ざっくり箱

テレビ・芸能・映画など エンタメ系情報をメインにお届けします。

ベッキー、『夜ふかし』に降臨。

月ベ1

2014年、ベッキー
「月曜らか夜ふかし」に
ゲスト出演。


月ベ2


「あんた、30になるの!?」



月ベ3


「意外とババアだったのね!」



月ベ4

「25、6だと思ってた」

「志村どうぶつ園、見てる
  子供たちも
  多分、そのくらいだと思ってる」


月ベ5


「いいの?言っちゃって。
  子供たち…」



月ベ6



「もう寝てるから大丈夫」


月ベ7



「小ズルい女ね、あんた…」



月ベ8


「わかってるから、ちゃんと」



月ベ9


「最近、けっこう
  言うよな?そんなん」



月ベ10


「ラクにさしてあげて、そろそろ」

「ホンマやな、ベッキー」

月ベ11


「別にがんばってたわけでも
  ないんですけどね」



月ベ12


「最近のテレビはさ、
  “アイドルはウンコしない”
  みたいな感じじゃ 
  なくなってきたのに…」


月ベ13


「現代版の“そういう立場”に、
  あんたは行っちゃったんだな
  と思って 見てた」


月ベ14

「なんか、でも…
  数年前より変わった感ない?

  自分の中でのチャンネルとか」


月ベ15


「マツコさんと
   共演した時に…」


月ベ16

あんた もう、
  がんばんなくていいんだよ

  ってすごく言われて」


「あたし、すれ違う度に言ってたの」

月ベ17


「いい加減にしな!
サンミュージック!って」


月ベ18


「“そろそろ
  ラクにさせてあげて”
  っていうのは、前から言ってたの」


月ベ19

「みんな、ちょっと
  感じてたんじゃない?

  “辛そうだわ、この女…”っていう」


月ベ20



「無理にがんばってた程でも
  ないんですけどね…」




月ベ21


「あたしね、
  この人って悪女顔だと思うのよ」



月ベ22

「もっと、ガッ!と
  アイラインとか入れていいと思う」


「ホントに…」

月ベ23


「007に出てくる
  “美人ロシア系殺し屋”
  みたいな感じ」


月ベ24



「たまにね、
  悪い女役でドラマとか出るのよ」
  

月ベ26



「いーのよ。
   ホント、うまいの!」



月ベ25


「遠回しに、ヤな女としか
  言われてないような…」






  1. 2016/03/01(火) 20:00:00|
  2. マツコ・デラックス

マツコ、ベッキーの闇を語る。

月曜ベッキ1

究極の「陽」やん、ベッキーって。

そうなのよ。
あたしとベッキーは芸能界の陰と陽ですよ。

それでね、「ベッキー対マツコ」っていう
勝負をしたことがあるのよ。


月曜ベッキ3

「叩いてかぶってジャンケンポン」とか
「水中息止め」とか、
「暗闇棒叩き」とか やってたのよ。

あたしが勝ったんですけどね。

それで、あたしと対決するベッキーというのも、
健気なのよ。

でもね・・・・


月曜ベッキ5

ベッキーの中に潜む「悪」っていうのを
皆さん、考えたことある?


あたしは、その
ベッキーすらも気づいてない
奥の奥にある、悪の部分が好きなの。

すごい がんばるじゃない?


うん、一生懸命やで。

一生懸命だけど。
でもその行為は“人を殴る”という行為なワケよ。


なるほどね。はいはいはい。

月曜ベッキ6

特に「暗闇での棒叩き」に関しては、
まぁ、あの女の持ってる悪い部分が 一気に出てたね。
珠玉の。

真っ暗になった瞬間にね、
あたしに気付かれないように低い姿勢をとってね。
回り込んで あたしをやっつけようとしたの。

でも、そこがね、
あの女の「人の良さ」が出たわね。


月曜ベッキ7
月曜ベッキ8

ベッキーの負けん気の強さだったり、
そのへんがあたしは好きなの。

ベッキーのそこに気付いてほしいのよ。

みんな、通り一遍のベッキーの「いい人」
「天真爛漫」ていうのが、なんか許せないの。

「なんで気付かないのー!」って思っちゃう。


月曜ベッキ4

ベッキー、呼ぶ?

