望の「日本出身力士」
誕生により、
相撲人気に拍車がかかり。

グッズ等の売り上げも
伸びている、と。
キセノ2
夏場所、どうなのかしらね。
稀勢の里の
コンディションは
「万全」とは
程遠い気がするんだけど。






ハリケーンヒラノ
ハリケーン1
アジア大会で、
中国系のトップ選手たちを撃破。

まさかの優勝を
果たしてしまった
平野美宇ちゃん。
ハリケーン2
そのアグレッシブな戦いぶりを見て
実況アナウンサーが
「ハリケーンヒラノ」だ、と。

女王「丁寧」以外には、
ストレート勝ちだもんなぁ。
ハリケーン3対戦相手は、みんな
「お手上げ」って感じだった。


←「ハリケーン」という言葉を
知らなかった美宇ちゃんww







真4回転時代
四回1
「4回転ジャンプ」が
勝敗を決めるようになってきた
男子フィギュアの世界。

プルシェンコだって、演技の中で
1本しか跳ばなかったのに。
四回2
今や4回転を何本跳べるか、
という競い合いに。

選手らが次々に、
4回転に挑むようになったのは
得点の変化。
四回43回転の倍以上になったわけでね。

「こりゃあ、跳ぶしかねーべ」と。

またジャンプが失敗しても、
以前ほどマイナスにはならず。
4回転にチャレンジ
四回5しやすい状況になった。

3回転に比べ、4回転は
「より高く、より遠く」跳ばねばならず。
着氷の際、
足にかかる負担も大きかろう。

四回3「真4回転時代」は、選手寿命を
縮める戦いになるのでは?
という危惧もある。

今、羽生君のライバルたちって、
みんな10代なんだよなぁ…。







トリプルアクセルに声をかけるとしたら?
浅田2
浅田真央ちゃんの引退会見では、
次々にトンデモ質問が飛び交い。

中でも、NHK高井アナの
「トリプルアクセルに
声をかけるとしたら、どんな言葉を?」
浅田1という問いかけは波紋を呼んだ。
「大喜利じゃないんだぞ」と。

あの質問は
自分で考えたんだろうか。
それとも
浅田3局のディレクターと相談して
決めたんだろうか。

ともかく
「フツーの質問じゃつまらない」
という、目立ちたい気持ちが
あったのでは。

浅田11あの会見で、全般的に感じたのは
「聞きたいこと」ではなく
「言わせたいこと」を
引き出そうとしてるような。
そういう小賢しさを随所に感じた。

「報ステ」の小川アナの質問も
浅田4「はっ?」って感じで。

冒頭、「お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました」
ってなことを言い。

この「ありがとう」発言は
浅田6「私たちに感動を与えてくれて
ありがとう」という思いなんだろうが。
あの会見の場で、
質問者が言うことだろうか。
この人も、
妙な自己顕示欲があるなぁ、と。

浅田7他の質問者も、
「聞き方」がヘタっていうか。

「真央ちゃんを
いちばん困らせたヤツが優勝」
みたいになってないか?と。

浅田8あのねぇ、イチロー選手や
羽生君のような
名言マシーンじゃないんだから。

はっきり言って、
真央ちゃんの「言葉」って
いたってノーマルよ。
浅田9過去の発言においても
これといった“名言”はないっしょ。

今回の会見、真央ちゃんは
終始、にこやかに丁寧に答えてたけど。

発言内容そのものは、
浅田5けっこう“塩”コメントですよ。
  ↓
--タイムスリップして、
   5才の自分に声をかけるとしたら?

真央「がんばって」

--「ノーミス」にこだわり続けた思いは?
真央「誰もミスしたくないと思うんですけど」





真央ちゃんについての“論評”ってのは、
やはり同業者の方々のコメントが的確だったなぁ、と。
浅田18

ミキティーは
「ジャンプだけじゃない。
ステップも魅力だった」と。



浅田14


荒川「いちばん影響力のあったスケーター」




浅田17


織田「フィギュアスケートに愛された天使」




浅田15


羽生「挑戦の象徴」




浅田16


小塚「天才が努力すると、
   ああいうふうになるかの、と」







  1. 2017/05/10(水) 20:00:00|
  2. トレンド

先取り流行語大賞 ~春の章③~

ワンオペ育児
ワン育1
父親が育児に積極的でなく。
母親一人でこなしてる状況。

大昔、
「父親の育児参加」広告に
trfのSAMを起用し、
ワン育2話題になったこともありましたが。

現実は、まだまだ程遠いようで。

イクメンや専業主夫は
CMの中だけの、キレイごとのような。

ワン育3「働き方改革」だの
「女性が輝く」だの、調子のいい
お題目を掲げたこところで。

「デフレ」脱却なしに、
そーういうのはありえない気がする。





視聴熱
熱

SNSに書かれる「ワード」で
注目度の高さを測る、
新手の調査方法。






公道カート
マリカ1
マリオカートを模した
レンタルサービスが、
外国人観光客に大ウケ。

これが、
マリカ2他のドライバーにとって
迷惑だと大問題に。

法的に取り締まりにくく、
今後どうなることやら…







うんこドリル
うん1

例文をすべて
「うんこ」絡みにした
漢字ドリルが大ヒット。







夫のちんぽが入らない
ちん1
元々は同人誌に
書かれたエッセイだそうで。

それを改稿し、
小説風にして出版。

ちん4「実話」っていうけど、ホントかしら。

タイトルで釣ってる割には、
「入らない」問題は
決着するわけではないらしい。



ちん3
←さっそくAVが模倣タイトルを。

にしても、
今年のヒット書籍が
「うんこ」だの「ちんぽ」だの、
って・・・・




  1. 2017/05/09(火) 20:00:00|
  2. トレンド
前のページ 次のページ