ここでは、化けの皮は剥がさないわよ。

そやな。

でもね、
そこがまたあの女のいい所なんだよね。
「全部見せないよ」って。

全部どころか「何も見せないよ」っていうね。


月曜ベッキ10

[ナレーション]
ベッキーさん、本当の姿を見せに番組にいらして下さい。
ご連絡お待ちしております。


  1. 2016/02/29(月) 20:00:00|
  2. マツコ・デラックス

お菓子AD奮闘記 ~二代目の女子力~

ポイントカード
増えすぎてしまう
ポイントカードの話題。

夏目ちゃんは
カード専用の財布を持っている、と。

ポイントカード2
「あっ、お菓子ちゃん…
  いろんなとこに、
  お菓子買いに行くから。

  デパートのポイントカードとか
  持ってんじゃない?」

ポイントカード3



AD「いや、経費で買うので…」



ポイントカード4

「業務上横領になるから」

「ワハハハ」


ポイントカード5


「ちょっと見せてみなさいよ」

お菓子ちゃんの財布チェック。

ポイントカード6



「お菓子ちゃん…」


ポイントカード7



「ヴィトンじゃないのよ!」


ポイントカード8

「(イメージと)違う!
      お菓子ちゃん…」







フクタロウ

「あー、コレもあるよね。

  ドラッグストア(のポイントカード)」



ポイントカード9


「福太郎派?」



ポイントカード11








ポイントカード13


「あたしも行っちゃう」



ポイントカード12
「テレ朝来るとき 用もないのに、
  福太郎寄っちゃって。

  パイプ詰まりのヤツとか
  バカみたいに買っちゃう」

  




ポイントカード14


「・・・意外な事実 発見・・・・・・」



ポイントカード15
「お菓子ちゃん、
 まつ毛エクステ
 やってます」

ポイントカード16



「違う、違う」と否定ww


ポイントカード17



AD「まつ毛パーマです」



ポイントカード18


「どっちでもいいよ!」



ポイントカード19「まつ毛パーマ」って・・・
そんなに、みんな利用する?

テレビ局のADって、
常に忙しく走り回ってるイメージ。
だから「女子力」的なことは
おろそかにしそうなんだけど…
レシート
人は見かけに寄らないな、と。

←まつ毛パーマのレシート。
1、2カ月のペースで通ってるわ。








ポイントカード20


「あっ、勉強家」



ポイントカード21


「港区立図書館カード」



ポイントカード22






ポイントカード23



「おおー、勉強家」







ポイントカード24

「ちょっと…

  最後にスゴイの、出てきたんだけど」



ポイントカード25


「イヴ・サンローラン」


ポイントカード27


「イヴ・サンローランの
  ポイントカード!?」



ポイントカード28



「お菓子ちゃん!?」



ポイントカード29


「何、買ってんの!?」



ポイントカード30


「あれ、仮の姿なんじゃないの?」




ポイントカード32


「ヴィトンの財布を持ち、

     サンローランを身にまとい・・・」


ポイントカード33


「あの着ぐるみを脱いだら、
  痩せた姿が…」



ポイントカード34


もしかして「お嬢様」なのか。









ジャイ

一方、こちらは
「月曜から夜ふかし」の
新人AD。


ジャイ2

「ジャイアン」に似てることから、
髪型・服装もジャイアン化させられ・・・




    ↓
ジャイ3


すると、
人気者になってしまった。


ジャイ4
ロケ先でも人気だ、と。

本人に「ウケたい」とか
そういう“スケベ心”がないのが、
いいんだと思う。

ジャイ5それは
「お菓子ちゃん」に言えることで。
「2代目」は ああ見えて、
意外とモテる子だと思う。






  1. 2015/11/03(火) 20:00:00|
  2. マツコ・デラックス

お菓子AD奮闘記 ~二代目の食レポ~

新・3大 やみつきになる「駄菓子屋めし」
食レポ1

新・3大で
取り上げられた
「駄菓子屋めし」


食レポ2


たこ煎餅の上に
焼いたベーコンとタマゴ・・・


食レポ3



二代目・お菓子ちゃんが
食レポすることに。

食レポ6


意外と、的確で
わかりやすい説明を
するのであります。

食レポ4


なんか、すごい
駄菓子屋に馴染んでる感がww


食レポ5



この駄菓子屋は、
町の子供たちで大盛況。


食レポ7


「今はみんなハイカラね、小学生。

  汚い子とか、いないのね、もう」



食レポ8


「お菓子ちゃんが
   いちばん汚かったよ」







新・3大 立ち食いそば屋の「ごはんメニュー」
食レポ15
「カツオ節問屋」直営の
「そば屋」にて。

「粉かつお」をかけた
「おかかめし」をいただく。
食レポ16

AD「(粉が)細かいから、
   あまり香りがしないのかなと
   思ったんですけど。
   口の中にフワッとカツオが…

   すごい甘いですね」

食レポ17


店主「カツオの甘みね、それは。
    よく、おわかりね」



食レポ18

AD「すごい高級感があります。
   こんなおいしいカツオ節、
   食べたことないです」


店主「ありがとうございます(^◇^)」

食レポ19
お菓子ちゃんの
小慣れたトークにマツコ&有吉も感心。

「お菓子ちゃんが、
  ちょっと取り入ろうとしてたね」


食レポ20

「いやいや。
  なかなか あの子ね、
  処世術 持ってるわよ」



食レポ21


AD「違うんですよ、ホントに
   美味しかったんですよ」



食レポ22


「あの人が
  社長夫人と聞いてからは、
  急にね」


食レポ23



「ね?スイッチ入ったもんね」


食レポ24



「“高級感”って
    言ったからね」








新・3大 後世に残したい「純喫茶のトースト」
食レポ27

バター3度塗りの ホットサンド。

中は「あんこ」たっぷり。


食レポ28

「バター、
  染みこんでるもんなぁ・・・」


「何、あれ!上のバター!」

食レポ29またしても、
お菓子ちゃんが試食役に。

「おい!なんだよ、お前!
   めちゃくちゃ、いいじゃん!」


俺らだって、食べてーよ、とww
食レポ30

AD「うん!おいしいです…

  フワッとしたパンの後に、
  ホクホクのあんこと
  しょっぱめのバターが来るんで。
食レポ31
  甘いんですけど。
  甘すぎなくて。

  バターとあんこが
 丁度いいバランスです」



食レポ32
店主「最初は
   裏メニューでやってたんですよ」


AD「へぇー」

食レポ35

「“へぇー”、ってお前…」

「娘じゃないんだから(苦笑)」


食レポ33
AD「じゃあ、裏メニューながら
  人気があったんですね」


店主「そうね。
   でも、あんまり
   知られたくなかったんで」

食レポ34
AD「あっ、そうなんですか。
   なぜですか?」


店主「面倒くさいから(笑)」

AD「ウフフフ、 ひどいー!(^O^)」
食レポ36
店主「アハハハハ」


「おっ、お前、
 上手いなぁー!お前・・・」


食レポ14

取材先のお店の人と、
和気あいあいとした
感じになれるお菓子ちゃんに
マツコも脱帽。




  1. 2015/11/02(月) 20:00:00|
  2. マツコ・デラックス

お菓子AD奮闘記 ~二代目の試行錯誤~

カリン
テーブルのお菓子を見て
顔を見合わせる2人・・・

「・・・・・」

「・・・・・」
カリン2

「“見てくれ”よりも、
  “味”重視タイプなのかな、
  新お菓子ちゃんは」



カリン3


「この器に
  おさまる程度の物じゃないと」



カリン4


「わー、大きいですね…」

「ジュラ紀のゴキブリみたい」


カリン5

  カリッ

商品名は
「黒糖駄菓子」だそうで。

カリン6


「こんな“見てくれ”だから、
  ものすごい特徴的な
  何かと思ったら…」



カリン7

「味は、ほぼカリントウ」

「そう、カリントウだね」

カリン8


「おいしいよ」








紫陽花


「なぁに?コレ」



紫陽花2


「ちょっと食べてみてよ、夏目ちゃん」

「えっ?・・・」

紫陽花3

見た目は、煎餅っぽいけど。

「柔らかいですよ。ほら」


紫陽花4


「メチャクチャ柔らかい、
  ってほどでも、ないわよね」



紫陽花5


「じゃ、割りますか?」

「ワワワワ、思い切って
   行ったわね、あんた…」


紫陽花6



「なんなんだよ、コレ」


紫陽花7


AD「梅雨の時期なので、
   アジサイを
   イメージしたんですけど…」



紫陽花8
「アジサイをイメージの割には…」

アジサイがどこにもない。

「アッ、これね? このお皿…」

紫陽花9
「あっ!こっちがメイン!?」

「カエル」

カエルの顔のお菓子が。

紫陽花10



とっとと
皿を片付ける有吉ww


紫陽花11

「(番組)やろう!」

「ワハハハ」

「ごめんなさいね、切っちゃって」





カカオ

今まで、
てんこもりだったのに。



カカオ2
この日はスカスカ・・・

「反抗期かよ!」



カカオ3


AD「ちょっと
   目立たせようと思って…」



カカオ4

「牛乳とか、
  かけなきゃいけない
  ヤツじゃないの?」


「なに、コレ?」

カカオ5

AD「カカオ豆を 砂糖で
   コーティングしたお菓子です」


「へぇ~」

カカオ6


「いつも、
  感心はさせるんだよな」









ドウブツ1


「どうする?コレ…」


ドウブツ2


動物の顔の、
かわいいお菓子・・・



ドウブツ3


「なに?」

AD「動物園をイメージしたんですけど」


ドウブツ4


AD「有吉さんが
   パンダ、お好きかなと思って」



ドウブツ5



「上野動物園とかにいる、
  ちゃんとしたパンダね」


ドウブツ6


AD「・・・・・・」

「ワハハハハ」


ドウブツ7

「こういったモノは好きではないし。

  わたくしは好みませんよ、逆に」


「動物好き=ファンシー好き」ではない、と。
ドウブツ8

「なんなの?中は」

AD「アンコかチョコの、どっちかです」


ドウブツ9

「僕はこういうタイプです」

ベチッ!

お菓子を叩き潰しww

ドウブツ10



モグモグモグ・・・


ドウブツ11


「いかがですか?」



ドウブツ12

「今、アンコの優しい甘さだと
  思ったから。

  チョコのキツめの甘さで
  ビビッてるわ・・・」


ドウブツ13


「ワハハハハ」

「ウーロン茶」だと思って飲んだら
「午後の紅茶」だった、みたいな。
ドウブツ14


「意外と弱いのね、ホント」



ドウブツ15


「洋物には弱いのよ、
    ウチの有吉ちゃんは」






  1. 2015/10/30(金) 20:00:00|
  2. マツコ・デラックス
前のページ 次のページ